«  | トップページ |  »

2005.10.24

王様の独り言(185)/是非とも大切な人と観てください『私の頭の中の消しゴム』

いい映画っすねえ。いい映画っすよ。人を愛するってことを、またまた考えさせられましたねえ。これ結構もったいない映画なんですよ。社長令嬢とその社長の会社で働く現場監督の恋愛だけで一本取れそうな設定なんですよね。まあ2時間という時間もあるんで、この部分は急ぎ足で描かれてて…うん~、もうチョイ腰を落ち着けて観たかったねえ。で、本題は恋愛が成就してから。最初はうっかりさんかと思いきや、若年性のアルツハイマーだったんですよ。特に階級の違う恋愛を実らせたから、余計に切ないんですよ。アルツハイマーを告知された♀が彼氏に別れようというシーンから、涙腺も加速度つけて弱くなってきますよ。なんか、この映画を観た人たちがポストイットに感想を書いて貼ってたのをみたんですけど、、、これがビミョーにオモシロイ!

“よかったです。今度は彼女と観に来ます”

「カンドーしました!」とか「ハンカチがぐっしょりなりました!!」なんってコメントの中にこれ。一体、こいつは誰ときたんだろう。彼女じゃない♀だったら笑えるなあ。ちょっと話が脱線しましたが…。人を愛する素晴らしさを感じたのともうひとつ。このアルツハイマーの♀って、金持ちの娘なんですよねえ。金持ちだからこうなるのかあって思ったトコもあったんですよ。これが庶民のお嬢ちゃんだったらどうするんだろうって。やっぱ、世の中カネかなあ。あ、ついついお金モードですいません。。。でもホンットいい映画でしたよ。是非とも大切な人と観てください。で、その人と照らし合わせて考えてみてくださいよ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/6554118

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の独り言(185)/是非とも大切な人と観てください『私の頭の中の消しゴム』:

«  | トップページ |  »