心と体

2005.10.31

王様の独り言(186)/人類の三大欲のお話

とある人と話してまして、眠い眠いってな話になったんですよ。一日どれくらい寝ているかとか、どれくらい無理が利くかとか。オイラはちょっと前まで4時間平均、今は6時間は最低欲しいトコ。どれくらい無理が利くかというと、最高で3日の完全徹夜。今は2時が限界です。で、話はトンで、人間の欲の中で一番我慢できないのわというお話になりまして。

“一番が睡眠欲、二番が排泄欲、三番が食欲”

結構、的が当たっていると思いません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

王様の独り言(111)/老いとの戦い

最近、モノ忘れが酷くなってきたんですよねえ。
アレアレアレなんていう発言は日常茶飯事。
初期の頃は思い出そうと粘ってたのですが、今やこの状況にも慣れ、思い出そうともしなくなってしまいました。。。
トシのせいにはしたくないんですけど…正直、悔しいことしきりです。
なぁんてことを書いてみましたが、実際モノ忘れなんってモンは、今のオイラには屁のカッパみたいなもんなんですよ。
もっと現実的に老いを感じてしまった最大唯一の作用といえば…

“白髪”

1本2本だったのが、ふとトイレで鏡を見ると、前髪がドえらいことに!
ところが、前髪が白髪だらけになるなんて、時間が過ぎれば慣れてくるもんなんですよね。
さすがに胸にポッカリ空くほどの衝撃だったのが、鼻毛に白髪があったこと。
オイラも終わりだと思いましたよ。
でもって、極め付けが・・・あそこの毛に白髪。
しかも半分黒く、これから変身しようというオケケ。。。
これを見つけたときには、さすがにショックで声も出ませんでした。
こうやって、人間ってヤツは老いに負けてくるんですかねえ。
ご愁傷様なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.30

人間ドッグの季節となりました。。。

やばい! 気付いたら、こんなに書いてませんでした。。。
月日の経つのは早いモンですよ。
ネタは、いろいろとあるんですけどねえ。

今日の年に一度の人間ドッグ。
去年は受付で特注扱いのLLの検査着をいきなり渡され、
体型での差別を体感したのですが、今年は、みんなが着ているLサイズ。
もしかして、なにかいいことでもあるかと思っていたら、
にがりが効いたのか、最近ご無沙汰の黒砂糖きのこが効いていたのか、
去年までオイラを悩ましていた肝脂肪が消えたということ、
おまけに糖尿病に近い糖尿病予備軍から、正常に近い糖尿病予備軍へ。
体重はそんなに変わっていないんですけどね、体内は変化しているようです。
運動もしていないし、食生活も変わらずの身としては、
原因は、ラフティくんのススメでやりはじめた、にがりか黒砂糖きのこか…
昨日は20時までに食事を済ませなければならないのに、
90分なら変わりないかという甘い考えもあって、
21時30分に食事を取ってしまって(間食柿の種付)、
どんなビックリ結果が出るのだろうと思っていたんですけど。。。
なんとか、助かりましたよ、捨てる神あれば拾う神あり、やね。

そういえば、オイラが行っている人間ドッグでは、
中華料理屋でランチが付くんですよ。
去年は一般人も入り乱れる中華料理屋だったのに、
今年は、会員のみ…保健の雇用施設化になっているという変わり様。
雇用施設でやっていけるというのも、自由主義経済に反するというか…
ちょっと複雑な気分にも陥りましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.31

キナーゼキナーゼ納豆キナーゼ

納豆ににがりを数滴入れて食べると、便の通りがよいということで、
ここ1週間は、必ず、にがり納豆を食べるようにしております。
効果の程は・・・どうなんですかねえ。
便の通りがいい日はいいんですけど、便秘状態が多くなりましたね。
ガスの通りは、かなりいいんですが。。。

身体にいいことというと、
黒砂糖きのこ水も毎日飲んでいるんですけど、
一次は、最大7キロは減らすことができたんですけど、
油断したのか、減ったのは幻だったのか、
2キロバックしてしまいましたよ。
世の中、なかなかうまくいかないもんです。

とはいうものの、手のイボ八は消え、足のイボ八も消えかけていて、
ラフティくんの見た感じによると、驚くことに白髪も減ってきているようなんですよ。
オイラの心の中では、“まさか~”と半信半疑なのですが…

肝心の黒砂糖きのこは、あったかくなってきたこともあってか、
それとも、器を大きくしたこともあってか、いい感じに育ってきております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

恐るべし黒砂糖きのこ

『ゆほびか』という雑誌から、黒砂糖きのこに出会い、飲み始めて、1ヶ月。
徐々に効果が現れ始めてきた模様です。

体重が84キロ(最大85キロ)あったのが79キロまで減少。
1年前、大高酵素で3日間の断食をしたときでさえ、
2キロ減少のみで80キロの壁は越えられなかったのに、
黒砂糖きのこってヤツは、スゴイ威力ですよ。
もっとスゴイのは、オイラの右人差し指と右かかとを支配していたイボ八が、
見る見るうちに小さくなってきているんですよ。
糸切バサミで切り取っても、しつこく復活してたイボ八が、
なくなってきているのは驚きですねえ。
右人差し指は、中央の指紋までも見られないほどだったのに、
指紋まででき始めているんですよ。
いやあ、驚きました。

・・・とはいうモノの、黒砂糖きのこを世話しているのは、
オイラではなく、ラフティくんなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

黒砂糖きのこ大作戦

ラフティくんとケンタッキーでお茶したんですよ。
前々から気になっていた、シチューパイを食べてみたんですけど、
オイラの口と胃には合わなかったなあ。
上のカリカリに焼かれたパイをシャクシャク崩して食べるまではよかったんですけど、
周りのパイ生地が、脂っこいビスケットみたいな感じになっていて、
シチューすらも、味を変えてくれる始末なんですよ。
元来、物を残せないタイプの人間ですが、久しぶりに間食できなかったなあ。
おまけに、口アンバイも悪いし、なんだか胃ももたれている感じだし・・・
あくまで、オイラは、ですが。

そのラフティくんが、偶然購入した『ゆほびか』という雑誌の中にある、
黒砂糖を使ったダイエットが効果があるという記事に目をつけ、
無料で、黒砂糖きのこのプレゼントがあるってことで応募したら、
黒砂糖きのこが、昨日届いてたんですよ。

瓶に水を入れ、黒砂糖を溶かし、その中で黒砂糖きのこを培養して、
できあがった水を飲んで、また新しく黒砂糖溶液にきのこを入れて、
培養するという繰り返しになるんですけど、
黒砂糖きのこって、ダイエットにいいだけではなく、すこぶる体にもいいらしいんですよ。
顔のしみから、水虫、貧血、胃腸にも、なんでもござれ。
でもって、黒砂糖きのこは市販されていないらしいので、
しばらく、大切に育てて、汁を味わってみようかと思ってますよ。
さて、どうなることやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.09

眉間は太る!

ラフティくんがサックス演奏で参加するっていうんで、
高津区民音楽祭なるイベントに行ってきました。
“音楽のまちづくり”を推進している、川崎市ならではのイベントでして、
吹奏楽にアンサンブル、合唱、ハンドベル、そしてブルースハープという、
様々なジャンルの音楽が集まり、己の技を披露している、
今年で14回目のイベントなんですよ。

過去の栄光なんですけど、オイラも吹奏楽をやっていたこともありまして、
こういう音楽の発表会を聴きに行くのは苦にもならないし、
オイラ自身、かなりのインドア派で、
文化部の看板背負って、生きているようなモノなので、かなりアリな、イベントでしたね。
ハンドベルやブルースハープの演奏は、よかったですねえ。
元々の音色がいいですからね、聴いていて心が落ち着きましたよ。

コーラスの時に、やっぱり歌っていたグループがありましたね、「世界に一つだけの花」
別に悪い曲ではないんですよ、SMAPが歌っていれば。
現に、オイラもシングル買いそうになりましたからねえ。
ただ、この曲自体、そこそこのメッセージ性があるじゃないですか、
こういう場で歌うというのには、わざとらしさを感じてしまって、
いささか、抵抗感が心の中で生まれてくるんですよ。
一生懸命やっているのは認めるんですけどね。
サビに入ると、今まで背中を向けていた指揮者の人(おっちゃん)が、
振り返って会場見渡しながら、KABA.ちゃん振付の本家のダンスを踊りつつ、
みんな一緒に歌おうぜぃ光線を浴びせていたのには、
おもいっきり、ヒイてしまいましたね。
その指揮者さんが、エアロビクスかといわんばかりの腰振りをしながら、
コーラス隊よりもデカイ声で歌っていたのには、思わず、笑ってしまいましたが…
なんども言いますが、一生懸命は認めております。

最近ラフティくんが、オイラの眉間に、深く刻まれ始めた縦一の皺を気にしてくれて、
会った時に、ちょっとしたケアをしてくれているんですよ。
皺取りマッサージというんですかね。
そこで気付いたのが、眉間に脂肪が付き始めているんですよ。
最初はまさかと思って、触ってみると、
モノの見事に、ぷよぷよのもっちり感を感じるんですよね。
ちなみに、ラフティくんの眉間は、つるつる状態。
己が太っていることは認めておりますが、
まさかねえ・・・眉間にまで脂肪が付くとは思いませんでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.25

その男、風邪っぴきにつき

22日の雨空2時間待ちが効いたのか、
それとも、昨今の季節の変化が効いたのか、極度の風邪っぴきとなっております。

人間なにかあると、なんでも年のせいにする習性がありまして、
そういうことを言うこと自体が、年の現れのような気がして、
永遠の若大将を目指しているオイラとしては、非常に嫌なんですけど、
三十路を過ぎてからというモノ、
季節の変わり目には、必ず、重度の風邪を引いているんですよ。
ここ最近、エラク寒くなってきてるじゃないですか、
まさに、オイラにとって、風邪のかき入れ時なんですよね。

喉がイガイガするだけだったのが、咳が出てきた頃には、
声はかすれて、低音ボイスに変化を遂げて、
いくら厚着をしても、寒気からは逃れることができず、
挙句の果てには、鼻水の洪水が起きてはじめ、
鼻の周りはカピカピになるばかりか、カシミアティッシュを使っているにも関わらず、
鼻をかむと激痛に悩まされる始末なんですよ。

体温計がないってわけじゃないですが、
人間ってヤツ、特にオイラは、比較的脆く出来ていて、
高熱を目にした途端、ますます弱ってくるじゃないですか。
そうなるのも嫌で、高熱の兆しはあっても、
決して、体温は測ろうとは思わなかったですねえ。

昨日の飲み会も欠席し、今日予定されていた、
ファミレスドリンクバー・パーティもキャンセルし、
仕事に関する予定以外は、全て、スケジュールを白紙に戻して、
家で、ひっそりと寝込んでいたんですけど、
さすがに放置できない状態になってきて、薬屋に駆け込んだんですよ。

薬屋ってトコは、商売上手ですよねえ。
風邪薬は『エスタックイブ』派でして、
開口一番、“エスタックイブの顆粒タイプを下さい”と、
渾身の力を込めて、言ってはみたモノの、
店員は、レジ前にある栄養ドリンクも勧めてきたんですよ。
3本パックの『新リコリス』ってヤツなんですけどね。
『新リコリス』を同量のお湯で割って、薬を飲むと効くらしいんですよ。
健康な体を、お金で手に入れようと考えているオイラは、
『エスタック』と併せて、購入しましたよ。
オイラが買う意思表示をするや否や、店員のあんちゃんは、
レジに張ってあった紙に、そそくさと、メモっていたのを見逃さなかったんですけどね。
薬屋業界も、営業あってナンボのモノなんですかねえ。

占めて3000円、健康への道のりは遠いねえ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.09.13

丁か半か人間ドッグ

30歳を過ぎた記念に、人間ドッグに行き始めて、3年目を迎えました。
昨日は検便と格闘し、20時以降はチョットの水しか口にせず、
今日も、食べ物、飲み物、タバコと、一切口にせず、ドッグってきましたよ。

採血からはじまって、身体測定、心電図、腸の検査、検尿、バリウムとこなしてきたよ。
なにげに、待ち時間も多くて、待合室で待っている間、ヒマだったんで、
ポケら~っと、人間ウォッチングしてたんですよ。
いろんな人がいましたね。
なかには、会社指令もあってか、4、5人の集団で来ている人もいるんですよ。
1人で受けている人が多い中、決して、待合室ではトークの渦は出来上がらないのに、
この集団は、待っている間にトークタイムを楽しんでいるんですよ。
多少ならいいんですけどね、多少には納まらず、
あきらかに、浮きまくっているんですよ、ウザいっていうんですか。
この集団を見る、周りの目というのが面白かったですね、
目線は、人間以下のクズ野郎って感じで、
キレイに言うと、無言の抗議、汚い言葉だと、無の暴力ってヤツですよ。

ほのぼのする光景もありましたよ。
仲良く夫婦揃って受けていたのは、いい光景でしたね。
年の頃合は50歳前後で、それくらいの年で一緒に検診受けて、
お互いを“パパ”“ママ”と呼び、
結果を見比べたりしている光景って素敵だと思いません。
親子のペアもおりましたね、お母ちゃんは日本語ができない中国人で、
娘さんは健診を受けないのですが、通訳で一緒にいるんですよ。
その親子を見ていると、親子の絆について考えさせられましたね。

3年目となれば、人間ドッグも、さすがに慣れてきましたね。
今までは、バリウムを飲むのに、かなり苦労してたんですよ。
お腹を膨らます、発泡剤も飲まされるんですけど、
これが身体にガスを充満させて、ゲップが出そうになるんですけど、
ゲップって、バリウムでは禁断の行為なんですよね。
検尿だけは、神経を使いましたね。
昨日、寝る前から我慢して、検尿本番に備えてましたし、
糖とかタンパクが出ないように、食生活にも気を使ってましたからね。

結果は、1週間後らしいのですが、健診の最中に異常が見つかったら、
医者に呼ばれるだろうという思いが、なんでかあって、
途中呼び出し喰らわなかったので、大丈夫だろうと腹を括ってたんですよ。
人間の開き直りって、末恐ろしいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)