«  | トップページ |  »

2004.06.01

見るほどにハマっていく『ワールドダウンタウン』

別に意見をもらったから書くというわけではありませんが、
なにげに毎週見ているのが『ワールドダウンタウン』。
はじめて見た時には、どーなるものぞという感じでしたが、
別に見たくないほど毛嫌いするモノでもなく、
どちらかというと、「これからどうなるのだろう」と、
気になる方が強く、思わず見続けていましたが、
最近、めちゃめちゃハマっているんですよ。

だんだんとキャラクターの設定が生きてきましたねえ。
ジルの“エキセレン~ト!!!”に“ハマタ”、
ニコラス・ケイジに似ているジョージにナタリア。
表情もいいが、一昔前のUFO番組や『いいとも』のマッスルを思わせるような、
日本語吹き替えもいい味だしてますよねえ。
ちなみに、日本語吹き替えはビビる大木ではないかと、
うちのラフティくんは推測しておりますが…

ニュース形式ということもあって、
海外(アジアですが)の出来事をレポーターが取材しているVTRを見て、
味のある外人衆3人とダウンタウンがコメントするのですが、
このVTRも“んなワケねぇだろ”という独特の味があるんですよね。
でもって、なかなか見る事ができない、
ダウンタウン(特に松本人志)がイジられるという図式が、
いい空気を醸し出しているんですよ。

くだらなすぎて、かなりのオススメです。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/784777

この記事へのトラックバック一覧です: 見るほどにハマっていく『ワールドダウンタウン』:

«  | トップページ |  »