« 王様の独り言(184)/タイトルと宣伝の勝ち『この胸いっぱいの愛を』 | トップページ |  »

2005.10.20

ネタバレ『この胸いっぱいの愛を』

どうしても書き足りない部分があって追記します。
重度のネタばれを含むのでご注意ください。


若いやくざが“死んでるのに、どうして腹がすくんだろう”ってセリフがあったじゃないですか。
あのセリフを聞いた時に、もしかして生き返る奇跡があるのではと期待したんですよ。
そのフリで、あのセリフを言わせたというか。
ところが、ホントに死んでた。
気分としては、生かして欲しかったなあ。
で、死ぬことにしたのは、最後にひとつシーンを入れたいためのような気がしてならないんですよ。
その最後のシーンとは、タイタニックのエンディング。
正直、やりすぎでしょう。
しかも、タイタニックは死んだ人間ばかり集まってたのに、生きてる人間もいるんだもんなあ。
おまけに、時代設定もあったもんじゃなく、自分が2人いて、めちゃくちゃだっつうの!
これが『サマータイムマシーンブルース』だったら、エライことになってるって。
やっぱ、脚本家と監督の問題なのかあ、非常に惜しいっす。

|

« 王様の独り言(184)/タイトルと宣伝の勝ち『この胸いっぱいの愛を』 | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/6477303

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレ『この胸いっぱいの愛を』:

» 「この胸いっぱいの愛を」を見て [シネマシネマシネマ]
兎が走って来て木の切り株に当たって死んだ。 それを見た農民が、仕事を投げ捨てて毎日切り株を 見張ったものの、ついに兎は捕れなかったという故事 「守株(しゅしゅ)」 その故事が頭に浮かんだのは、今年39作目の「この胸いっぱいの愛を」 舞台は2006年の門司。 幼い頃を過ごした門司に出張に来た比呂志は、暫く 住んでいた祖母の宿の前を歩いていた。今はもう店 をたたんでいる宿から一人の少年が走って出てきた。 それは、幼い�... [続きを読む]

受信: 2005.10.21 04:11

« 王様の独り言(184)/タイトルと宣伝の勝ち『この胸いっぱいの愛を』 | トップページ |  »