« これこそ三国一の不運ぶり | トップページ | 津川雅彦がいい『離婚弁護士』 »

2004.05.06

『うたばん』に見る大泉洋への違和感

この前、カラオケに行った時、大泉洋 with STARDUST REVUE「本日のスープ」を、
歌おうとしたところ、惨敗模様だったんですよね。
この歌なにげによくて、もう一度聴きたいなあと思っていたところ、
今日の『うたばん』に出るということで、チェック。

先週の「お笑いネタ見せ企画」といい、
今週は杉田かおる登場の「うたばんスター誕生」といい、
『うたばん』も、かなり企画モノに偏ってきてますねえ。
バカバカしくて面白いんですけどね、こういう番組になると、
出るアーティストも限られてくるんだろうなあと、他人事ながら心配してきますよ。
杉田かおるのキャラクターを全面に出した企画も終わり、いよいよ大泉洋の登場。

存在は知っていたんですけど、はじめての目撃に近かったんですよ。
『水曜どうでしょう』は流れていないし、DVDも未見、
『PA PA PA PA PAFFY』に出ていたけど、その当時は注目もせず、
映画『千と千尋の神隠し』や『茄子』の声の出演は知っていたけど、
素は見たことなかったですからねえ。
頑張ってはいましたけど、ちょっと頑張りすぎの空回りのような感じがしましたね。
大泉洋を知っている人は、あれでアリかもしれませんが、
はじめてに近い人から見ると、“なんだ、あの前への出方は”
“なんだ、あの態度のでかさは”なんて思いが先行してしまうんですよね。
歌はなかなか上手いし、楽曲自体もいいんですけどね、
あんまり見る機会もなくなるだろうなあと、ブラウン管の前で思ったりもしましたよ。

その後登場したのは、モーニング娘。。
オイラのモー熱も冷え冷え状態となった今としては、
久しぶりに目撃することになったんですけど、
モー娘。も随分薄い存在になりましたねえ。
杉田かおるや大泉洋に、存在感を食われていましたからねえ。
また新曲「浪漫 ~MY DEAR BOY~」も、引っかかることもなく、
なんてことのない曲なんですよね。
案の定、藤本美貴がTOPに立ち、脇を、石川梨華と高橋愛が固める。
なんだか、藤本美貴とモーニング娘。って感じでしたねえ。
モー娘。も安倍なつみが抜け、これから辻・加護も抜け、
藤本美貴と共に終焉を迎えるのかなあ。。。

|

« これこそ三国一の不運ぶり | トップページ | 津川雅彦がいい『離婚弁護士』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/564356

この記事へのトラックバック一覧です: 『うたばん』に見る大泉洋への違和感:

« これこそ三国一の不運ぶり | トップページ | 津川雅彦がいい『離婚弁護士』 »