« 眠いものは眠いでしょ | トップページ | 脇役がいい味出してる『下妻物語』 »

2004.05.29

ニコタマ・パラダイス

前々から気になっていた玉川大師に行ってみたんですよ。
目玉は本堂直下にある地下霊場。
なんでも、四国88ヶ所西国33番両霊場のお大師様・観音様が、
約100mの順路に祭られているという代物なんですよ。
通路は所々は真っ暗闇になっていて、右手を壁に当てて、
手探り状態で進んでいかなければならないという感じでして、
お寺という雰囲気からか闇に圧倒されたりしましたねえ。
最初のうちは、普通に手探りで歩いていけるのですが、
距離がそんなにないにも関わらず、歩いているうちに闇に負けそうになるんですよ。
負けるというのは、押しつぶされそうというか歩みが止まりそうになるといいますか…。
いやいや、ちょっとでも心に油断をするものなら、
ホントにその闇の中で止まったままになりそうでしたよ。
なかなかいい場所ですよ。
入園料として100円かかるんですけど、
100円以上の価値がある落ち着いた場所だと思います。

この玉川大師に行くために、二子玉川駅で降りるんですけど、
このニコタマって駅のエキナカはスンゴイですよねえ。
布田波屋という蕎麦屋ができたんですよねえ。
駅の蕎麦屋というと立ち食い系かと思いますが、立派も立派なお蕎麦屋さんで、
お店の中にキッチリとトイレまで用意しているくらいなんですよ。
「板そば」という山形名物が目玉商品ですが、
個人的には四国は南予名物の「じゃこてん」があったことがポイント高かったですねえ。
東京で「じゃこてん」にお目にかかれるとは思わなかったですモノ。
味はまあまあでしょうか。
板そばのかき揚げ汁そばを注文してみましたが、
蕎麦もなかなか、かき揚げもなかなか、汁もなかなかなんですけど、
かき揚げが予め汁の中に入っていて、食する時間が長くなると、
汁がかき揚げ中に行き渡るので、かなりしょっぱくなってたのが難点。

玉川大師に話は戻って、
その後にニコタマ名物の牛舌料理屋「火独楽」に行ったんですよ。
牛舌料理屋というだけあって、メニューにあるのは牛舌料理がほとんどで、
牛舌の刺身にステーキ、カツにハンバーグにサラダ。
ここの牛タンの刺身はサイコーですよ。
口の中に入れた途端のとろけ具合といえば、言
いようがない程の食感でして、あっという間にペロリ。
是非ともオススメします。
が、店内が狭い上に混んでいるので、慌しく、
余程の根性がないと長居できないのが難点でしょうか。

でもって、その後は、多摩川に行き、ラフティくんとボケラ~。
こういうまったり感って好きなんですよね。
目に入るのは川の流れと餌をとろうと川の中に落下する鳥ですが、
ちょっとした贅沢感を覚えるんですよ。

二子玉川、なかなか侮れないと思いますよ。

|

« 眠いものは眠いでしょ | トップページ | 脇役がいい味出してる『下妻物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/749791

この記事へのトラックバック一覧です: ニコタマ・パラダイス:

« 眠いものは眠いでしょ | トップページ | 脇役がいい味出してる『下妻物語』 »