«  | トップページ | 『うたばん』に見る大泉洋への違和感 »

2004.05.06

これこそ三国一の不運ぶり

気分は五月病ですが、生活を支えなければと思い、会社に向かう。
その日の朝は、電車自体が6分遅れの運行になっていたんですよね。
電車ってヤツは、遅れ始めると、本来ならば乗ることもできないお客さんも、
下手すると乗車できるようになり、より混雑する現象が見られるんですよね。
おまけに、無理に乗ろうとするから、発車自体も遅くなる。。。
オイラ自身、ギリギリで通勤しているわけではないので、
これもよくあることだと、諦めに似た納得をさせてましたよ。

青山一丁目の駅で都営大江戸線に乗り換えるんですよ。
大江戸線といえば、日本で一番地下にある(らしい)六本木を通ることもあり、
エスカレーターや階段を使って、地下に地下に向かわなければならないんですよ。
その間に、東京メトロと都営線の狭間にある改札を通らなければならない、と。
ホームに下りて、乗り換えのためにエスカレーターで改札に向かうんですよね。
ここで定期を用意して、スムーズに改札を通ろうとする思惑があるんですが、
五月病からか、思わず手が滑って定期を落としてしまうんですよ。
ヒラヒラと下に舞っていく定期を見ながら、拾わないとと腰を屈めようとしたところ、
その定期は、エスカレーターの階段と手すりの間にある隙間に、
一直線に向かっているんですよ。
ヤバイと思った時には、もう遅く、定期は隙間の中に身を隠す有様で。

この定期、1ヶ月(8500円相当)、期間が残っているんですよね。
不思議と焦りどころか、思わず、ニヤけている自分がいるんですよ。
怖いのは、ここで頭をよぎったのは、いい日記ネタができたということ。
駅員さんに話に行くと、エスカレーターというのは、
月イチの点検でしか開けられないらしいんです。
それ以外でエスカレータを(定期を拾うために)開けるということは、
22000円掛かるらしいんですよね。
次に開けるのは、5/17。
良く使う定期ならば、新規で購入して、定期が見つかったら、
10日毎に返金できるらしいので、そうやってやりくりした方がというありがたいお答え。
定期っつうのは、よく使うから買うんだろという思いもよぎりましたが、
心の中では諦めムード一色で、落としたオイラと、
エスカレーターの下に落ちていく不運が悪いんだと、納得。

結局、新しい定期を買ってしまいましたよ。
しかしねえ、34年間生きてきて、
エスカレーターの下に定期を落とすとは思わなかったですねえ。
あんな狭い隙間に定期がヒラヒラ落ちていくとは。。。
こういうことが不運っていうんだろうなあと、実感です。

なんとか定時ギリギリに会社に着くと、朝イチでTOPに呼び出し。
webに掲載するために写真を集めろという指示。
オイラはwebではなく、携帯班なんですけどねえ、
おまけに、携帯では写真は使わない。。。
理不尽ながらも、TOPに圧倒されつつ、ハイと言ってしまいましたよ。
もともとは、他部署の長(韓国帰り)がその担当を任じられてたらしいんですよ。
オイラにお鉢が回ってきたことで、その韓国帰りは、
オイラに責任を押し付け始めてきたんですよね。
とりあえず、やりますけどね、無責任人間が多いトコってイヤですよねえ。
でもって、そういう人間に関して、多くの給料を貰っている。。。
あゝ、世の中は無情ってヤツですよ。

|

«  | トップページ | 『うたばん』に見る大泉洋への違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/564263

この記事へのトラックバック一覧です: これこそ三国一の不運ぶり:

«  | トップページ | 『うたばん』に見る大泉洋への違和感 »