« でん六ってすごいっす | トップページ | 今日も今日とて、ヤッターマン »

2008.01.15

『薔薇のない花屋』、やばいっす。

次の日から、さて仕事だという、最後の休日。
かならず口に出てくる言葉が“明日からめんどくさいなあ”。
そばにいる奥さんは、待ってました!とばかりの合いの手で、
“出た~”と、知る人ぞ知る、
『コンバット』の四味さんコントのような相槌。
ん~、交わし方を心得ています。。。
オイラのこだわりとしましては、“行きたくない”ではなく、
“めんどくさい”というのがミソなんですけど、、、
ま、どうでもいい一言ですよね。

祝日はじまりの新番組って、
バンテリンではないですが、有利ですねえ。
今日の夜は、『ヤッターマン』~『Qさま』~『薔薇のない花屋』、
でもって、『スマスマ』と『オジサンズ11』の、
ザッピングで過ごしておりました。

『ヤッターマン』は、CM見てても、つくづく感じたのですが、
ここまで悪役が目立つ、フィーチャーされるヒーローものって、
なかなか、ないですよね。
いい方の影が薄いのなんのって。
30年ぶりの復活とのことですが、、、こういうのって、
世のおコちゃまには受けるんですよねえ、たぶん。
なんか、古さを感じざるを得なかったです。
オイラは、、、ま、また月曜夜に家にいて、
テレビをぱちぱちザッピングして、見るって感じですかね。
明日の会社では、きゃっきゃ、きゃっきゃ言いながら、
『ヤッターマン』の話をしている、
昔を懐かしむ人って多そうです。。。

『薔薇のない花屋』、これ、おもしろそうですねえ。
野島伸司さん脚本だし、絶対この先、
なにかおこりそうなんですよねえ。
1話見ただけで、なぞが多かったですよ。
寺島進さんだけ、いいムードメーカーで行きそうですが・・・
端的には、1話目で解決しているんですけど、
今後の伏線で、いろいろとありそうでしたね。
2話、3話とまとめてみたいっす。
慎吾ちゃんの表情見るだけでせつなくなるし、
達郎さんの歌も、イメージとしっくり合うし、
勝手ながら、勝手ながら、これぞ月9という感じでした。
三浦友和さんの存在、めっちゃ気になっています。。。

|

« でん六ってすごいっす | トップページ | 今日も今日とて、ヤッターマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/17698435

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇のない花屋』、やばいっす。:

» 薔薇のない花屋〜第1回・北風と太陽 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
薔薇のない花屋ですが、成人式で二十歳を迎えた本仮屋ユイカのビデオメッセージから始まります。香取慎吾が8歳の娘の父親役で、竹内結子が目が見えない人の役で、脚本は野島伸司です。どこか影のある男・汐見英治と娘の雫の半生がザッと流れますが、母親は雫を産んだ同日に亡くなっています。(以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2008.01.15 17:22

» mixiで金儲け [mixiで金儲け,『薔薇のない花屋』、やば]
mixiで金儲け [続きを読む]

受信: 2008.01.15 18:03

« でん六ってすごいっす | トップページ | 今日も今日とて、ヤッターマン »