« 王様の独り言(155)/運はまだあるのか | トップページ | とどのつまり…ダメ男 »

2005.07.27

王様の独り言(156)/難解さがいいんだろうな『姑獲鳥の夏』

これ気になってたんですよねえ。
“この世には不思議なことはなにもないんだよ”というキャッチ。
堤真一・永瀬正敏・阿部寛・田中麗奈・原田知世・いしだあゆみ…(宮迫は除いて…)の豪華キャスト、ストーリーもおどろおどろしい感じがするし、でもって本命の『スターウォーズ』は満員御礼で観られなかったので、行ってみました。
作品の雰囲気、音楽の使い方、難解さ、月を使ったフリ、

“実相寺~って感じですねえ。”

双子に多重人格というキャラが出てくるんだけど、これがなにがなんだかどうだかわかるのに精一杯モード。
正直、完全に理解できませんでしたねえ。
ま、これが実相寺って感じなんですけどね。
登場するキャラは豪華でしたねえ。
宮迫の刑事なんてハマってましたよ。
このキャラどもを観るだけでも価値があると思いますよ。
特にオススメはボーイズファッションの田中麗奈。
なかなかやりおってました。
いしだあゆみ、さすが大女優。
こんなにフケちゃったのかという熱演。
肝心のストーリーは………、実相寺~って感じですかねえ。
ひとつツッコミたいことがありまして…、“この世には不思議なことはなにもないんだよ”という堤真一のセリフがなにげにお気に入りだったんですよ。
ただねえ、ひっぱりすぎ。たぶん3回は聞いたろうなあ。
おまけにエンディング終わりのシメもこのセリフ。そんなに聞かされなくてもなぁ。。。

|

« 王様の独り言(155)/運はまだあるのか | トップページ | とどのつまり…ダメ男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/5179178

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の独り言(156)/難解さがいいんだろうな『姑獲鳥の夏』:

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.07.29 13:20

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.07.29 13:21

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:07

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:07

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:08

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージン]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.08.09 19:08

» 多重人格のサスペンス [テンペラ技法による小山右人の幻想絵画]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.10.20 19:52

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージンの物語紀行(Yujin Koyama小山右人)]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.10.31 07:28

» 多重人格のサスペンス [幻想画家ユージンの物語紀行(Yujin Koyama小山右人)]
 映画「迷宮の女」は、多重人格という近頃ではありふれた素材を扱いながら、複雑かつ [続きを読む]

受信: 2005.10.31 21:30

« 王様の独り言(155)/運はまだあるのか | トップページ | とどのつまり…ダメ男 »