« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.31

王様の独り言(91)/エビガデ

まずは前置き、ローカルネタですいません。
オイラが住む溝の口は、通称・ノクチ。
二子玉川はニコタマ、たまプラーザはたまプラ。
六本木ヒルズはヒルズ、葛西臨海公園は葛西…なんて、
自分が使いやすいように地名やスポットを略して言うことってあるじゃないですか。
でもって、自分以外も使っていて、いつの間にか広くあまねく共通語になってる、と。
オイラの義理のお母さん…わかりやすくいうと奥さんのお母さん曰く…、

恵比寿ガーデンプレイス⇒“エビガデ”

“エビガデ”ってねぇ、、、某ピザハットのメニューじゃないんですから。。。
ってなことを言いつつも、いつの間にかオイラも“エビガデ”を使い始めてるんですよねえ。
流行るかなぁ“エビガデ”、・・・流行んねぇよなぁ、無理があるもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.30



本日、我らがボス、半狂乱の巻。
ま、たまにあることなんですけどね。。。
と、半ば諦めの境地~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

美味しいお酒の飲み方

久々に学生時代にバイトをしていた、日劇時代の仲間と会う。
メンバーは、ウィリー、ナベ3、曽根。
粉関係の会社の若社長・ウィリーのオススメにより、恵比寿にある千房というお店が会場。
ここはネギ焼きが美味しかったですねえ、ネギがいいアクセントになってるんですよ。
よく考えてみると、以前、ウィリーが大阪にいた時に、
お好みを食べに行ったことがあるんですけど、その時も、会場は千房。
このメンバーは、よっぽど千房が好きらしいです。。。

最近、なにが流行っているという話になり、話題はオイラもめっちゃ欲しいi-podに。
驚いたのが、ウィリー(日経、東洋経済、ダイヤモンド、文春購読者)は、
i-podを知らなかったんですよねえ。
あれだけ話題の商品を知らないとは驚きましたよ。
でもって、『いま、会いにゆきます』が面白かったという話になると、
そのウィリーは“やっぱり、アベックが多いの?”と素っ頓狂な返し。
いやぁ、アベックなんて昭和な言葉を聞いたのは久しぶりでしたよ。
挙句の果てには、そのウィリーはディズニーランドに行った事がないらしい。
ディズニーランドといえば、設立20周年を越えたレジャー施設なのに、
一度も行った事もないとわ…
いいともアンケート並みの確率なのではと、ふと思う。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネタバレ!ドラクエ8にて

発売日に購入したにも関わらず、いまだにチマチマとドラクエっております。
現在、メディばあさんのイベントがつつがなく終了したトコでありますが…
どうしても、我慢できないことがあるので、あえてここに記しておきます。

それは…

それは……

それは………

哀しすぎる!いくらなんでも哀しすぎる!!

話の流れから、暗黒神ラプソーンが復活するのはわかってきて、
そのためには七賢者の末裔を殺していくのもわかってはいるのだが、
後半、命を落としていく面々はいい人ばかりなりぃ。
自分を拾ってくれた恩人だからと、ご主人であるハワードにいつもイビられても、
尽くしていた、心優しいリブルアーチのチェルス。
見た目から、癒し系やさしいおばあちゃんオーラが流れていた、
息子想いのメディばあさん。
心の中にポッカリと穴が開くほど、かなりショックでしたよ。
またねえ、よしゃいいのに、命を落とす前には、
2人に関わる、素敵な優しいサイドストーリーを見せてくれるんですよ。
チェルスには、どんなにイビられても尽くすココロ、
メディばあさんには、家を飛び出していった息子への愛情。
そんな姿を見せられちゃあ、ショックも大きいですって。
犠牲が大きいから、よりストーリーにのめり込んでしまいますからねえ。
ある意味、ドラクエ8のシナリオは良くできてることになりますが、
それにしても、残酷すぎますって、スクウェア・エニックスさま。

| | コメント (0) | トラックバック (1)



ドラクエ8、細々と進行中。
人が死ぬたびに、なんだか哀しくなってきます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

じ~んと来ました金八先生

今週の『3年B組金八先生』には、やられましたよ。
第7シリーズの中で一番いいストーリーでしたね、
第14話「車掌がトラメガを捨てたワケ」。
ドラックだ、自殺未遂だと、だんだんダークゾーンに入っていくストーリー展開の中で、
ほのぼのハートウォーミングで、めちゃくちゃいいお話でしたよ。

いつもメガホンで会話をしている車掌には典子という好きな子がいて、
その子に告白をするっていう話なのですが、
最初、メガホンを使って、告白するのだが、
メガホンを使うことに嫌悪感をしめされ、あっさりふられてしまう。
同時に、私立高校の面接があり、思わず、禁断のメガホンを使ってしまい、
その場で不合格を言い渡される。
3Bのメンバーには、そのことがバレてしまい、クラスでバカにされ、
揉み合っていると、いつも大事にしていたメガホンが壊れてしまう。
その大事なメガホンとは、昔、車掌がいじめられていて、
運動会の時に、メガホンを使って、車掌のマネをすることによって、
いじめられっこから、クラスの人気ものになったという代物。
それ以来、車掌にとっては、メガホンがあることによって、
自分にとって、人と接するために必要なモノになったんですよね。
メガホン依存症といいますか。。。

その事実を知った時に、3Bメンバーは、
車掌がメガホンがなくても、ちゃんと話せるようにと応援しはじめるんですが、
こういう団結力って、オイラ、弱いんですよねえ。
その中には、いつも参考書ばかり読んでいるガリベンくんがいたりしているのが、
団結力を象徴しているようで、いいんですよね。

で、最後の最後に勇気を振り絞って、メガホンを使わず、
もう一度典子に告白しようとするんですけど、肝心要の好きが言えずに、
両親が営んでる弁当屋お手伝いの最中の彼女に、
思わず、メガホンを使って、“シャケ弁ください”なんって、
トンでもないことを言ってしまうんですよね。
その後に、神社で一人泣きながら、シャケ弁をほお張る姿が、
またジ~ンポイントなんですよね。
このシーンは、3Bベストショットのひとつですよ、

で、丁度、桜中学周辺では、放火魔がいて、
涙ながらにシャケ弁ほお張っている中、放火現場に立ち会ってしまうんですよ。
ところが、肝心のメガホンが壊れてて、声を出すことができないのだが、
開き直りからか、踏ん張って、声を出せるようになるんですよね。
ここが、リトルジ~ン。
結局、放火魔はつかまり、車掌はクラスで表彰され、
そこでみんなに挨拶するときに、もうメガホンは使わないと決別を宣言するんですよ。
で、同時に勇気を振り絞って、再び、典子に告白するが、結局は振られてしまう…

安易に、典子が告白をオーケーしないのがいいんですよね。
でもって、その後に見せる、車掌の涙がまた、ジジ~ンとくるんですよ。
主題歌である、海援隊「初恋のいた場所」と、
ビミョーにマッチしているような世界観でよかったですねえ。
3B屈指のハートウォーミングストーリーだと思いましたよ。
ただ、時折、薬物中毒になっている、しゅうのシーンで、
今、3Bが抱えている大きな問題を見せられ、
現実に引き戻されそうな錯覚に陥ってしまいそうになりましたが…

ちなみに、典子役なのが、知る人ぞ知る、
“ちちぃ~、ははぁ~”の『ぽっかぽか』のあすかちゃん。
面影、似てるんだよねえ、表情とか、仕草とか、話し振りとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王様の独り言(90)/笑顔はぃぃねぇ

奥さんと、人の笑顔っていいなぁという話になったんですよ。
素の表情が現れる時じゃないですか。
でもって、勝手にこの人たちの笑顔がいいやランキング。

・加藤浩次(ダハハハ~という豪快さがいい)
・松本人志&ビートたけし(照れ笑いの感じがいい)
  ↑岡村隆史も同系統
・関根勤(体の底から出てくる笑顔がいい)

でもって、ちょっと良くない風な笑顔が…
・濱口優(小バカにした感がある)
・明石家さんま&矢部浩之(勢いだけの笑顔)
ただし、関根勤も一瞬、同系統に見えるがビミョーに違う。。。

ってな感じで、笑い方も何種類かの系統に分けられることができるんですよね。
でもって、笑顔がいいと言っても、良し悪しがあるのカモ。。。

みなさんの周りの人の笑顔も、系統に分けてみると、面白いかもしれませんよ。

ちなみに…オイラは照れ笑い系だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



非常に疲れているのか、今日気づいたら、夕方。
なんとも欠勤になってしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.27



あゝ~心配だぁ~~心配だぁ~~
…『おぼっちゃまくん』シンパイダーマンより…
意味は特にないです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.26

王様の独り言(89)/禁断の一句

夕方、会社があるビルの1階に存在するコンビニで、間食を買いに行ってた時のこと。
違う部署の人間といろいろと話していると、ふと…

大丈夫ですか??

と絶叫モード。
オイラも小心な人間でして。“大丈夫ですか”と聞くと不安のドン底になってしまう。。。
で、何が大丈夫なのか尋ねてみたら、“スゴイ、クマですよ”。
隣の席にいるムギワラに確認すると、ホントにクマがスゴイらしい。
しかしまぁ、朝起きてから鏡を見る機会はチョコチョコとあったにも関わらず、全然気付いてなかったオイラって…。
三国一の自分好きを自称する割には、そんなに興味なかったようです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木の気になる光景

六本木交差点にあるノジマ電器の前にどで~んと立てられている看板(?)

待ち合わせスポットにでもしたいのか・・・
ちょっとした遊び心か・・・
これからの看板の成り行きが気になってしまってます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



いまだに、ドラクエブーム!
本編そっちのけでカジノにズッポシ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)



傲慢な上の人間に仕えるのもシンドイが、
わがまま放題の下の人間ばかりだと、ダブルでシンドイ!
~1/25分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



お手上げです!
風邪が直らないのなんのって、病院に行ってみました。
~1/24分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



『ターミナル』…そこそこだったが、
オーシャンズショックが継続中なため、
嫌に身構えて観ておりました。。。
~1/23分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



『オーシャンズ12』は、ここ数年の中で、
一番面白くない映画でした。
出演者に完成品を観た後の心の感想を聞いてみたい。
~1/22分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



たまにはねえ、そりゃ飲みに行きたいモンでしょ!
~1/21分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

王様の独り言(88)/考える人

フジテレビで火曜深夜に放送されている『考える人』って番組にハマってます。
浜ちゃん司会で松っちゃんを含め、8名がパネラーとしていて、
○○のキャッチフレーズを考える!といった類の公募に挑戦するというモノなんですが、オモシロイっすよ。
ちょっとした、わかりやすい大喜利とでもいうんですかね。
浜ちゃんの回しのウマさと、パネラーが幅広い層から集められているだけあって、
いろいろな答えがあり、その答えがオイラにとって笑いのツボになってるんですよね。
この前見たのは、お金をテーマにした川柳で。

お金がない、おっかねえほど、お金がない

くだらなすぎる。
くだらなすぎるけど、深夜にはいい感じのくだらさなで笑っちゃうんですよね。
この番組、オススメします。
個人的には『ワールドダウンタウン』も捨てがたいほど、面白かったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

王様の独り言(87)/送別会の季節

ここの会社って、2月というのは毎年なにかしらの送別会があるんですよ。
不思議なことなんですけど。そして今年も…。今
年は我らの本部長・うんにょが送られる側となってしまいました。
幹事のBやくんに聞いたところ、なんっと出席者は75名。
うんにょの人を集める力もすごいが、幹事坊やくんの奮闘振りもすんごいっすよ。
・・・ただ、、、

75名という数字を聞いて、思わずヒイてしまったのはオイラだけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.20



みのもんた主演2時間ドラマをチラッと見かけたが、
みののアップはキツイねえ。
顔は浅黒く、皺くちゃ、キツイのキツイ。
久しぶりに、長門裕之の奥さんの南田洋子も見かけたが、
かなり老け込んでて、驚き木桃の木。
鼻の下の縦じわが全てを物語っておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



まだまだ、風邪は治らず。。。
今年の(も)風邪はキツイっす。
~1/19分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

王様の独り言(86)/どうなる?金八っつぁん

『3年B組金八先生』を楽しみに見てまして、放送も残り3ヶ月となり、ぶっちゃけたトコロ、ホントにこれから収拾つくのかと心配になってきております。
オイラが感じている、ひっかかってる点。

・しゅうが電話相談を受けている池内先生(吉行和子)に相談しているシーンがあったが、以降、吉行和子の姿が金八先生にない。あれだけの女優をチョイ役で使うとは思えず、なにかの布石なのだろうか…
・前半の問題児だった伸太郎の両親も、かなりの問題を抱えているようだが、どうなんだろう。ちなみに、お父さんはテンションの田口浩正が扮していて、まだ出たシーンは1シーンのみ。これまたなにかの布石だろうか…
・その伸太郎、給食費を払わず、校長先生が肩代わりをしているが、これまた未解決。
・その校長先生も、今なお入院中。そろそろ退院してもいいのだが。。。
・校長先生といえば、春から民間校長を入れる話が桜中学にあるが、これからひと悶着あってもおかしくない。
・そういえば…3Bにシンナーやっていた生徒(孝太郎)がいまして、これもなお未解決のような…
・そろそろ受験シーズン、恒例の受験ネタはいかに?

ドラッグに自殺という、どう考えても丸く収まらないだろうという2大問題が到来し、この話だけでも数話使わなければならないことを考えると、果たして最後までに全て解決しているのだろうか。。。オイラが頭に描いているひっかかりは、全てこれから行われるネタの布石であればいいのになあ。
あゝ、しんぱいだぁー、しんぱいだぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



最近、平原綾香の「Jupiter」を耳にする機会が、
やけに多いのだが、さすがに食傷気味。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

やはり紳助がいると面白いねえ

『まさかのミステリー』に『法律相談所』と、
思わず、紳助復活の回を見てしまったのですが、さすがは紳助!トークがうまいっすよ。
『まさかのミステリー』の最初の方は、ガチガチな感じがしたのですが、
気が付くと、フルに紳助節が聞いてましたねえ。
事件の会見を見るとことによると、かなりしおらしくなって、
これからどうなるの?って感じでしたが、この2作を見る限りだと、
まだまだ、健在!!といったところでしょうか。
フリートーク&人の回し方は、さすがにうまいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



レミオロメンって、いいんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16



アバターに興味津々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.15



ついているのか、ついてないのか、
なんだかわからないが、トラブル発覚につき、休日出勤の残業中!
カンベンしてください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)



まだまだドラクエ三昧!
~1/14分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王様の独り言(85)/雑草魂の名言

坊やくんとマチオケとオイラというのは、この会社での生みの親が同じでして、
通称:高橋門下生にあたるわけです。
3人とも共通しているのは、生みの親のためなら、
例え火の中水の中、ナンでもやらせてもらいます、という精神を持っていること。
いや、これ大げさ抜きにして、ですよ。
その3人と生みの親とで焼肉を食べに行った時のこと…
食事も終わって、外に出た瞬間の坊やくんの名言がスゴイ!

“食った気しないなあ。吉牛でも食って帰ろう!”

正直、かなり高い店なんですよ、
おまけに相当な量を生みの親から食わせてもらって。
さすがは坊やくん、タダモンじゃないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.14

どうなる金八ぁあん

今回はディープな内容になるってことを、前になにかのインタビューで読んだのですが、
とうとうディープゾーンに入っちゃったなあ。
自殺にドラッグ。。。しかも3Bの生徒だもんなあ。
今まで3B全員で卒業というエンディングがあったと思うんだけど、
今回ばかりは、いかがなものか・・・

今回目立ったのが、舞子と玲子の乱闘シーン。
舞子の演技のうまさと玲子の(頑張ってはいるが…)大根ぶりに、
この組み合わせに、思わず笑ってしまいましたよ。
しかしまあ、今回ばかりは尋常にいかなさそうだなあ。
金八ぁつぁんの背中に、嫌に弱弱しく見えるもんなあ。

そういえば、金八先生といえば、小山内美江子の脚本ですが、
オイラが気づいた段階では、今週・先週分と、
小山内美江子原案の清水有生脚本になってたんですよ。
さすがに、小山内美江子もトシなので、後進に道を譲ったのか、
それとも、あまりにヘビーな展開で、小山内美江子も書けなくなったのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13



新年明けて、半月経ってないのに、
風邪にやられてしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ここにきて、異動のウワサあり!
~1/12分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



『報道ステーション』で古館伊知郎が、
栗山英樹のことを“栗さん”と呼んでいるのは、
ヒジョーに違和感ありありなのである。
~1/11分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王様の独り言(84)/長髪厳禁!

所変われば品変わる。
世の中いろいろですねえ。
最近驚いたニュースの1つが、ノロウィルス蔓延…ではなく、
北朝鮮では男の子は髪の長さを5cm以上伸ばしてはいけないという、
一大キャンペーンをはっているとのコト。
長髪なだけで病院で診察拒否を受けたり、
テレビで実名公表されたりと、えらいこっちゃ状態。
で、なんで長髪がいけないかというと…

脳の栄養を髪が取っていくのでバカになるという、スンゴイ話。

事実無根らしいが、実しやかにメ、
ディアで放送しているという事実が凄まじいんですよね。
男性は5cm以下ならば、女性はというと、、、なんにもおとがめなし。
もちろんバカになることも。
東スポ並のネタに思わず、ニュース番組で爆笑こいてしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.11

王様の独り言(83)/ハッスル!ハッスル!!

奥さんと『僕の彼女を紹介します』という映画を観た帰り…
『カンフーハッスル』のポスターを見かけて、オイラが切り出した会話。
“『カンフーハッスル』って、絶対、小川のハッスルから来てるよなあ”
すかさず、調子に乗ったオイラは何を血迷ったのか…


小さくポーズを付けて“コッスル!コッスル!!”


奥さん、目が白黒で、テン・テン・テン・・・
オイラは、自然にコッスルが出たことに動揺中。
意外なところで、同僚が生み出した下ギャグの影響を受けていたみたいっす。

ちなみに、その後、言い直そうとして、
“シッコク!シッコク!!”と言ってました。
これまた、ヒジョーなる勘違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10



今日は奥さんの誕生日だったりもする。
おめでとぅうう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ドラクエ8に夢中です。
・・・発売日に買ってはいたのですが・・・
~1/9分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



年末年始の長期休暇後の3連休は、ヒジョーにありがたい。
~1/8分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



TBCのベッカム夫妻とNEWS山下くんのショットは、
いくらなんでも、ムリありすぎな合成だと思う。
~1/7分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.06



ここに来て、ネットオークションにハマってみたりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

王様の独り言(82)/あけまして・・・

1/4、今日は仕事初めだったわけでして。
前日までは長期休暇による恒例の昼夜逆転現象により、
ホントに定時出社できるかどうか、ビクビクもんだったのですが、
ふたを開けてみると鶏も驚く早朝起床。
しかも…寝て3時間で起きてしまったという、傍から見ると気合入りまくりの現象。
実のところ、ただ単に“寝坊しないか”ということに加えて、
“長期休みの後に必ずサプライズが待っているかも…”なんてことを考えているうちに、
心配がMAXに達して起きてしまっただけなのですが。。。
おかげで本日は一番出社でしたよ。
でもって、現在激しい睡魔とバトル中でございます。

新年1発目がこんなアンバイってことは、先が思いやられます。

ふと周りを見ると、長期休暇後よくある光景で、ほとんどの人がポカ~ン状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



年賀状で目にした“たまには連絡しろ”のコメント。
連絡している上で、そうならごめんなさいだが、
自分は何もせず、受身一方なのに、そういう言われ方をすると、
たとえ無二の親友だとしてもムカついてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

義父さん義母さん、ありがとう

よくよく考えましたら、明日から会社ですよ。
休みって、ヒジョーに短いっすねえ。
ってなことを、毎年言ってるような気がしますけど、今年は特に短い!
あゝ、もうチョイ休みたいなあ。
今週末は3連休だとしても、待てないですって。
ってなことを言っても、オイラぬゃ守らなければならないし、必死こいて頑張りますよ。

年末年始の最後、何をしていたかといいますと、
マイ奥さんのお父さんとお母さんに会ってましたよ。
なんっと、お父さんから冷蔵庫のプレゼント!
自動製氷にチルドまで付いていて、オイラの身長よりも高いという家庭的代物。
今まで使っていた冷蔵庫は一人暮らしの時にずぅぅっと使っていたものですからね。
格段とグレードアップした感じですよ。
人間って不思議なモノでして、冷蔵庫を買い換えただけで、
なんだかお家が一段と華やかになった感じがするんですよ。
ありがとうございました!

でもって、いくらと数の子に林檎と蜜柑をおみやに貰って、
無事、オイラの年末年始は終了。
かなり、これから山場が待っているっぽいんですけどね、
なんとか、頑張っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年賀状

オイラ自身、比較的マメな方かとは思うんですよ。
もちろん、手を抜くトコは、おもいっきし抜くんですけど。
でもって、なにげに力を入れているのが、年賀状。
去年の年末は、バタバタ三昧で慌てて、年明けて1/1初詣に行くついでに、
ようやく投函したのですが…
はっきりいって、悲しくなるほど正月(3が日)到着は少なかったですねえ。
ここまで、オイラは人気がないのかってくらいで。

よくよく考えてみると、オイラ、去年引っ越しているんですよね。
でもって、引越し挨拶状を出しておらずでして…、
そりゃ、転送に時間がかかって、年賀もこないっちゅうのね。
本日、ようやくチビチビと到着しまして、見てみると、
“たまには連絡よこせ”と書いている人間がいる。
こいつは、去年も同じこと書いてたんですよね。
でもって、笑えないギャグとして“次連絡が来るのは葬式のときかも(笑)”。
(笑)って便利だよねえ、その一言をつけるだけで、ギャグにしてさらしてくれる・・・って、
笑えましぇーん、しぇーん、しぇーん。

こいつから連絡したうえで、“たまには連絡よこせ”と書くなら、
ごめんなさいですむけど、自分から連絡もよこさず、連絡くれってねえ。
なんって、自己中なんでしょ。
ふと、こいつの下で働いている現場の子は可愛そうだと思いましたよ。
まあ、こいつはオイラの中学のときからの無二の親友であるんですけどね。

とりあえず、掃き溜めしときました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ここで問題です!
「一月一日」をフルコーラスで歌ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

うんまいデザート発見「シュクレペール」

東京で一番美味しいといわれているデザート、“バニーユ”なるモノを、
取り扱っている『シュクレペール』が溝の口の丸井にあったんですよね。
本来ならば、二子玉川に行かなければならないんですけど。。。
思わず、買ってみましたよ、バニーユ。
十何個と残っていたのですが、
前にいたお客さんが2個を残して買い占めてしまったことも、
オイラの買い物魂に火をつけたんですけどね。


うんまかったなあ!!!
頬っぺた落ちそうになって、ビビりましたって。
クリーミーなんですけど、クリームクリームでくどくもなく、
甘みを丁度いいアンバイで、甘すぎずモノ足りもせず、スイスイと食っちまいましたよ。
これから、かなりハマりそうです。

この段階で『スーパーサイズ・ミー』で学んだことを忘れてしまっていて、すみませぬ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

勝手に2004年のシネマ5!

よく見ているwebサイトに東奥日報ってぇトコがあるんですよ。
青森県八戸出身のオイラとしては、ここで青森情報を得て、
日々懐かしんでいるんですが、企画モノで2004年の映画ベストテン、
なんってことをしてまして、応募してみましたので、
ついでにここにも掲載しておこうかなと思っております。
条件は、青森県内で上映した洋画・邦画を5本ずつベストを選ぶというものです。

で、オイラのベスト5!

□邦画
1.いま、会いにゆきます
(オチはずっこけモノだし、ネタはありきたりなのですが、作品自体丁寧に描かれていて、
 人を好きになる素晴らしさ、大切さを教えてくれます。非常にキュン!となる映画です)
2.笑の大学
(役所広司と稲垣吾郎の演技にやられました。役所は狙っていないのに、
 ひとつひとつの行動がツボで笑えてくる…三谷幸喜の脚本、やってくれます。
 舞台版と比べても遜色はなかったと思います。むしろ、バージョンアップ済み)
3.世界の中心で、愛をさけぶ
(柴咲コウを主役に担ぎ出しているのにはムリがあるモノの、原作がしっかりしてるので、
 安心して観られて、思わずプチカンドーしてしまいました)
4.スウィングガールズ
(楽しめます。脇を飾る役者さんも粒ぞろいで、さすがはウォーターボーイズ!
 …ただ、この手は三番煎じはないだろうなあ)
5.きょうのできごと
(淡々さ・世界観がいいですねえ、なかなかの佳作ですよ)

□洋画
1.スクール・オブ・ロック
(バカバカしく、くだらなく、頭をカラにして楽しめる作品、
 劇中に流れている音楽がまたいいんですよ。ジャック・ブラックがヒジョーにいいっす)
2.ヴァン・ヘルシング
(痛快娯楽作!モンスターがうようよでる割には、
 きちんと整理されていて話も見やすく、楽しめました)
3.ラブ・アクチュアリー
(これは…作品自体の雰囲気ですねえ)
4.ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
(2作目がよかった惰性というか…まあ3部作お疲れ様ってことで)
5.ラブストーリー
(韓国の映画で「カノン」の曲が多用されている疑問はあるが、じんわりしましたよ)

週一ペースで観ていて、それなりに本数は稼いでいると思うのですが、
洋画がビミョーに不作なような気がしますねえ。。。
でもまあ、どれもちょっとはそっとはそれなりに、面白かった点もありましたし、
その面白かった分量がどれだけあったかで、勝手に順位をつけてみました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (4)



正月が過ぎ去るって…早いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.02

教育映画『スーパーサイズ・ミー』

ナメてましたねえ。
前評判や予告を見た限りですと、被験者が1ヶ月間マックを食べ続けて、
ブクブクになってしまい、その姿を笑いにでも行こうかという、
ライト感覚な作品かと思ってましたが、ところがどっこい深い深~い作品でしたよ。
笑える部分も、微々っとあるんですが、
ほとんどが“へぇ~”だったり、考えさせられたり、
思いもつかない現実にヒイてしまったり、と『スーパーサイズ・ミー』恐るべしでしたよ。

被験者がマックを30日間食べ続けることによって、
健康を害されることを克明に描かれてますが、
それと同時に被験者であり監督である、モーガン・スパーロックが取材をし、
アメリカが(いや、日本も当てはまりますが…)抱える食文化の問題を、
浮き彫りにしているんですよね。
「マックを食らう」というのは、あくまでその一部を担っているだけであって、
この作品が描こうとしているのは、もっともっと大きな問題なんですよ。
コレステロール、中性脂肪、脂肪肝、痛風…などなど、
太っちょ体質のオイラから見ると、頭が痛くなる話題のオンパレード。
本年の人間ドッグに向けて、健康管理をしっかりしなければと強く誓いました。

結構、グロイ場面も映しているんですよね。
スーパーサイズのバーガーを頬張り、気分が悪くなり吐いてしまうトコや、
極め付けが、肥満手術をまざまざと映し出したり。。。
まあ、腹腟鏡を使ったものですので、腹をカッさいたりするのではなく、
腹の中にある腸をおもいっキリ映しているだけなので、
ホルモンのドアップを見せられているようなものなので、
そんなにヒクわけでもないのですが。。。

帰りの頭の中には、痩せなければという思いと共に、
テーマソングで使われていた「スーパーサイズ・ミー」の曲が、
頭ん中をぐるぐると回ってましたよ。
・・・ちなみに、名だたる着メロサイトでは、なかったですねえ。
是非とも、欲しかったのに。。。
そうそう!プログラムにも工夫がしてありましたねえ。
ブックカバーが、ファーストフードのハンバーガーを包む紙みたいになっているんですよ。
でもって、作品中に出ていた、“アメリカ人はバカでデブだ!”には、
思わず、アメリカ人は何を思ってこれを観ているのだろうと笑ってしまいましたねえ。
普段、荒れた食生活をしていたり、太っている人には、
是非とも見てもらいたい映画ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

津田山駅のホームからみえる光景

JR津田山駅の武蔵溝ノ口方面のホームにある幼子字の手書きの看板
↓ ↓ ↓

・あまりのチープ感は計算か?
・夢パークってなんなのか?
・なんで手書きか・・・
ず~~っと気になっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月深夜の仁義なき麻雀勝負

驚きましたねえ、正月深夜のフジテレビとテレビ朝日、
フジが『われめDEポン』、テレ朝が『麻雀スタジアム』。
去年の27時間テレビでは、SMAPを切り口に、
よもやの競演を果たしたとは思えませんでしたよ。
『われポン』は、どちらかというとやや正統派で、
『麻スタ』は、バブリールールもりだくさんでイベント性を重視したつくりでしたね。
『われポン』は出演者4人ですが、『麻スタ』はペア対戦の8人というもの、
その違いを表していたかのようですし。

オイラは、出演者を天秤にかけて、『麻スタ』をチョイチョイ見てました。
ガッツ石松に思わず笑ってしまいましたねえ。
うろ覚えで申し訳ないですが、ここに記しておきますと、
ガ“とり年のとりは、なんで酉って書くのかなあ?”
~司会者、絶句~
ガ“昔のとりは、酒を飲んでたのか?”
~司会者どころか、その場にいた人、全て絶句~
天然でも計算でも、ガッツはスゴイっす!
年の初めから、まざまざと感じ取ってしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココアシガレット

年末のお買い物で、近所のマックスバリュで、
ちょっとした贅沢で、ココアシガレットを30円で購入。
ヒサブリに食べたんですけど、これがなかなかイケてしまう。
ココアじゃなくて、ハッカなんですけどね。

思わず、oriconと読んでしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



年末年始の特番では、お笑い芸人多数出現!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

ついつい見てしまった『かくし芸』

正月といえば…個人的には、日テレの『仮装大賞』ですが、
今年は、放送がないんですよね。
香取慎吾もプラスしたのに、よもやの打ち切りかと思いきや、今年は1/7(土)とのこと。
たぶん見ないと思うんだけど、ちょっこすホッとしましたよ。

で、今年はどうしてたかというと、惰性に任せて、久々に『かくし芸大会』を見ましたよ。
相変わらず、昨今の『かくし芸』は小粒な出演者ですねえ。
マチャアキの個人芸だけは楽しみですが、
別にねえ、マルシアが泣こうが、中山秀征がカメラ目線にカッコつけようが、
ネプチューンや恵俊彰が頑張ろうが、なんにも伝わってこないんですよねえ。。。

今年、印象に残ったのが、演目の合間合間にあった応援合戦。
応援合戦というより、若手お笑いのネタ出しなのですが…、
お笑いブームを感じてしまいましたねえ。
マチャアキや鶴瓶が笑っているのに、
全然表情を変えてなかったのが、総合司会みのもんた。
力が抜け切っているのか、お笑いがお好みでないのか、
他ではニコニコと笑っているのに、ネタ中にふとカメラを抜かれる、
みのもんたの表情は、尋常じゃない素の顔してましたよ。

でもって、演目。
えなり兄弟や恵俊彰がマチャアキがやった芸をやってるんですよね。
二番煎じ、三番煎じだと、パワーアップするべくなのに、
ヨタヨタとなんとかこなすという模様。
他にネタがないのか、Mr.かくし芸に相当の憧れがあるのか。
でもって、得点が50点というのがビミョー。
ちなみに…、松浦亜弥と氷川きよしの演目のみが49点で、あとは全て50点。
『仮装大賞』で泣くことによって、点数が上がるのは認めるが、
『かくし芸』でマルシアやマチャミ、アヤパンが泣いてもねえ、、、
ヒクだけで同調すらもできましぇんって。

マチャアキは流石、見させてもらいました。
やはり『かくし芸』というのは、マチャアキの芸を見るためのもので、
他の演目は、大トリ・マチャアキのためのフリみたいなものなのでしょうか。。。
『レコ大』『紅白』同様、『かくし芸』も岐路にいるのかなあ。
あ、そうそう、植木等が異様に老けて見えてたのも、印象度大でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は近所に初詣

去年は横須賀でカウンタダウンをしましたが、今年は一転我が家でカウントダウン。
ナイナイ特番を見てから、近所の神社まわり。
まずは身代わり不動尊、休日の昼間はキンキンに混んでいるのに、
今日は若者ばかりで、しかも全体的にくら~いくら~い雰囲気。
よく見ると、初詣は1/1の朝からになってるんですよね。
とりあえずは、お賽銭入れて拝んでみましたが。。。
オイラの家の周りには、何軒か神社があるんですよ。
せっかく外に出たし、ついでとばかりに神社巡りで、2軒目は神明神社なるところへ。
身代わり不動尊は閑散としていて、なんにもサービスはなかったのですが、
神明神社では、近所のおとっつあんとおかあちゃんが集まって、
お神酒と甘酒のサービス・・・甘酒がうまかったなあ。
その後に溝口神社へ。
ここは、すごい混んでましたねえ。
甘酒サービスは勿論、屋台も出ているし、お参りするまでに待ちも控えている。
あまりにも初詣~って感じだったので、ついついお賽銭も100円という大盤振る舞い。
溝の口に住んで8年ですが、こんなトコがあったとは露知らずでしたねえ。
甘酒は、個人的には神明神社の方が口に合ってましたが。
おまけにお守りまで買ってしまいましたよ・・・
雰囲気に流されて申し訳ありませぬ。。。

家に帰って、正月の朝刊のチラシを見ていたら、
コジマ梶ヶ谷店で福袋のお知らせが。
5万円で25型ステレオフラットテレビと160GBのHDDレコーダーが!
2年近く前にオイラがHDDレコーダーは80GBで10万円だったのに。。。
たしかに昨今のHDDプレイヤーは安くなってますけどね、
5万円でテレビ付とは驚き桃の木山椒の木ですって。
ところが先着10名様・・・この10名という数字で一気に盛り上がりは消滅。
10名じゃ、買えないってねえ。
おまけにこのクソ寒い中、並びたいとも思わないし。。。
うまい話って、なかなかないもんでがすね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ナイナイ年越し特番のケツダルマのくだらなさには、
思わず、笑ってしまいました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »