« ポケモン、はじめたりしました。 | トップページ | 我がホームタウン、溝の口は・・・ »

2009.12.01

迫力が凄まじすぎるよ『2012』

我が家でカボチャの美味しい食べ方を発見。
鍋にカボチャを入れたら、ちょっと水を入れて、
お塩を振り掛けるだけで、あとは煮るだけ。
水分がなくなったら、できあがり!
シンプルすぎると思うんだけど、カボチャ本来の味が堪能できます。
結構、美味しかったですよ。

日曜日は、内藤・亀田の試合から、毎週定番の『JIN』。
一番薄い感じだった、お兄さんも見せ場ありで、
今回も、じわじわ~っと感動してしまいました。
ただねえ・・・いいとことで終わっちゃって、毎回、謎、謎、謎ですよ。
あと3回らしいのですが、ホントに解明するのかなあ。

で、『2012』行ってきました。
もともと『曲がれ!スプーン』で、笑おうと思ったのですが、時間に間に合わず。
エメリッヒ監督ですと、『インデペンデンス・デイ』は好きで、
なおかつ、『2012』の予告編で期待度が高まっていて、こちらが繰り上げ。

良くも悪くも、エメリッヒ~な感じでしたねえ。
いろいろと世界が破滅する作品があり、
だいたいが津波が街を襲っていくという下りがあると思いますが、
一番の迫力だったと思いますよ。
比べるなって感じですが、『日本沈没』とはダンチの破壊力でしたよ。
こういうシーンを見ると、いつも思うのが、
“こうなったら、絶対オイラは助からないだろうなあ”
今回は、特に思いましたねえ、そんだけの迫力感です。

個人的には、アメリカとイタリアの大統領はエライなあ、と。
『リサール・ウェポン』のダニー・グローヴァー、しばらくぶりに観ましたよ。
まさか、大統領にまでなっているとは。。。

ネタバレになるので、詳細は記しませんが、
救いがあるようで、自分視点で見ると、どうすんだよって感じです。
人間の無力さと、エゴと、愛を見せられました。

今までは違う役柄の、ジョン・キューザックは、いいっすよ。
好きな俳優さんの1人です。

|

« ポケモン、はじめたりしました。 | トップページ | 我がホームタウン、溝の口は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/46903739

この記事へのトラックバック一覧です: 迫力が凄まじすぎるよ『2012』:

« ポケモン、はじめたりしました。 | トップページ | 我がホームタウン、溝の口は・・・ »