« 2007年1月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.23

やっぱり『薔薇のない花屋』

話は遡って、日曜日の夜のこと。
オイラが住んでいる神奈川県にも雪が振るという予報があり、
夜、その雪を見たいために、しばらく起きてたんですよね。



じぇんじぇん、振りましぇん。
雪んこの姿もみえましぇん。。
時間は過ぎるばかりで。
窓の外が気になって気になって、
しょうがなかったんですけど、根負けして、床に就きました。。。
おかげで睡眠時間2時間。
いまだに、眠さが取れないんですよねえ。
青森県八戸で生を受けたからか、
どうしても今季初の雪を見たかったんですけど、まだまだ先のようです。

TRIPLANEがストライクにハマって(聴くたびに良くなってきます、ホント!)、
それが縁で、サガユウキという、
デビューシングルを出したばかりのアーティストに出会い、
まずは「霙-mizore-」という曲を聴いてみると、
切ない声…というか歌い方が響いてくるんですよねえ。
特に、声を張るといいますか、熱唱するとこなんか、切ない、切ない。
歌詞自体も切ないし、ピアノの味付けもなんだか切ない。。。
いい意味で切ないんですよね、浸れる~といいますか。
心にズンズンと染みて、やばいっす。
オイラと同じ青森県出身ということだけでも、ご贔屓にしたくなります。

『薔薇のない花屋』、ハマってます。
2回目は、1回目でモヤっとしていたことが多少ハレたのですが、
また新しいモヤっとが出現し、早く次の回が見たい症候群です。
香取くんの、タンタンとした、抑えた演技もツボなんですよね。

今回は、みんなは損したくないのに、目立ちたいのに、
「俺はいいよ」といって頑張る、お父さん(香取くん)について、
いい人すぎて損をしていると思うけれど、
それは本当にすごいことだと、娘が作文を読んでいるシーンから、
はじまりましたが、ドあたまから、してやられました。
ちょっと違うかもしれないですが、
オイラもそうなりたいと思うのですが、なかなかできないんですよねえ。

居候している元ホストの松田翔太くん、悪い感じで存在感出してきましたね。
これから、台風の目になる予感です。
でも、野島さんの脚本だと、もっとすごい展開あるんだろうなあと、
早くも、ビクビクしております。

あ、寺島のアニキ、いいっすねえ。
なにかあると1000円札を渡すトコ、かなりヒットです。
ああいうキャラって、必要ですね。
ブラウン管で顔を見ると、なにかやらかすのではと、
ニヤけ顔で期待してしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.21

ょすみん

Wiiの「みんなでニンテンドウチャンネル」から、
DS体験版がダウンロードできるのですが、
現在、そこからダウンロードした『ょすみん。』なるゲームにハマっています。
ただ、四隅同じ色のマークをチェックして、消していくという、
シンプルな作りなんですけど、燃えるゲームですねえ。
で、ググってみると、元々はwebのゲームなんですね。
DS版、欲しくなっています。
まんまと任天堂の思うツボかも。
しかし、このゲーム、ほのぼの世界観で、
スクエニらしくないのも目が引くんですよねえ。

『佐々木夫妻の仁義なき戦い』見ましたけど、結構、面白いかも。
ただ単に、夫婦喧嘩しているってわけじゃないんですよね。
そのケンかを通して、問題を解決していくという第1話だったんですけど、
あくまでも第1話はフリで、これから、いろいろありそうですね。
草なぎくんも友情出演で出ていたのですが、ちょっとだけだったのが残念。。。

でもって、この週末、録りだめしていたドラマを見たのですが、
『鹿男あにをよし』、、、これ気になりますねえ。
『のだめ』の千秋先輩のようなキャラだった、
玉木宏さんの表情にも注目ですが、かなり大きめな話な気がします。
これからのストーリー展開、どうなるんだろう。
ちょっと注目しています。
蔵之介さんの髪型にも、チョイと注目しています。

同じようなシュールつながりで、もう1ネタ。
偶然、金曜深夜に、『のらみみ』という、アニメを見たのですが、
シュールな感じと、とっつきやすいキャラクター、
ほのぼの~な全体の雰囲気と、非常に気になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

はじまりの歌

『大乱闘スマッシュブラザーズX』のCMに流れている曲が、
気になっております。。。
血沸き肉踊るっていいますか、なんともテンションあがってきます。
もちろん、このソフト自体も非常に気になっているのですが・・・

CMといえば、これまた最近に気になっているのは『ユーキャン』。
ドラマチックな展開とスキマスイッチ大橋さんの曲がいいんですよね。
というわけでして、大橋卓弥「はじまりの歌」、
ヘビーローテーション中です。
なんか、頑張ってみようって感じの詞と、
聴きやすいメロディがいいっすね。

CMでも流れている、
“♪新しい五線譜に並べた~”というくだりもいいのですが、
よく聴きこんでくると、
♪感情のリズム 喜怒哀楽を繰り返して刻んでいる
 一つ一つが自分だけの旋律をつむいでゆく
 恐がってないで まずは初めのコード鳴らしてみよう
 世界はまるで 嘘のように輝きはじめる
という部分が、ドスンとくるんですよね。

オイラ自身も、ちょっと今変化の時期でして、
琴線にふれたんですかね。。。

音楽の話になったので、もう1曲、ご紹介。
去年の秋に、リリースされた曲なのですが、
TRIPLANE「モノローグ」、これまた切な~い感じがいいっす。
オイラも含めて、10人中9人が、
ミスチルっぽいと言ってしまいそうな曲なのですが…
やばいっす。
2番にこういう風な歌詞がありまして、ま、簡単に説明しますと、
“ありがとう”って言葉は、普段は飲み込む何気ない言葉なんだけど、
君が小さく笑うのを見て、本当は大事な言葉なんだな・・・
ってな感じ(だと)思うのですが、非常に共感できますねえ。
でもって、この曲ですが、個人的には最後の盛り上がりが好きです。

この曲は親友から教えてもらって聴き始めたのですが、
なにげないことなのですが、こういういい音楽を紹介してくれる、
親友がオイラいるというのが、
すごく、かけがえのないものな感じがします。
普段は、DVD買うか、ダジャレしか言わないんですけどね…この人は。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.16

今日も今日とて、ヤッターマン

実は、本日、気合が入っております。
上司に人生をかけた、大事な相談をしようと思っていまして。。。
オイラが弱いところが、なにかにすがってしまうトコロ。
こういう時は、カツですねえ。
会社の近くのコンビニでカツっぽいものとして、ハムカツサンド。
プラスして、も少し気合が欲しいので、
骨なしジューシータツタまでくらってしまいました・・・
朝からヘビーです。
でも、こんなことをしている自分が、
ちょっとだけ好きだったりします。

という話はおいといて、
あんまり『ヤッターマン』を引っ張るのは、
どうかと思うのですが、ちょっとだけ映画の話を。
実写版になるのですが、悪役3人が発表になりましたね。
ドロンジョが深田恭子さんというのは発表済ですが、
ボヤッキーが生瀬勝久さんで、トンズラーがケンドーコバヤシさん。
興味なかったんですけど、生瀬さんというだけで、
ポイントがアップしました、この映画。
奥さんとも話していたのですが、
どう考えても、合っているんですよね。
よくぞ、キャスティングしたって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

『薔薇のない花屋』、やばいっす。

次の日から、さて仕事だという、最後の休日。
かならず口に出てくる言葉が“明日からめんどくさいなあ”。
そばにいる奥さんは、待ってました!とばかりの合いの手で、
“出た~”と、知る人ぞ知る、
『コンバット』の四味さんコントのような相槌。
ん~、交わし方を心得ています。。。
オイラのこだわりとしましては、“行きたくない”ではなく、
“めんどくさい”というのがミソなんですけど、、、
ま、どうでもいい一言ですよね。

祝日はじまりの新番組って、
バンテリンではないですが、有利ですねえ。
今日の夜は、『ヤッターマン』~『Qさま』~『薔薇のない花屋』、
でもって、『スマスマ』と『オジサンズ11』の、
ザッピングで過ごしておりました。

『ヤッターマン』は、CM見てても、つくづく感じたのですが、
ここまで悪役が目立つ、フィーチャーされるヒーローものって、
なかなか、ないですよね。
いい方の影が薄いのなんのって。
30年ぶりの復活とのことですが、、、こういうのって、
世のおコちゃまには受けるんですよねえ、たぶん。
なんか、古さを感じざるを得なかったです。
オイラは、、、ま、また月曜夜に家にいて、
テレビをぱちぱちザッピングして、見るって感じですかね。
明日の会社では、きゃっきゃ、きゃっきゃ言いながら、
『ヤッターマン』の話をしている、
昔を懐かしむ人って多そうです。。。

『薔薇のない花屋』、これ、おもしろそうですねえ。
野島伸司さん脚本だし、絶対この先、
なにかおこりそうなんですよねえ。
1話見ただけで、なぞが多かったですよ。
寺島進さんだけ、いいムードメーカーで行きそうですが・・・
端的には、1話目で解決しているんですけど、
今後の伏線で、いろいろとありそうでしたね。
2話、3話とまとめてみたいっす。
慎吾ちゃんの表情見るだけでせつなくなるし、
達郎さんの歌も、イメージとしっくり合うし、
勝手ながら、勝手ながら、これぞ月9という感じでした。
三浦友和さんの存在、めっちゃ気になっています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.14

でん六ってすごいっす

まだ3連休に入る前のことですが、会社で朝会というのが毎日あって、
そこでその日の担当が一ネタ言う流れがあるんですよ。
その時は、足尾銅山に行ったという話。
その話を聞いている人は、全員、
足尾銅山といえば…の人物が出てこない状況だったんですよね。
まさしく、あれ、あれ、あれ??という感じでした。
で、すんでのトコロで“田中正造!”ということを思い出したのですが、
ググりもせず、なんにも頼らず、ストンと出てくるのは気持ちがいいですね。
たしたことのない、自己満足な話ですいません。。。

土曜日『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』をテレビで見たのですが、
テレビで見るのには、丁度いいゆるさな作品でした。
阿部ちゃんを見るたびに、よい役者になったなあと思ってしまいます。
この作品の広末さんの、天真爛漫な表情もいいですよね。
まるで奇行だとか、結婚&妊娠で子持ちとは思えないですよ。
個人的に、この映画で好きな場面というのが、
広末さんが“ありえなくない~”と言うところで、
1990年の阿部ちゃんが“それはありえるのかありえないのか”、
当時、流行っていたティラミスを食べて、
“ヤバイ~”と美味しさを表現しているところで、
またも、1990年の阿部ちゃんが、
“なにかヘンなものでも入っているのか”とツッコミを入れているトコ。
たいしたことのない小ネタなんですけど、
なんか、今の時代の言葉を逆手に取っていて、
思わず、吹き出してしまうんですよね。
しかしまあ、ホントに、バブルの時代って、こんな感じだったんですかねえ。。。
その時代を生きていたオイラでさえ、信じられない模様でした。


実は、今、5:35AMなんですが、奥さんと、まったりと過ごしています。
こんな生活いいっすよねえ、恐るべし、3連休。
でもって、火曜日からが怖いっす。

奥さんと話していたことですが、でん六(豆の)って、ある意味スゴイですよね。
♪豆のでん六~ってジングル、めちゃくちゃ知名度高いですよね。
日常にこびりついているわけでもないのですが、
アタマの片隅に染み込んでいるんですよね。
しかも、そんなにCMを、見かけているわけではないんですよね。

でん六の正式的な製造会社はわからないのですが、
とにもかくにも、でん六ってスゴイと思います。
この染み込み度って、サブちゃんのすし太郎並みに、スゴイのではと思います。
『めちゃイケスペシャル』で、岡村さんも歌っていましたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.13

はちのへ三冠王

今日、田舎(今ウワサになっている八戸)から荷物が送ってきました。
いつもながらに思うのが、こんなの自分でも買えるでしょう!、
というものがコロコロあるんですが、
おっ母ぁの愛情を、ドシシと感じる瞬間です。

なかでも、東京じゃなかなかお目にかかれないものが、
荷物に入っていると、テンションアップするんですよね。
飯のお供に“コムラの南蛮味噌”、
個人的には焼肉のたれ is No.1と思っている“スタミナ源たれ”
金持ちん家しか置いてなった“三島バナナサイダー”があれば、
みちのく三冠王なんですけど。。。
機会があれば、食してみてください、絶品です!

親友である人間のブログを見たら、
映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を見ての感想が書いていました。
映画自体は、ロッキーシリーズの方が勝っているんですけど、
『ロッキー・ザ・ファイナル』の中で、
心にズシ~ンと来る言葉が、2つあったそうな。

“ボクサーは戦い続ける”
“ココロが衰えていないのを証明する”
オイラの心にも、非常に刺さってしまいました。。。
今、いろいろとお悩みチュウなことがありまして、
背中を強く押してくれた感じがします。

そんなオイラですが・・・
実は、『ロッキー・ザ・ファイナル』は映画館で観たクチですが、
この時は、そんなに強く心に刺さっていませんでした。。。
周りの環境&心境が、影響していると思うのですが、
恐ろしいもんです。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.11

お誕生日

1/10は奥さんの誕生日でして、オイラも会社を休み、ちょっと奮発して外食に。
候補に挙がったのは…
ビストロポップコーン
グリーンヒル 宮前平店
オーヴィユ-フランス
ブラッセリー アンブラッセ
溝の口周辺~ブラッセリー アンブラッセは、たまプラーザですが~の、
ちょっとしたレストランに。。。

ビストロポップコーンを本命に向かってみると、
なんと出張パーティがあるとかで、お店はやってなく、
宮前平にある、グリーンヒル 宮前平店に。

グリーンヒルという名のごとくで、
窓から見える庭は緑が生い茂っていましたねえ。
この寒い時期に、よくまあこれだけ植物を揃えたって感じでしたよ。
でもって、アンティークといいますか、店内にもこだわりが見えていました。

で、肝心の料理ですが、
他の候補の店よりも、少々値が張りましたねえ。
ただ、、、美味しいです!
たまの贅沢という感じですね。

料理にまで、お店ん中や庭にまで見られていたこだわりが見えていましたよ。
オードブル×2、スープ、メインディッシュ、
で、その後に出てきた、ご飯とお吸い物、お漬物が美味しいんですよ。
この3品は、シンプルな味付けだけに、
ご飯ならば上にかけられている、ゴマの香ばしさを感じるし、
お吸い物ならば、お出汁がわかるし、
シンプルなご飯とお吸い物だけに、お漬物が非常に美味しく感じられました。
で、最後に、デザートと珈琲。
あ、それと店員さんの応対のよさもポイント高かったですね。

ホントは、イノシシを食べたかったのですが、
売り切れだったのが、チョイと悲しいポイントっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

コアラのかんちがい

ここ最近観た映画で、ヒジョーに後味が悪かったのは『28日後…』。
ゾンビの動きはすごかったのですが・・・、
なんとも救われないといいますか。。。
結構、映画は雑食の方でして、
なにかしらGOODポイントを見つけることができるのですが、
『28日後…』だけは、後味の悪さの方が天秤が勝ってしまいました。
しかも、映画館で観たのは、THE バッドエンディング!!
そんなオイラが、最近気になり始めたのが『28週後…』、
どうやら、、、懲りてないみたいです。
ロバート・カーライルが出るってだけで、
『28日後…』の苦い記憶が消えかけてます。。。
好きな俳優さんなんですよねえ。


で、前振りはこれくらいにして、
コアラのふんのおまもりが、
受験生の間で一大ブームになっている模様です。
その話を奥さんから聞いたオイラの一言。



“コアラのうんこって、なかなか落ちにくいんだぁ
              付いたら、洗濯大変だねえ”



ここで、奥さんからのツッコミ。
“コアラは寝ていても、木の上に乗ってて落ちないからよ”

そんなボケボケの会話を楽しんでたりしてます今日この頃です。


昨日の夜から、リンパ腺のあたりが痛くて痛くて、
今日一日物も食えない状態でした。
飲み物と痛み止めにナロンエース2錠×4回。
ここで、ちょっとした発見!
人間1日水だけでも、なんとかなるもんなんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

きいちご、蛇いちご

人それぞれ、合う合わないとありますが。。。
この年末年始で再確認したのが、品庄とは合いません・・・
特に、品川さんの前に出る前に出るという姿勢が好きになれないです。

ネットをプラプラしていると、日本にもラズベリー賞のような賞があったんですね。
そろそろ、文春でやっている「きいちご賞」が発表になると思いますが、
個人的には、こういうことをやる姿勢って好きですねえ。

ちなみに、昨年は、、、
-----------
第1位:『ゲド戦記』/宮崎吾朗監督
第2位:『日本沈没』/樋口真嗣監督
第3位:『ダ・ヴィンチ・コード』/ロン・ハワード監督
第4位:『涙そうそう』/土井裕泰監督
第5位:『PROMISE 無極』/チェン・カイコー監督
第6位:『LIMIT OF LOVE 海猿』/羽住英一郎監督
第7位:『連理の枝』/キム・ソンジュン監督
第8位:『ラフ ROUGH』/大谷健太郎監督
第9位:『アンジェラ』/リュック・ベッソン監督
第10位:『7月24日通りのクリスマス』/村上正典監督
きいちご男優賞:トム・ハンクス『ダ・ヴィンチ・コード』
きいちご女優賞:長澤まさみ『ラフ ROUGH』『涙そうそう』
-----------
2位以下には、異論もあるわけですが、『ゲド戦記』は、同意見っす。

でもって、スポーツ報知でも映画担当記者が集まって、
「蛇いちご賞」っちゅうのを決めているらしいですね。
昨年は、作品賞のみの発表でして、
-----------
『ゲド戦記』
『LIMIT OF LOVE海猿』
『日本沈没』
『無花果の顔』
『笑う大天使』
-----------

で、今年の発表は、すでに済んでいまして、
-----------
作品賞:『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』
男優賞:田村正和 『ラストラブ』
女優賞:菊川怜『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』
    長谷川京子『愛の流刑地』
新人賞:Ara『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』
    松下奈緒『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』
監督賞:井筒和幸『パッチギ! LOVE&PEACE』
    松本人志『大日本人』
特別賞:沢尻エリカ
-----------
『蒼き狼』は、相当のパンチ力だった感じがしますねえ。
『大日本人』は、肯定派ですので、一概にうんとも言えないのですが、
まあ、わからない人にはわからなかったんですかねえ。
沢尻エリカの特別賞は、“別に”騒動を踏まえての受賞だそうです。
こういうとこ、ちょっちセンスを感じてしまいましね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のお夕飯

いつもは、サイゼリヤを中心に、
どこかのファミレス系ですませる我が家の休日の夕飯ですが、
本日は東名川崎近くにあるMOCCOというイタリアンレストランに。
「トルティアチーズ」と「ロブスターとグリーンアスパラのクリームソースパスタ」
「マルゲリータピッツァ」にアイスコーヒーと。

奥さんオススメの「トルティアチーズ」、驚きましたねえ。
コーンチップにトマトとタコスソース、チーズをかけたオーブン料理でして、
コーンチップ(ま、ドリトスとでも言った方がわかりやすいかもしれませんが…)が、
適度に焦げてたり、トマトやソースで柔らかくなっているのが、またいいんですよね。
これ一品で、結構お腹一杯になったりします。

パスタですが、ロブスターが曲者でして、うまいんですよ。
ソースにロブスターの濃縮された風味が染み込んでいますし。。。
1点だけ苦戦したのが、スプーンとフォークとで、どうやってキレイに、
縦真っ二つになったロブスターを食べればいいんだろう。。。
奥さんの発明によると、パスタを食べるように、
ロブスターの身をフォークにくるくると巻きつけて巻きつけていくと、
キレイにはがれるというのだが・・・
下手にクリームまみれだったりするので、ガブリっともいけなかったんですよねえ。
なかなか、このお店、おいしいと思いますよ。
さすが、老舗です。


追伸
オイラは、てんで車に弱いっす。
ボンネットを開けて、ヘッドライトの電球を交換できるようになりたいですね。
オートバックスで肩タマ\500。
ちゅうでも、ペーパーだったりするんですけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ気になるマジックアワー

非常にシンプルなアドレスのせいか、
オイラの携帯にはシコタマ、エロメールが届いてきます。
こんなメールに意味があるのか、引っかかる人がいるのかと思いつつ、
削除作業をしていると、新年を通り越したあたりから、ちょっとした異変を発見。
とうとう、露骨な画像が添付されてくるように・・・。
パンドラの箱を開けちゃったといいますか、行き着くトコまで行ったんですねえ。

正月のテレビを見ていて、気づいたことがありまして。。。
6/7(土)公開の三谷幸喜監督最新作『ザ・マジックアワー』、
4/26(土)公開の『少林少女』の予告編が流れていました。
2作とも面白そうなんですけど…こんな早い時期から流してしまうとは。。。
製作フジテレビジョンパワーおそるべし!
『ザ・マジックアワー』は恒例の豪華出演者が、
『少林少女』はナイナイ岡村さんの出演が非常に気になっております。。

追伸
今週発売のジャンプの『ワンピース』。
めっちゃ好きなマンガで、ジャンプもこのために読み始め、
単行本も購入しております。
ただ、、、オイラのオツムが弱いのか、いまいち?マークがいっぱいの展開でした。
たぶん、読んでいるうちに、わかってくるとは思いますが。。。

追伸の追伸
このブログも、しばらく放置したせいか、見かけぼろぼろ状態です。
そのうち、整理したいなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.03

今回の紅白、いいんじゃない

ごぶさたしております。
いつもいつも記すことですが、書く時は書いているのですが、
一度書かなくなると、恐ろしいくらいに筆不精になってしまいます。。。
大きいことは書けませんが、今年こそは“ごぶさたしております”と、
記さないようなペースでいきたいな、と。

年末年始は、申し訳ないほど、ゆっくりと家で過ごしました。
持って生まれたグ~タラ癖か、ワーキングプアゆえか、近年稀に見る寒さのせいなのか。。。
見た日は、それぞれ違いますが、大晦日に放送された、
『笑ってはいけない』『無人島生活』『紅白』、完食しましたよ。
おまけに元日には、ナイナイ司会の『爆笑ヒットパレード』まで・・・テレビっこ恐るべしっ!

『紅白』は、鶴瓶司会ということだけで、ド頭からお尻まで見てしまいました。
毎年ビデオに録って、ちろちろ見ますが、ここまでパーフェクトに見たのは久しぶりでしたねえ。
いきなり鶴瓶の頭アップといい、あちらこちらで話題になっている、
“睾丸ファイター”“クールファイブ宮本に馬乗り”したりと、
NHKという枠の中で精一杯のことをしてくれたような気がします。
また、フリートークがあったり、ただの棒読み紹介ではなく、
鶴瓶らしい番組になっていたと思いますよ。おもしろかったですねえ。
で、コブクロのところでは感動もしたりしまいました。
来年もやって欲しいんですけど、
『ラジオチャリティミュージックソン』や『27時間テレビ』の例を見ると、
今回ぽっきりなような気がしますね。
ふざけるところはふざけて、締めるところは締める、
でもって、情を大事にするところ、ひとりの人間としても憧れだったりします、、、鶴瓶さん。

ついでに『笑ってはいけない』にも触れますが、こちらも豪華でしたねえ。
辰ちゃん&クラウデアからやられました。
ただ、、、3時間20分でも相当カットされたような気がします。
完璧版を見たいっす。
今、なんだか「罰ゲーム」ということ自体、ヘンに話題になっているじゃないですか。
その中でできるかぎりのことをしたと思いますよ。

『無人島』はバカバカしかったですねえ。
ただ、『M-1』や『すべらない話』にも言えるんですけど、
余計なゲストっていらないんですよね。
ゲストのコメントや顔が映されるたびに流れが途切れたり、
決定的な表情を見逃した感じがするんですよ。
どうして、、、そこまで豪華さにこだわるんですかねえ。
『無人島』は最後にlive中継を入れたりして、尻つぼみ感もありましたねえ。
『笑ってはいけない』のように全部VTRでよかったと思いますよ。
個人的には、そろそろ濱口の一万円生活が見たいっす。

全然違う話ですが、この年末年始にハマってしまったギャグがあります。
ますだおかだの岡田圭右一押しの“チュウ!”、くだらないんですけどね。
あちらこちらで見かけるたびに、頭にこびりついてしまいました。

年末年始は、バカバカしいお笑い番組を見るに限りますね、と、しみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2008年2月 »