書籍・雑誌

2005.11.05

失敗したぁあ…無理も通れば。。。

毎週土曜日は歯医者の日でして…今日も駅2個のトコに行ってきました。
歯医者帰りのお茶が、ちょっとした個人的な楽しみなんですよ。
いつもはドトールに入っているんですが、今日はなんかかっくらいたくてケンタに。
ケンタといえば、、、ドコモプレミアムの割引があるんで、
以前画面メモしたクーポン券を提示してみると、店員さんがレジを打ちながら、
あれ?あれ?あれ?先輩店員は呼ぶわ、店長らしき人を呼ぶわ。
待っているオイラは、やり方がわかんないのかあ、やけに待たせるなあ、
わかんないなら通常料金でいいのに…と思って、心の準備をしていると、
代わりのボタンで対応したっぽいんですよねえ。
もしかして。。。と席に戻って、画面メモではなく、
普通にプレミアムクラブメニューへ携帯を走らせてみると、
ドリンク100円キャンペーンは終わってる。。。
恐るべし、画面メモ。
もちろん、その時点で画面メモは破棄しましたよ。
しかし、過ぎたクーポン券で対応してくれたケンタには感謝、感謝。
ケンタといえば、フィッシュサンドが好きなんですよ。
なんか懐かしいというか、よく子供の頃、おっ母ぁが揚げてくれた、
タラのフライの味がして、ついつい頼んでしまうんですよねえ。

来るべき『おいでよ どうぶつの森』発売に備えて、DS買っちゃいましたよ。
はやく~、こいこい♪11/23!

今、関根さんのエッセイ読んでいるんですよ。
最初は、パラパラ読みで今は本気読み!
関根さん、いいこというわ~。
なんか不快なことがあっても、
それには理由があるべきだ、神が与えている試練かもしれないし。
その不快の輪は自分で断ち切ればいい。
不快な顔を他の人に背けたら、今度はその人が不快になって、不快が伝染する。
なら、自分で断ち切ろう!
なんって、いきなりオープニングから書いているんですよ。
かなり、勉強になりますよ。
『バカポジティブ』オススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

王様の独り言(93)/深呼吸の必要

去年、給湯室効果によりオイラの中で株が急騰しているあんずから、
『深呼吸の必要』ってな本を借りて読んでみたんですよ。
映画化もされ、DVDも発売されたばかりなので、
シネマ通の方は耳にしたことのある言葉だと思いますが。。。
そんなに胸を張って、シコタマ本を読んでます!というレベルではありませんが、
オイラが昨年読んだ本の中では、NO.1でしたよ。
沖縄のとある小島が舞台となってるんですが、活字を追っているだけで、
見事にその光景が目に浮かんでくるんでよねぇ。
内容もGOOD、心に染みてくるストーリーで、読み終わった後、スガスガしい気分になり、
“もうひと頑張りしようかなぁ”なーんて気持ちになってくるんですよ。
オイラの心を動かす感動要素という定義が存在してまして、
“おじいちゃん、おばあちゃんの存在感”“仲間の団結力”
“予定調和で最後まとめない”という3点を見事クリアしているんですよねえ。
ま、ここでつらつら書いても伝わらないと思いますが、マジ、薦めますよ!
この本で書かれている、おじいとおばあの優しさに、
思わず電車の中で涙汲んでしまいましたよ。
ちなみに…おじいとおばあが主役ではなく、
さとうきび収穫のアルバイトに参加した若者達(?)のお話です。

ホントにいい作品です!

借りた本ですが、自分でも購入して手元に置いときたいと思いましたモノ。
シコタマ書きたいことがあるんだけど、
ネタバレになるので、ジレンマを抱えながら割愛します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

黒砂糖きのこ大作戦

ラフティくんとケンタッキーでお茶したんですよ。
前々から気になっていた、シチューパイを食べてみたんですけど、
オイラの口と胃には合わなかったなあ。
上のカリカリに焼かれたパイをシャクシャク崩して食べるまではよかったんですけど、
周りのパイ生地が、脂っこいビスケットみたいな感じになっていて、
シチューすらも、味を変えてくれる始末なんですよ。
元来、物を残せないタイプの人間ですが、久しぶりに間食できなかったなあ。
おまけに、口アンバイも悪いし、なんだか胃ももたれている感じだし・・・
あくまで、オイラは、ですが。

そのラフティくんが、偶然購入した『ゆほびか』という雑誌の中にある、
黒砂糖を使ったダイエットが効果があるという記事に目をつけ、
無料で、黒砂糖きのこのプレゼントがあるってことで応募したら、
黒砂糖きのこが、昨日届いてたんですよ。

瓶に水を入れ、黒砂糖を溶かし、その中で黒砂糖きのこを培養して、
できあがった水を飲んで、また新しく黒砂糖溶液にきのこを入れて、
培養するという繰り返しになるんですけど、
黒砂糖きのこって、ダイエットにいいだけではなく、すこぶる体にもいいらしいんですよ。
顔のしみから、水虫、貧血、胃腸にも、なんでもござれ。
でもって、黒砂糖きのこは市販されていないらしいので、
しばらく、大切に育てて、汁を味わってみようかと思ってますよ。
さて、どうなることやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.08

人の噂は3分の電光石火

書評ライターのトライアルには落ちた模様です。
連載チャンスを逃したのは惜しいですが、
勤務地域という不合格理由にも納得できましたし、後悔はないですよ。
記念にトライアルで送った原稿を掲載しておきます。
『A&R』という本は非常に面白いですよ。
---
『A&R』ビル・フラナガン

弱小レコード会社に勤めるジムは、音楽業界伝説の人物が経営する大手会社にヘッドハントされ、A&R部門副社長の座に就く。早速、結成時から注目していたバンド・エルサレムと契約をしようとするが、ジムを妬む同僚や、峠を超えたベテランアーティストの横槍があったり、会社の派閥争いに巻き込まれたりと、問題が巻き起こる。ロックンロールを愛してやまないジムは、自分の信念を貫いていけるのだろうか。それとも、好きなだけではビジネスにはならないのだろうか…。
実際にモデルがあったのではと思ってしまう程、リアルにドス黒い内幕が描かれてます。翻訳物が苦手な人でも、音楽という身近な題材をコミカルに描いてますので、気軽に読むことができます。音楽をテーマにした本は多いですが、ここまでリアルに音楽の光と影を表現した物はないと断言できます。
なお、タイトルとなっているA&Rとは、アーティストの制作担当や発掘を行う、レコード会社の仕事を指します。

オイラにも忘年会シーズンが訪れてまして、
雑誌編集時代の先輩から誘いがあったんですよ。
今までは“今、何やってるの?”という立場なこともあり、
のらりくらりと避けていたのですが、たまの機会ですし、
オイラにもようやく根っ子が生えてきたので、今回は参加しようと思ってます。

丁度、年賀状対策で、各方面に住所を聞いて回っているんですよ。
前職の同志で先輩だったB吉さん(新天地で活躍中)にも、
住所を聞いてみたところ、編集部の人達が、
オイラのことを心配していたという話があったんですね。
今度飲みに行くことを伝えたところ、
30分もしないうちに、今度は編集部から電話があったんですよ。
要件は“飲み会気乗りしないの?”
どうやら、オイラから連絡があったという事が、
B吉さんから電光石火で伝わったらしいんですよ。
それがどう間違えたのか、飲み会参加を迷って、
B吉さんに相談したことになってたんですよね。

誤報交じりでしたが、この噂の伝わりようには驚きでしたよ。
迂闊な発言はできないもんだと、改めて思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.11.02

はてなアンテナと安倍麻美に横須賀見学

はてなアンテナってご存知です?
最近、滅茶苦茶ハマっております。
ブックマーク登録したお気に入りのホームページが、
自動巡回で更新されたかどうかわかるのもいいのですが、
他の人のブックマークも、設定によって、見ることができるのもいいんですよ。
他の人のブックマークを辿る旅って、面白いんですよね。
今まで気付かなかった、いろいろなホームページに出会えることができるし、
その人の個性もわかりますしねえ。
自分とバッチリ合う個性と会った時なんか、シメタもんって感じですよ。
まあ、いいところばかりではなく、
はてなアンテナが抱える大きな問題点もあるのも事実でして、
どこに妥協点を置くかという問題もあるんですけどね。
一度、試しに使ってみるのもいいと思いますよ。

安倍麻美ヤバイですねえ、またまたやってくれましたよ。
4月に、喫煙写真を『BUBKA』にすっぱ抜かれたと思ったら、
今度は“デビュー直後の強烈ディープキス写真”by『BUBKA』現在発売中。
脇が甘いというか、『BUBKA』が凄すぎるといいますか。。。
芸能界をナメているのか、学習能力がないのか。
それでも事務所パワーで、生き続けていくんだろうなあ。
ボロイもんだよ、芸能界!

今日、横須賀に行ってきたんですよ。
今更ながら、高速ってヤツは便利なもんですねえ。
溝の口から横須賀まで、ビュンビュンビュンで、あっという間でしたからねえ。
明らかに、山を削って作ったんだろうなあってトコを、
通るのは、さすがにチョビリと胸が痛んだんですが、高速道路は文明の力技ですよ。
自然を代償に、時間をお金で買うという贅沢感を覚えましたよ。

文明の力といいますと、ETC車って、あれは便利な代物ですねえ。
今日はじめてETC車に乗ってみたんですけど、
料金所で他の車が糞詰まり状態の中、
スルーパスで通過というのは、非常に気分が良いモノでしたよ。
ETC導入には、初期費用が掛かりますけど、ふんぎってみるのも手だと思いますねえ。

横須賀って街は、イメージ通りの街でしたねえ。
道路から見える、横須賀港は爽快でしたよ。
オイラの八戸の港は、漁船で溢れかえってますが、横須賀港は軍艦ですよ。
そりゃあ、街を見渡せば異国人がウヨウヨのインターナショナルで、
「よこすか海軍カレー」なる代物を名産にするくらいってなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)