« 王様の独り言(190)/携帯つれづれ | トップページ | おぉ、ボジョレー »

2005.11.16

王様の独り言(191)/ねぇ、マリモ

『ALWAYS 三丁目の夕日』、めっちゃくちゃいい映画なんですよ。ただ、これを伝えるためには相当オイラ自身に余裕がないと、書きそびれることがたくさんありそうなんで、また後日。。。偶然、早めに家に帰れて、チョイと『いぬのえいが』見てたんですよ。この映画、劇場でも観たんですけど、どうしてもまた見たくて『鬼嫁日記』も『リンカーン』もさておき見入ってましたよ。いい映画ですねえ。オムニバス形式の作品で、バウリンガルしかり、中村獅童の純粋な演技もしかり、いろいろな話が詰まっているんですよ、全6話。なんといっても『ねぇ、マリモ』。亡くなった飼い犬に向けた飼い主の少女の思い、飼い犬から飼い主である少女への犬の思いを、清らかな音楽にのせて見せていくストーリーなんですが。まず、この視点がいいっす!思い出がシコタマあって、切ないんですよ。で、犬は亡くなっているんですが、なんかあたたかいんですよ。オイラ、犬嫌いなんですけどね、犬飼ってみたいと思いましたよ。・・・ま、nintendogsが関の山ですが。で、最初はその視点に感心してたんですが、もっと奥深いんですよね。

“自分と最も愛する人への気持ちに当てはめられるんですよ”

10分足らずの短編なんですが、いろいろ考えさせられましたねえ。是非とも見ていただきたい作品っすよ。オイラも…DVD欲しくなったなあ。ちなみに劇場では、オイラは『ねぇ、マリモ』の時、オールで熟睡ぶっこいてました。つまんないわけじゃなかったんですけど、迫り来る睡魔に勝てませんでしたよ。おそるべし、人間の持つ欲求!

|

« 王様の独り言(190)/携帯つれづれ | トップページ | おぉ、ボジョレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/7133215

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の独り言(191)/ねぇ、マリモ:

« 王様の独り言(190)/携帯つれづれ | トップページ | おぉ、ボジョレー »