« 今日の隣の晩ごはん | トップページ | 2006年の個人的ニュース »

2006.12.30

2006年の映画を振り返る

今年は50本ちょいの鑑賞でした。。。
持って生まれたぐ~たら加減か、なかなか書くこともできずにいたのですが、
最後に、ベスト10くらいは書いておこうと思っています。

1.フラガール
 ※スタンダードな作りをしている映画ですが、
   そのスタンダードさに感動してしまいました。
   蒼井優が巧かったです。。。
2.かもめ食堂
 ※たんたんとしている流れがいいですね。
   観終わった後、おいしいシャケ定食が無性に食べたくなりました。
3.THE有頂天ホテル
 ※オールスターキャスト好きです。
   三谷幸喜の脚本、芸の細かさの勝ち!
4.キングコング
 ※前半がおもしろかったです。
5.間宮兄弟
 ※これも、THEたんたん!
   もっと、上に来る作品があるかもしれないのですが…おもいだせないっす。
6.デスノート
 ※原作をうまく再現してましたよ。
   松ケン、サイコーでした!
   オイラと同じ、青森県出身という贔屓目もありますが。。。
7.プロデューサーズ
 ※音楽で映画を楽しめる、ミュージカル、好きなんですよ。
8.グエムルー漢江の怪物
 ※等身大の怪物が人を襲うのも好きです。
   普通の家族がモンスターと戦うという設定もいいです。
   皮肉めいたところもいいですね。
9.嫌われ松子の一生
 ※中谷美紀、うまいっすよ。
10.TRICK 劇場版2
 ※はじめてのTRICK経験。
   細かく、馬鹿馬鹿しく、いいんじゃないですか。

皮肉めいたという点では、『日本以外全部沈没』もよかったのですが、
ベスト10に入るほどでもないので、割愛しました。。。

|

« 今日の隣の晩ごはん | トップページ | 2006年の個人的ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/13302978

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年の映画を振り返る:

« 今日の隣の晩ごはん | トップページ | 2006年の個人的ニュース »