音楽

2009.12.10

我がホームタウン、溝の口は・・・

ちょっとした新発見。
最近良く、着うたサイトのCMで見かけた、スノープリンス合唱団。
歌声と、パット見の印象で、AKB48系の新しいガールズ組み合わせかと思いきや、
ジャニーズだったんですね・・・素敵な勘違いでした。
申し訳ありません。

ちょっとしたショック。
昨日いただいたバトン日記を書いて、UPしていたかと思いきや、
あがっていませんでした。。。
しかも、原稿を残していない・・・

そんなショックをチョイ吹き飛ばす光景。
気が付けば、もう世間はクリスマスモードですね。
ケンタッキーのCMでは、竹内まりやが流れ、我が社の入口にもクリスマスツリーが。
でもって、お得意先に出かけてみると、そこでもクリスマスツリーが。
で、これが、我がホームタウン、溝の口のちょっとした名物である、イルミネーション。
オイラの奥さんが、ちょっとサックス演奏をしていることもあって、
このイルミネーションの点灯式では、寒い中、演奏していたりしています。

Nec_0861

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.01

まったり土曜日

「今夜はブギー・バック」NISSANのCMを、
ビシバシ見かけることもあって、まだまだヘビロテ中です。
オザケン&スチャダラ+打ち込み+HALCALI+赤塚不二夫、耳に残ってしまっています。

土曜の夜は『めちゃイケ』~『サムライ・ハイスクール』~『情報7days』、
土曜の深夜は『シネ通』~『JAPAN COUNTDOWN』~『CDTV』が王道の過ごし方です。
アルバムチャートを見ると、いつの時代なんだというラインアップ、、、ベスト盤多いっすねえ。
でもって、その戦略に確実にハマっている、オイラ。。。
ついつい、手にしちゃうんですよねえ。
しかし、まあ、ながらといいつつも、テレビが身近な存在だねえ、こうして並べると痛感してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.03

ジョングリころころ

オイラ・・・JYONGRI(ジョンリ)を、
「ジョングリ」と読んでしまいました。
そして、奥さんは、mihimaruGTを、
「きみまろGT」と聞き間違いしていました。
オイラが“ミヒマルGTでしょ”と言ったら、
今度は「ひこまろGT」と聞き間違いしていました。
念のために、それじゃ、宝石箱や~とつっこんでおきましたが。。。

最近、Perfumeが気になっています。
アイドルと銘打っていながら、独特のポップな曲調で、
クラブ層までファンを広げていたり、
インパクトのある踊りといい、お約束の振りといい。。。
ただ、外見が・・・と思ってしまうのは、オイラだけでしょうか。

安藤優子が滝川クリステルのことを、
クリステルと呼んでいるのに、なにか違和感を感じてしまっております。。。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

風邪と肩こりに悩まされる日々…

風邪につかまっていました。。。
『SP』で最終回に釈然としない時も、、、
『薔薇のない花屋』で、もしかして来週は、
竹内結子の目が、実は見えることがバレるのではという時も、
『鹿男あにをよし』があまりにも大きな話と、
玉木宏の最後の表情に笑ってしまっていた時にも、
鼻の下はカピカピだし、咳は出るし、声はガラガラでした。。。

いろいろと気になることはあったんですけどねえ、
八戸市の美人市議のHPの写真を見ると、
こりゃ狙っているだろうということとか、
NASAで公開した火星の写真とか。。。
時期を逃してしまいました。

風邪もさることながら、
最近のオイラを悩ましているのが、異常なまでの肩こり。
左肩が重いのナンノって。
奥さんに肩を揉んでもらって、翌朝は直っているのですが、
夕方になると、もうガリガリいっています。。。

土曜深夜といえば…古田新太司会の『MANNINGEN』。
これ、ちょっとおもしろいです。
古田新太のやる気のない司会がいいんですよね。
司会というより、チャチャって感じなんですけど。
また、この番組、真夜中の生放送ですからねえ。
古田新太も、タイヘンだと思いますよ。
そういえば、、、今クールでは2本の連ドラに出ているんですよね。

現在、ゆずの「ストーリー」がヘビーローテーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

やっぱり『薔薇のない花屋』

話は遡って、日曜日の夜のこと。
オイラが住んでいる神奈川県にも雪が振るという予報があり、
夜、その雪を見たいために、しばらく起きてたんですよね。



じぇんじぇん、振りましぇん。
雪んこの姿もみえましぇん。。
時間は過ぎるばかりで。
窓の外が気になって気になって、
しょうがなかったんですけど、根負けして、床に就きました。。。
おかげで睡眠時間2時間。
いまだに、眠さが取れないんですよねえ。
青森県八戸で生を受けたからか、
どうしても今季初の雪を見たかったんですけど、まだまだ先のようです。

TRIPLANEがストライクにハマって(聴くたびに良くなってきます、ホント!)、
それが縁で、サガユウキという、
デビューシングルを出したばかりのアーティストに出会い、
まずは「霙-mizore-」という曲を聴いてみると、
切ない声…というか歌い方が響いてくるんですよねえ。
特に、声を張るといいますか、熱唱するとこなんか、切ない、切ない。
歌詞自体も切ないし、ピアノの味付けもなんだか切ない。。。
いい意味で切ないんですよね、浸れる~といいますか。
心にズンズンと染みて、やばいっす。
オイラと同じ青森県出身ということだけでも、ご贔屓にしたくなります。

『薔薇のない花屋』、ハマってます。
2回目は、1回目でモヤっとしていたことが多少ハレたのですが、
また新しいモヤっとが出現し、早く次の回が見たい症候群です。
香取くんの、タンタンとした、抑えた演技もツボなんですよね。

今回は、みんなは損したくないのに、目立ちたいのに、
「俺はいいよ」といって頑張る、お父さん(香取くん)について、
いい人すぎて損をしていると思うけれど、
それは本当にすごいことだと、娘が作文を読んでいるシーンから、
はじまりましたが、ドあたまから、してやられました。
ちょっと違うかもしれないですが、
オイラもそうなりたいと思うのですが、なかなかできないんですよねえ。

居候している元ホストの松田翔太くん、悪い感じで存在感出してきましたね。
これから、台風の目になる予感です。
でも、野島さんの脚本だと、もっとすごい展開あるんだろうなあと、
早くも、ビクビクしております。

あ、寺島のアニキ、いいっすねえ。
なにかあると1000円札を渡すトコ、かなりヒットです。
ああいうキャラって、必要ですね。
ブラウン管で顔を見ると、なにかやらかすのではと、
ニヤけ顔で期待してしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.19

はじまりの歌

『大乱闘スマッシュブラザーズX』のCMに流れている曲が、
気になっております。。。
血沸き肉踊るっていいますか、なんともテンションあがってきます。
もちろん、このソフト自体も非常に気になっているのですが・・・

CMといえば、これまた最近に気になっているのは『ユーキャン』。
ドラマチックな展開とスキマスイッチ大橋さんの曲がいいんですよね。
というわけでして、大橋卓弥「はじまりの歌」、
ヘビーローテーション中です。
なんか、頑張ってみようって感じの詞と、
聴きやすいメロディがいいっすね。

CMでも流れている、
“♪新しい五線譜に並べた~”というくだりもいいのですが、
よく聴きこんでくると、
♪感情のリズム 喜怒哀楽を繰り返して刻んでいる
 一つ一つが自分だけの旋律をつむいでゆく
 恐がってないで まずは初めのコード鳴らしてみよう
 世界はまるで 嘘のように輝きはじめる
という部分が、ドスンとくるんですよね。

オイラ自身も、ちょっと今変化の時期でして、
琴線にふれたんですかね。。。

音楽の話になったので、もう1曲、ご紹介。
去年の秋に、リリースされた曲なのですが、
TRIPLANE「モノローグ」、これまた切な~い感じがいいっす。
オイラも含めて、10人中9人が、
ミスチルっぽいと言ってしまいそうな曲なのですが…
やばいっす。
2番にこういう風な歌詞がありまして、ま、簡単に説明しますと、
“ありがとう”って言葉は、普段は飲み込む何気ない言葉なんだけど、
君が小さく笑うのを見て、本当は大事な言葉なんだな・・・
ってな感じ(だと)思うのですが、非常に共感できますねえ。
でもって、この曲ですが、個人的には最後の盛り上がりが好きです。

この曲は親友から教えてもらって聴き始めたのですが、
なにげないことなのですが、こういういい音楽を紹介してくれる、
親友がオイラいるというのが、
すごく、かけがえのないものな感じがします。
普段は、DVD買うか、ダジャレしか言わないんですけどね…この人は。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.10.21

隊長コメント(05/10/21)

最後に音楽について熱く語ってみます。映画がかなり好きなんですよ。週に1本は映画館に行きますねえ。で、ただの感じ方なんですけど、つまんない映画なんて1本もないと思っているんですよ。斜に構えた目線なんですけど、どんな映画でも、ちょこっとでも面白い部分があるような気がしてならないんですよ。実際、そう感じてますし。もしここで死ぬとして、無念だと思うことは、まずは家族のことなんですよね。でもって、次は映画。死んだ後もオモシロイ作品があるかもしれないしなぁ~なんて思うと、オチオチ死んでもいられないなんて考えてしまうんですよ。まだそんなに年寄りでもないんですが。音楽もしかりで、どんな音楽でも、ちょっとは琴線に触れる部分があると思うんですよね。でも、専門家じゃないんだから、良さを表現する方法が見つからなかったり、映画と違って他のこともできたりするんで、なんとなくさら~っと流してしまうこととかあるんじゃないかと考えているんですよ。量も映画に比べると遥かに多いですし。はっきりと言える事は、音楽を自分のそばに置いとくと、より人生が面白くなると思いますよ。音楽が傍らにあるおかげで、より喜べたり、悲しんだり、励まされたりすることあるじゃないですか。論より証拠で…BGMなんってそのためにありますしね。なにはともあれ、音楽って素晴らしいものだと思いますよ。発見する楽しみもありますよ。ま、そんなこと言われなくてもわかってるか。
そんなアンバイで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.14

隊長コメント(05/10/14)

なんかここんとこ、欲しいアーティストのアルバムが、シコタマリリースされてるんですよねえ。リップのBESTでしょう。ミスチルの『I(ハート)U』でしょう。サザンの『キラーストリート』でしょう。でもって、レンジの『NATURAL』でしょう。娯楽代が出て行くお金の時期っていうのは、どうも集中するような気がするんですよ。で、買ったはいいが、1度聴いておしまい!なんってこともよくあったりするんですよねえ。果たして、これらのアルバムの中、ヘビーローテーションの座を獲得してくれる作品って、どれくらいなんだろう。。。いやいや、全部そうならないとダメなんですよね。折角、大枚はたいて購入するんですから…。とかなんとか、CD買うのでさえも、いろいろと考えたりします。やっぱ、結論は“¥”!!金持ちになりてぇなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

隊長コメント(05/10/07)

柴咲コウの新曲「Sweet Mom」、いいじゃないですか。またダマされそうですよ。彼女の音楽に関する策略はなかなかなものがあると思いますよ。今度の曲も『この胸いっぱいの愛を』の映画タイアップ。こういうタイアップってなんだかんだいってもデカいですよねえ。予告を何回も観る⇒予告はサビを中心に音楽と使われる⇒、映像付きなのでイメージで印象が残る⇒その映画自体がいい感じの作品だと曲への相乗効果も大アリ…ってな具合で、一回ガチッと歯車が噛み合ったら儲けモノ状態なんですよね。『この胸いっぱいの愛を』自体、“恋愛”“感動”“涙”という3拍子が揃ってて面白そうだし。ドラマ『世界の中心で、愛を叫ぶ』でいうと「かたち あるもの」、『黄泉がえり』でも「月のしずく」なんてこともあり、メディア戦略というかイメージ戦略が、ホントにうまいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.30

隊長コメント(05/09/30)

奥さんと話してた中での勝手な解釈なんですが、YUKIの「歓びの種」って、流産した子供のコトを歌っているのでは!?という話になったんですよ。で、そうだと仮定しての話。オイラねえ、この曲かなりお気に入りだったんですよ。聴き心地が良く、聴いてて元気が出るというか。“オイラは聴いて元気を出してた”“YUKIは流産した子供を思って作った”・・・なんかねえ、受け手作り手によって、本来伝えるべき解釈が違ってくるって、面白いなあなんて、ふと思ったんですけどね。こういうのって、モノを作っている上では、よくあることなんですよ。他にどういう例があると言われると、今は浮かばないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧