« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年3月

2006.03.30

王様の独り言(216)/ツウは“のび竜”という『ドラえもん のび太の恐竜2006』

実はリアルタイムで観てたクチでして、26年前のオリジナルには勝てないんですよねえ。
でも、ドラえもんはいいですよ。
弱い部分があり、仲間との強い繋がりがあり、冒険があり、正義があり、
勝利があり、ストーリーがあり、観ていて痛快なんですよね…ワンピースもしかり。
ジャイアンの心の友の場面もあり、しずかちゃんのシャワーシーンもあり、
ジャイアンのリサイタルがなかったのは残念でしたが。。。
SMAPのゴローちゃんの言葉を借りるなら、

“誰でも、のび太を心に持っている”

まさにこの言葉に尽きると思いますよ。
だから感情移入も強くできるんですよね。
個人的に残念だったのは、声の出演で5役で出ていた劇団ひとりがわからなかった。。。
スキマスイッチもわからなかった。。。
スキマスイッチの「ボクノート」はいい曲ですよ。
神木隆之介クンが声の出演でピー助をやっていたんですけど、
やっぱり神木くんなんですよねえ。
『皇帝ペンギン』で感じたことをまたまた感じてしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.29

王様の独り言(215)/目の前のカベから逃げてはいけないんだ!『県庁の星』

織田裕二は日本一アツイ姿が似合いますよねえ。
タイトルにもしている“目の前のカベから逃げてはいけないんだ!”というのは、
織田裕二のセリフなんですけど、ズズシ~ンとオイラの胸にささりましたねえ。
面白かったですよ、ただ一言強く言いたいのは、

“これ、スペシャルドラマでもよかったんじゃないの!?”

映画館で観てよかった~というシーンは、あまり見当たらなかったんですよ。
とわ言ってはみたモノの面白い作品でしたよ。
石坂浩二も『白い巨塔』以来のコンチクショー的な役だし、
のほほんとしたスーパーの店長もなかなかアジがあったし。
なにがいいかというと、カベから逃げてはいけないと言ってはみても、
頑張ってもどうにもならないことも、なんだか物語っているんですよね。
そういう現実的なトコもいいですね。救いがないわけじゃないですよ。
頑張っている姿は何者にも変えられないものがありました、とさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.27

王様の独り言(213)/スポーツ感染

もともと、スポーツ見るのは嫌いじゃないんですよ。
ただ、最近はスポーツ見るよりなら、ほかの事をやってたいという、
熱の方が多くなっちまってたんですけど、WBC以来燃え始めましたねえ。
この前の日曜日の過ごし方、お義父さんお義母さんの家へ、
オイラの誕生祝をやってくれるということで奥さんと出かける。
そこで何をしてたかというと、

“センバツと大相撲を見入る!”

いやいや、面白いんですよ。
青森県勢が負けた今センバツも興味がなくなるかと思いきや、
よく見ると今回は1回戦からかなりレベルの高い試合模様なんですよね。
大相撲もしかり、ちょっと見方を変えると面白いんですよ。
例えば、取り組みの前に懸賞金がかかっている旗が、
土俵を一周するんですけど、この旗が一本3万円。
千秋楽の朝青龍戦なんって数えてみると40本=120万勝つともらえるんですよ。
ま、お義父さんやお義母さん、奥さんと見ているからってこともあるんですけど、なかなか面白いですよ。

ちなみに、朝青龍が負けた後、
座布団が舞い散っているのですが、これってショーですよね。
是非とも規制せずに続けてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.22

王様の独り言(212)/やったね、おいっ!

WBC、夢中になってみてましたよ。やりましたねえ、王JAPAN。巨人ファンを自認してますが、去年はあんまり野球は見ず、名ばかりでしたが、今回はかなりかぶりつきでみてましたよ。まあ、オイラ以外にも、オリンピックといい、サッカーといい、世界照準の大会は無我夢中になる人も多いのでは。上原や松坂の力投や福留のホームラン、クールイチローの喜怒哀楽など見ものな場面は多いWBCでしたが、オイラが一番感動したシーンは、王監督のシャンパンシャワーでの一言。

“みんな思い切ってやろうぜ!”

なにげない一言なんですけどね。この選手と同じ等身大目線の言葉&喜びから出た叫びが、なぜか胸にキョーレツに刺さったんですよねえ。
あと、松井秀喜のコメントが聞きたいと思ったのは、オイラだけでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

王様の独り言(211)/ターキッシュが気になってしまう『ナルニア国物語』

ハリポタやロード・オブ・ザ・リングとついつい比べてしまうんですよねえ。
ところが、常に満員満員の映画館模様を見せられると、そりゃ興味津々最強モード。
オイラ的にいうと、ハリポタ=ナルニア<リングってなアンバイですかねえ。
長さは感じませんでしたねえ。
戦闘シーンの迫力もありましたよ、、ただ、リングが一枚上。
まあ、シリーズものだし、抑えておいてもよろしいではないでしょうか。
ド頭のストーリーが新鮮でしたねえ、なんでお子ちゃまたちが旅立つか書かれていたんですが、
オイラ的にはいい感じでしたよ。
で、一番気になったのが、、、

“ターキッシュ・ ディライト、食ってみてぇ~”

なんなんだろう、この魔性の響き。
映画の中でもキーポイントに。
ナルニアを観た人の10人中8人は気になっているはず(オイラ調べ)。

この作品、すんごく言いたい事あるんですよ。
観た人にはわかるように書きますが、最後近くのお話、忘れるかなあ。。。でもって、今回で話は終わった館もあるのだが、第2話はどういう話なんだろう。
あゝ、もっと詳しく突っ込みてぇ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

コロッケ天国

昨日の夜、あまったジャガイモを使って、コロッケを作ったんですよ。
あぶらもん大好きなんですけどねえ。部屋がスゴイ油っけぇ臭いが。
油を片付けなきゃと思い、固めるテンプルを探してみると、ない、ない、ない。
この週末は家で引きこもろうかと思ったのですが、テンプル買いに、
ついでに、奥さんへ遅くなったけど、バレンタインのお返しも買おうと、
家を出ると、すんごい風、すんごい寒さ。
奥さん自転車で、テンプルのみを買いに。。。
自転車に乗ると、タイヤの空気が少ないんですよ。
こんな自転車に乗っては、あぶないと途中、自転車屋さんにより、空気入れ。
まだまだ寒いですねえ、自転車乗るのも大変ですよ。
またまだ、奥さんを想ってみる。。。

ちなみに、コロッケ揚げすぎまして、まだ余っています。
しばらく続くなあ、こりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.18

奥さんがいない週末

今週末は奥さんがスノボに泊まりで出かけてていないんですよ。
久しぶりに、1人で過ごす週末でして、
あれやろう、これやろう、なんて考えていたのですが、
やっぱり、淋しいですねえ。。。
一度、オイラが会社の研修で家を開けた週末があったんですが、
このときも、奥さんはこういう気持ちだったのかなあと、ふと考えましたよ。
でもって、毎日、オイラが会社で遅くまでやっている時は、
奥さんは、こんな感じで、ぽっかり待っていたのかと、ふとノスタリジィモード。
相手の立場になるのも、大切かもと思いましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.15

王様の独り言(210)/今クールNO.1のデキ『神はサイコロを振らない』

飛行機に乗ったら、10年後にタイムスリップしてしまったという、
昨今よく見られる通称・黄泉がえりもので、ストーリー展開も想像できるんですけどね。
でも、いい!
話のひとつひとつと登場人物が丁寧に描かれているので、
非常に感情移入しやすいんですよ。
でねえ、話がいいのなんの。
思わず、目に涙をにじませたことも数度。
よく考えると、主役の小林聡美とともさかりえって、
傑作ドラマ『すいか』コンビなんですよね。
でもって、放送枠が『あいのうた』など、
良質の作品を生み出している水10、さすがですよ。
ダメ押しが、『神はサイコロを振らない』という意味深なタイトル(原作本はあるんですけど)。
かなりのオススメなハートウォーミングドラマです。
唯一不安点を挙げるのなら、

“4月からのこの枠は黒木瞳と中森明菜のバレエドラマ”

今まで積み重ねていたものが…なんとなく、どうしよう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

王様の独り言(209)/西村雅彦に注目!Ns'あおい

ぽてっとした顔が印象的な石原さとみ主演の『Ns'あおい』。
一瞬、石原さとみの成長の話かと思いきや、
脇を連ねるメンバーにもストーリーがあって、見ていて面白いんですよねえ。
ギバちゃんなんって、かなり好演してますよ。なにげに見逃せないのが、

“西村雅彦の髪型”

ここまでウスらさんの髪型を強調した、
ヘンテコヘアにはなかなかお目にかかれませんよ。
またね、アクが強すぎるほど嫌な役なんですよ。

このキャラクターは、要注目ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.13

王様の独り言(208)/ファミレス注意報!

某Gストというファミレスに行った時のオハナシ。
オイラが頼んだのは、ヘルシーなチキンと野菜の一品料理にライスとドリンクバー。
注文を終え、ドリンクを取りに行くと、美味しそうなコンソメスープがハジに。。。
ふと、スープの看板を見ると、
「日替わりやセット・単品を頼んだお客様はどうぞ」というありがたいお言葉。
単品でチキン、大きく意味を取っても、ライスドリンクセットを頼んだという事実を踏まえて、
ためらいもなくスープをシコタマ持ってきて、じゅるじゅるとすする、すする。
ちょっとした塩味が空腹に効く、効く。
ふと、我に返り、メニューを目を移すと、なんとスープが単品140円で販売中!
でもって、他も目を皿のように見てみると、ライスとスープのセットが存在。
ここで、オイラの頭の中のコンピュータが計算を開始。

“やべっ!スープは飲んじゃいけない立ち位置”

もちのろん、セットとはスープセット、単品とはスープオンリーの注文。
オイラの伝票を見ても、スープのスの字も書いてない。
すいません・・・スープを猛急で胃の中に入れ、しらばっくれて、
ドリンクバーコーナーに、チュレッとスープカップを置いてしまいました。。。
まあ、店員に言われたら、お金を払おうと。
主観的な物言いで記しますと、セーフでした。

これでも、今年で3回目の年男です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »