« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.31

王様の独り言(114)/いいじゃん!エターナル★サンシャイン

『エターナル★サンシャイン』いいですよ。
ハリウッドでも一緒に仕事がしたいというスターが続々のチャーリー・カウフマンの脚本だけあって、タダじゃ終らないのがいいっすね。
彼の脚本って『アダプテーション』や『マルコビッチの穴』でも描かれていたように独特の流れがあって、時間軸が戻ったり、同じ場面でもシチュエーションによって2パターンあったりなのが、本編中に入り組んでるのがいいんですよ。
とはいうモノの決して難易度A!ってなワケではなく、よくよく考えるとわかってスッキリさんになる効果があるんですよね。
失恋や辛い過去を消してくれるサービスがあるという非日常的な設定って、どんな展開になるんだろうって非常に惹かれません?
でもって、ツライ失恋の痛手を消そうとするのだが、遡って考えると付き合い当初はいい思い出になって、やっぱし消したくないという葛藤。
で、どうする??ってな感じなんですけど。
かなり、いいストーリーですよ。
主役はジム・キャリーとケイト・ウィンスレット。
今作のジムはお笑い抜きで勝負してますが、コメディ畑をしっかりと歩んでいただけあって、ウマイんですよ。
ケイトも『タイタニック』のローズとは違う役柄で見させてくれましたねえ。
『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドをモテないムサイ青年役に持ってきている贅沢感もなんともいえないっす。
ただ難点は…

“LISAのイメージソング”

いい歌してますよ。
ただねえ、元々本編にはないモノであって、宣伝の一環として日本側が取ってつけただけであって、個人的には余計なものでしかないんですよね。
『きみに読む物語』のCHEMISTRYしかり。
キッチリと宣伝やれば、クチコミが広がる可能性があるのに非常にモッタイナイです。。。
ちなみにん、惜しいかなエターナルは苦戦中。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.30

王様の独り言(113)/いなかっぺのかっぺ

最近、青森県のミュージックシーンはあつい!
まだまだメインストリートを往くまではいきませんが、原石がゴロカロゴロカロしております。
上京したての時、自慢できるものは吉幾三に淡屋のり子、場所はといえば本州の果てなんっていってたのがウソのような盛り上がりです。
我らが、坊やくんが取材で青森出身のアーティストに会うというので、つかみはOK!な方言“へっぺ”をご教授したところ、WHAT DO YOU SAY?橋にも棒にも掛かりゃしないという惨敗模様。。。

“「へっぺ」といえばSEXを意味するところなのに、使っていたのはオイラの町だけか…”

本州の果てと言っても新幹線も止まるという都会かと思いきや、そうでもないらしいっす。。。
やっぱ、ナマってたんだなやあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

王様の独り言(112)/金八考

金八先生にはいろんな意味でやられましたよ。
4時間スペシャル、こちとらギュウギュウに濃縮された金八ぁつあんを見たかったのに、頭1時間は総集編やら、有名人が熱く金八を語るコーナー。
それがね、よく見ている人がコメントをしてれば、説得力も増すってヤツなのに、どこから連れてきたのか若手議員やら、ホントに見てんの?と疑いたくなる叶美香だったり、なんでこのキャスティングと驚いてしまったKEIKO(globe)のオンパレードだからタマったもんじゃない。
これでまず1ヘコミ。
本編を見てみると、覚せい剤で捕まったしゅうが保護観察処分を受けて、ギリギリ卒業式に間に合う展開じゃなかったのがよかったですねえ。
あれだけ決意が固かった金八の辞表が撤回したのはビミョーでしたが。。。
しゅうが卒業式に出られず、ムショから出てきたら桜中学に卒業証書を受け取りにいきたいということで、プンプンとスペシャルで再会の匂いがしましたね。
見せ方は巧かったですよ。
こいつ2次試験どうなったんだろうと疑問に思ってたことが、ポロッと卒業証書を渡すシーンで触れられてたり、前の校長先生はどうしたんだろうと思ってら、校長室で歴代校長の顔写真に並んでたりと。
“でも、そろそろ一人一人に卒業コメントを言うのはカンベンしてほしいなあ”

なんだか、マンネリ感がアリアリなんですよねえ。
坂本金八ではなく武田鉄矢目線で言ってるのは面白いんですけどね。
でも30人じゃ、なかには個性がない人もいるしキツイってヤツですよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

隊長コメント(05/03/25)

私、一昔前までは冗談抜きで自称・メガネ美人と宣言しておりました。ホッントにオイラほどうまくメガネを着こなせる人間はいないと公言してたんですよ。ところが・・・体重が増えると共に、鏡に映るオイラが気持ち悪く見えてくるんですよねえ。メガネ美人なんってどっかトンでいき、キショイの一言に尽きるってな気分です。そんなオイラ、ふとした間違いでとあるアーティストのPVに出てたんですよ。出てたっていっても、チラッと映ってるのか映ってないのかわかんない状態なのですが。。。またもやキショイなあと思いながら、一応見終ってみると、テロップに“森でぶ”という名が、本名でもあだ名でもなんでもない。それじゃ、ただの見た目だっつうの!?でも、“森でぶ”と名付けて、ホンイキで製作したセンスには脱帽でしたねえ。ここまでキッチリギャグを作るというのはコウベが垂れる思いでしたよ。制作者とはこうあるべきと、ふと思いましたねえ。・・・今回は音楽ネタではなく、すいませぬ。。。

今週もこんなアンバイで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

王様の独り言(111)/老いとの戦い

最近、モノ忘れが酷くなってきたんですよねえ。
アレアレアレなんていう発言は日常茶飯事。
初期の頃は思い出そうと粘ってたのですが、今やこの状況にも慣れ、思い出そうともしなくなってしまいました。。。
トシのせいにはしたくないんですけど…正直、悔しいことしきりです。
なぁんてことを書いてみましたが、実際モノ忘れなんってモンは、今のオイラには屁のカッパみたいなもんなんですよ。
もっと現実的に老いを感じてしまった最大唯一の作用といえば…

“白髪”

1本2本だったのが、ふとトイレで鏡を見ると、前髪がドえらいことに!
ところが、前髪が白髪だらけになるなんて、時間が過ぎれば慣れてくるもんなんですよね。
さすがに胸にポッカリ空くほどの衝撃だったのが、鼻毛に白髪があったこと。
オイラも終わりだと思いましたよ。
でもって、極め付けが・・・あそこの毛に白髪。
しかも半分黒く、これから変身しようというオケケ。。。
これを見つけたときには、さすがにショックで声も出ませんでした。
こうやって、人間ってヤツは老いに負けてくるんですかねえ。
ご愁傷様なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

王様の独り言(110)/教師という職業

『ごくせん』面白かったなあ。
毎回パターンができていて、似たり寄ったりの展開なのですが、
見せ方が非常にうまいんですよ。
音楽や効果音を使って、曲調によって、
お笑いシーンだとかシリアスシーンだとわかる安心感あり、
キャラクターがちゃんと個性的に作られているので、お約束のお笑いシーンも待ち遠しくなる。
悪と善とがキッチリと描かれているので、わかりやすいし、感情移入もしやすい。
生瀬勝久という大好きな俳優さんが出ていたのも贔屓目で見てしまうポイントですねえ。
生瀬といえば・・・

“どういう流れで、あの髪型に行き着いたんだろう”

今、非常に気になっていることです。
『ごくせん』の他に今シリーズ教壇に立ったのは『金八先生』。
どちらも、最終回近くに退職問題という共通のネタがあるんですよねえ。
ドラマのテイストが違うんで、被ってるとか目くじら立てていう問題ではないのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

ここまでスバリと。。。

なんでかはわからないんですけど、とあるアーティストのPVにチラリと出てしまいました。
そのDVDが上がったので、パッケージを見てみると、
一瞬しか出ていないのに、な、なんと、GUESTに名前が!!!
名前を見てビックらこ、「森でぶ」だって。
それじゃあ、名前でもナンでもないっつうの!?
でもって、チラリと映るオイラを見ると…やはり、みにくい。。。
いやはや、ホントに痩せなきゃと思うわけですよ。

ちなみに、自分へのプレゼントとして、奥さんの承諾を得て、
2台目のハードディスクプレイヤーを購入したんですよ。
その1回目の上映会がこのPVで、ちょっと涙ちょちょぎれモード。

しかしまあ、今のハードディスクプレイヤーって、安くなりましたよねえ。
おまけに薄く軽く、、、技術の進歩ってすごいやあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

王様の独り言(109)/ブリジットさん

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月』面白かったなあ。
コミックを読んでる感覚でストーリーが進んでましたよ。
予告でもオモシロシーンが挿入されてますが、その予告はとっかかりであって、
良くありがちな全てパターンじゃないのがいいですよね。
なにがすごいかというと、レニー・ゼルウィガー!
9キロ太って、撮影に望んだというプロ根性がスゴイですよ。

“しかも、足だけは細い!”

これまた、スンゴイプロ根性。
駄菓子菓子…首のしわが気になったなあ。
太って痩せて太ってじゃ、しょうがないんですけどね。
あのしわは残るだろうなあ。
リンクネタも多かったので、この作品を観る時には、
1作目を見てから行くと、より楽しめます。
モチ、見なくても充分楽しめますが。気になったのは、プログラムが売ってないこと。
なんでも著作権上の問題らしいのですが、あれだけwebでバシバシ展開しているのに、
著作権の問題なんってあるのかって感じもするんですけどね。
でもって、サブタイトル「きれそうなわたしの12ヶ月」って、いるのかなあ。
ちょっとセンスの古さを感じちゃったねえ。
ともあれ、モチベーションが軽く100%超えてしまう作品だと思います。
かなりのオススメ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.19

気が利く奥さん

今一番欲しいもののひとつといえば、i-podですねえ。
散々欲しい欲しいと連呼していたら、奥さんから涙モノのプレゼントが。
i-podではないですが、携帯型ハードディスクプレイヤー。

ところが、入っていた箱を見ると、こんなんでました。

どうすれば、ここまで大きな箱に入れるのだろう。。。
大事に使わせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.18

王様の独り言(108)/パニパニ

最近、気になっているものは「パニパニ」。
サラダ感覚で食べる手軽なパスタを売っている店でしょうか?
そんな話を奥さんとして、これはみんなに教えなきゃと思い、いざ口に出してみると、
肝心の「パニパニ」という言葉をド忘れ。
なんとなく伝えてしまったのが、何を思ったのか“原宿で売ってて、すぐ茹で上がるパスタ”。
ちなみに、両方とも近くもなく大ハズレ。
それを聞いた周りも気持ちが悪いのか、流行に乗りたいのか、
取り急ぎネットで「パスタ/早い/茹で時間」なぁんて調べてみると、
なんと「パスタージャ」なるモノが急浮上。
で、その日は「パニパニ」ならぬ「パスタージャ」が流行りモノとして認知。

“ちょっとした勘違いでさえも、答えが出れば、
その答えが間違ってなければ正論になるんだ!”

面白い現象を垣間見た一日でした。。。

※3/22に追伸・・・
「パニパニ」ではなく、「ミオミオ」でした。
重ねて勘違いの巻、、、かたぢけない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隊長コメント(050318)

以前、ヘビーローテーションを公開しましたが、その第2弾をば
。先日、奥さんと2時間カラオケに行きまして。その時、歌ったのが、
「以心電信」ORANGE RANGE
「心配性」マイナスターズ
「ふたり」マイナスターズ(デュエット)
「南風」レミオロメン
「車輪の唄」BUMP OF CHIKEN
「NO MORE CRY」D-51
「涙そうそう」BEGIN
「恋をとめないで」COMPLEX
「風にうたえば」尾崎豊
「ロケットNO.4」ASIAN KUNG-FU GENERATION
「男たちのメロディ」TOKIO
「いつでも誰かが」上々颱風
ってな感じで、カラオケで歌ったリストを見ることによっても、
その人の音楽嗜好性ってわかると思いません?

今週もこんなアンバイで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

王様の独り言(107)/あなたのホリエモン

電車に乗っていると、どこからともなくギャル達の声が。
別に聞き耳を立てていたわけではないのですが、
極自然に入ってくる会話を聞いていると、何かに対して「キモイ」というお話。
その「キモイ」に対して、ギャル達が使っていたのが“ホリエモンっぽぃ~”。
話は変わって、通称デビルがとある人間に対して、
理詰めの話が“ホリエモンっぽい”と言ったら怒られたとギャグレベルで話してきた。
で、オイラの心にいる“ホリエモン”を引き出してみると、とある会社の上の方。
なにが“ホリエモン”っぽいかというと、
いつも言わなくても言いことまでついつい言ってしまう部分が重なってみえるんですよ。
ってなことを考えてみると…

“全て悪い意味で使われてんじゃん!”

ある意味、すごいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.15

王様の独り言(106)/ネタバレ金っつぁん

半年モノのドラマには弱いッス。
去年同時期に放送されていた、『白い巨塔』にもガブリついてました。
でもって、今年は『3年B組金八先生』。
なんだか展開がやばい予感がするんですよ。
今作で終わりになりそうな予感がしますねえ。
根拠1.脚本家・小山内美江子の降板
…理由を述べてもらっても、やはり怪しい。。。
根拠2.懐かしい面々が出演しすぎている
…馴染みある生徒や先生が出ているのはいつものことだが、
  赤木春恵扮する君塚校長が出てくるのはいつものことではない
根拠3.金八先生が退職願を出した
…辞めそうな雰囲気を醸し出していることはあったが、行動に出たのははじめて!

“で、最大の原因としては、最終回がゴールデンぶち抜き4時間スペシャル!!!”

いくら書きたいことがあるっていっても、19時~23時の4時間というのはスゴすぎますって。
視聴率は今まで比べると、もう一息というのにこの力の入れよう、
こりゃ、サプライズエンディングがあるとしか思えませんって。
・・・こういうテレビの見方っていうのも面白いと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



金八先生最終回が4時間スペシャルなことにビックリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

王様の独り言(105)/義経いけるじゃない。

今回のドラマでナニゲにイチオシなのが『義経』。
話がしっかり作られていて見ごたえは抜群です。
でもって、渡哲也・高橋英樹・中井貴一などのベテランから、
タッキー・上戸彩などの若手まで色取り取りの出演者がキャスティングされているので、
見ていて飽きないんですよ。
このバラエティ富んだ出演者は、さすがNHKといったところでしょうか。
大河ドラマで、義経となると、お堅い生真面目路線かなぁ~と、
イメージしてしまいがちですが、ナンチャンやうじきつよしなどのサブキャラが光っていて、
ちゃんとニヤケどころもあり、硬軟揃えたストーリー展開でヒジョーに見やすいんですよね。

“で、一番ポイントを稼いでいるのがマツケン!”

意外にも、マツケン扮する弁慶の表情が、いいコメディリリーフとなっているんですよねえ。
それも笑いを狙っているワケもなく、
真剣すぎるがゆえに生まれてきているのがツボなんですよ。
例えていうなら、映画『笑の大学』での役所広司とでも言いましょうか。
さすがですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

マイブームなティーブレイク

このゆず茶、かなりオススメです。
是非是非、試してもらいたいっすねえ。
水に溶かして飲むだけの手軽さに、中の皮や種まで食べられるジューシーさ。

なぜか、スーパーの中華食材売り場になるという代物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

隊長コメント(050311)

映画と音楽ってかなり結びついているんですよねえ。
バックに流れる音楽によって、歓喜の涙を流すことなんて、なにげにありますからねえ。
先日、『ローレライ』を観に行きまして。
音楽の使うタイミングが非常に『踊る』に似た印象を受けたんですよ、
あくまで個人的な感想なんですけど。
監督や音楽担当は違うんですけど、両作品に共通しているのはフジテレビ製作。
・・・なぁんてことを考えてみると、
2つの作品を言葉で表すと“フジ~って感じ”になってくるんですよ。
でもって、『海猿』もまた然り、ということも思い出し。
ただ単に、音楽の使い方が似てるなあというのが発起点となり、
ここまで考えてしまうとは。
これも音楽の力なのでしょうか。。。
恐ろしいモンです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

王様の独り言(104)/笑点狂想曲

カテキン式なるお茶に笑点メンバーをモチーフにしたプチ人形付き。
圓楽からはじまり、歌丸、こん平、山田くんまで。
一笑点フリークを自認しているモノにとっては、格好のコレクトの的。
ところが、店の棚一杯にならんでいるカテキン式を見ていると、
“まあ、そのうち買えばいいや”モードになってくるんですよ、末恐ろしいことに。
で、気付いた時には販売終了。
おまけにドコを見てもナイ、ナイ、ナイ。
散々探し回って、心も諦めモードになり、
偶然入ったスリーエフにて、なんと大量在庫を発見。
小遊三と山田くんでコンプリートの身となるオイラとしては、
必死で袋から透けて見える名前を元に漁り始める。

“ほとんどが小遊三&山田くん。”

あまりの量に、嬉しさが反転、こんなにある人形のために、
至る所を探し回ったのかと、虚しさモードに突入。。。
でも、スンゲエ嬉しかったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

王様の独り言(103)/成金大作戦

ナベ彦、ムギワラとランチに行った際によくある光景といえば、どうすればお金は儲かるか。
株からはじまって、宝くじ、徳川埋蔵金があり、挙句の果てにはマンガを書くことまで。。。
そんな夢心地から、ふと我に返ると…
ガキんちょの頃のオイラと同じことを考えているのに気付くわけですよ。
オイラの中に伝説のマンガというモノがあって、
漫★画太郎『珍遊記』/吉田戦車『伝染るんです』/中崎タツヤ『じみへん』/
はた万次郎『タケオちゃんでございますよ』。
これらのマンガを見た時は、衝撃的でしたねえ。

“なんてったって、オイラも漫画家になれると思わせた作品!”

結局、一旗上げよう…いや、思いつきで描いてみても、続くわけでもナシ。。。
ってなことを振り返ってみると、そん時と変わらない発想って、一体。
虚しい風がぴゅ~・・・
そういえば…、“チョシチョシ”なんていう流行語をも生み出した、
『タケオちゃんでございますよ』ってサイコーだったんですけどねえ、
今じゃドコにも見当たらないんですよね。情報募集中なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

王様の独り言(102)/ローレライどーれらい

この春、期待の一本『ローレライ』を観に行ってきました。
オイラが期待しすぎたこともあってか、流石に期待値を超えることはできなかったのですが、
オトコ~って感じで良かったと思いましたよ。
(オイラが好きな俳優の一人)役所広司、カッコよかったですねえ。
妻夫木クン、相変わらずな役柄でした。
ギバちゃん、見せ場豊富でしたねえ。
ピエール、結構ハマってましたよ。
なにげにお気に入りなのが、
三谷幸喜『HR』名コンビ・小野武彦と國村隼の揃い踏みをスクリーンで見られたこと。
エンドロールで気付いたのが、

“KREVA、で、でてたの~!”

正直、気付きませんでした。
で、気になった点。中だるみが激しいんですよね。
随所に海の中での潜水艦運転シーンを入れてるせいか、
テンポが途切れ途切れに見えるんですよ。
やはり…2時間の映画にするのはムリがあったかもなあ。
もうチョイ、ストーリーを見させて欲しかったなあ。
でもって、フジテレビ製作だけあってか、
音楽の使い方、予告の見せ方が踊るっぽかったなあ。
これまた気のせいかもしれませんが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

王様の独り言(101)/まつしろけ

しばらく真っ白な画面の前にたたずんでいます。
何を書こうか、何かネタはないかと考えております。
不思議なモンで、別な作業をやっている時には、あんなネタもこんなネタもあると次々とアイデアが沸いてくるのですが、
実際に書こうと思うとスッコーーーンと抜けてしまっているから、タマったもんじゃありません。
家でスポーツ新聞を読んでいる時、電車乗っている時、会議に出ている時、ご飯を食べている時・・・
結構、バシバシ出てきているんですけどね。
モノの見事にリセットさん。
年齢のせいにしたくないし、慌しい業務のせいにもしたくない。。。

メモ帳でも持って歩こうかな

今週末、この春期待の『ローレライ』を見て、大詰めに突入した『ドラクエ8』をやり、
奥さんとたわむれたりして、チョイとリフレッシュでも図ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隊長コメント(05/03/04)

久々に目からウロコものの大発見が!!!
Candyの「Bye&Thanks」って、かなりイイっすねえ。
ポップ感ありありの曲調に、ほどよいホーンの演奏の味付け、
何オクターブでるのかという歌い手の音域が、いいアンバイで混ざり合って、
聴いているうちにみるみるテンションが上がってくるんですよ。
是が非とも聴いてみてくださいよ。
いい気分になってきますよ。
最近の注目アーティストは、Def Tech。
前から細々ときになっていたんですけど、
かなりの人間にイイヨ!イイヨ!と言われる口コミ効果に、
ウィークリーチャート9位に入ったという実績で、やっとこさ重い腰を上げて、
1stアルバム『Def Tech』聴いてみました。
1曲目「Pacific Island Music」から、
南国雰囲気ビンビン爽やかミュージックでしてやられてましたねえ。
レゲエっちゅうかHIPHOPっちゅう曲調に、
ウクレレやスチールドラムで曲が刻まれ、いい感じのスタートダッシュ。
このアルバムの代表曲である「My Way」もなかなか聴かせるミュージック。
こちらも合わせて、オススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.01

王様の独り言(100)/ブラボー!アカデミー賞

オイラにとって、2月の風物詩といえば、『めちゃイケ』「笑わず嫌い王決定戦」と『アカデミー賞』(決して、日本アカデミー賞ではない)。
今年は、大好きな俳優であり監督のクリント・イーストウッドにやられてしまいましたねえ。
ここ最近22時を過ぎる退社時間なのに、思わず家帰った後、ビデオに録ったアカデミーを見入ってしまいましたよ。
74歳にして2度目の監督賞受賞!

“サイコーのアカデミーナイト!!!”

イーストウッドといい、日本の高倉健といい、映画に生涯をかけている生き様ってカッコいいですよ。
イーストウッドに至っては、前回受賞した『許されざる者』に関しても2時間は熱く語れる自負がある程大好きでして、
今回の対象作品『ミリオンダラー・ベイビー』も早く見たいですよ。
ちなみに・・・イーストウッドと高倉健って同い年なんですよね。
プチトリビアでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »