« 隊長コメント(05/10/14) | トップページ |  »

2005.10.17

王様の独り言(183)/ねむれない夜に

忙しすぎても、その忙しさに身体をあわせることができるんですよ。その逆もしかりで、ヒマな時にはトコトン、ヒマさ加減にあわせられる。自分で言うなっていう名言の中に“オイラは簡単に引きこもりになれる自身がある”というのは、そういう体質だからこそ言えることなんですよねえ。規則正しい生活をしていれば、自然と規則正しくなり、不規則になるとトコトン不規則になる。最近のお悩みだったのは、夜眠れない!こんな時は何をやってもダメね。古典的方法である羊を数えてみる…最初はいい感じだが、2桁後半に行くと、数を忘れないように中途半端な集中力が働いてくる。挙句の果てには、真夜中にオイラはなにやっているのかと落ち込む、落ち込む、落ち込む。ぬる~い牛乳を飲んでみる…ただ、渇いた喉を潤すだけ。ここ最近出てきたドリエルなんてモノを飲んでみる…オイラは薬に頼らない主義なんで却下。本を読む…思わず、熱中して我を忘れる。。。結局、なにやってもダメなんですよねえ。で、オイラの結論。

“なすがままに任せる”

これが一番ですよ。結局、責任を取るのは自分だし、投げれに任せると楽チン楽チン。
・・・こうして、ダメ人間は作られていくんだろうなあ。

|

« 隊長コメント(05/10/14) | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/6432645

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の独り言(183)/ねむれない夜に:

« 隊長コメント(05/10/14) | トップページ |  »