« コネタマ参加中 | トップページ | 「ひな野」って、オススメなビュッフェです »

2009.06.03

やはり、やられた、『ROOKIES-卒業-』

『ROOKIES』は、TVドラマから見ていました。
・熱い
・友情
・スポーツ
これ、弱いんですよ。
毎回泣かされていましたし、オイラが単純なつくりだけに、
このドラマを見て、“さあ、明日も頑張ろう”と思ったりしていました。
実際、頑張ったかどうか、オイといて。。。
あと、男性ものなのに、ジャニーズ系の俳優さんが出ていなかったのも、
個人的には、驚きと勝負さに大拍手でしたよ。

映画館は、かなり混んでいました。
こんなにたくさんの人間と一緒に見るわけですから、
笑いも、感動も、共有できるわけなんですよね。
これって、映画の醍醐味。
たくさんの人と見られるということで、
スクリーンにした意味は考えないで置くとして。。。

作品自体、『ROOKIES』好きからみましても、いい出来だったと思いますよ。
個人的には、テレビドラマ流れで、伊武雅刀さん、平泉成さん、
渡部篤郎さんとか出ていたのは、ポイント高かったですね。

前半は、平塚平に笑わされ、後半は若菜のエピソードあたりから、
じ~ん、じ~ん、させられてしまいました。
鉄板でしたね。

ただ、、、かなりエピソードも盛り込まれていたにも関わらず、
2時間強なので、ドラマからのファンとしては、
もっと、そのエピソードを見させて欲しいという思いもあるわけですよ。
せめて、1クールでゆっくり見たかったなあ。
そして、もっと、熱い感動を味わいたかったです。
でもって、2時間強なので、出演していても、
そんなにセリフも見せ場もなかったりするんですよ、
贅沢な悩みと言いますか。。。

しかし、市原くん、立派な体型に変わっていましたね。
そして、川藤センセーも『木更津キャッツアイ』とかで、
バカキャラやっている時とは、様変わりでしたね。

あと、やっぱり、「キセキ」聴かせて欲しかったなあ。
「遥か」 もいいんですけど、「キセキ」って、
出だしの歌詞といい、メロディといい、インパクトありありなんですよ。
ここで、「キセキ」が流れたら、
よりカンドーなポイント、多かったと思います、です。

|

« コネタマ参加中 | トップページ | 「ひな野」って、オススメなビュッフェです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/45226479

この記事へのトラックバック一覧です: やはり、やられた、『ROOKIES-卒業-』:

« コネタマ参加中 | トップページ | 「ひな野」って、オススメなビュッフェです »