« やってくれるぜamazon.co.jp | トップページ |  »

2004.05.22

なんだかいろいろとエゴを感じた日朝首脳会談

前報道の段階から、いかにも家族が帰ってくるんじゃないかという煽りがあり、
失礼ながら、これで帰ってこなかったらドーするんだろうと思いつつ、
空いている時には、ついついテレビにかじりついていましたねえ。

オイラが感じたことは、マスコミ・識者はじめとして、
いろんな人が“失敗だ!”なんて騒いでいるじゃないですか。
あれ、なんかおかしい感じがするんですよね。
拉致議連の平沼さんなんか、“俺が行ってもできた”なんて言ってたじゃないですか。
だったら、首相が行く前に、北朝鮮に行ってきて、
連れてきてみろと思ってしまうわけですよ。
横田さんをはじめとして、家族会の人から見ると、
やっぱり、自分の血縁者の情報が入ってくるのが一番なんで、
声を荒げて怒るのも、多少は納得できるのですが、
マスコミに登場の識者のみなさんまで、声を荒げることはないかと思うんですよね。
まずは、蓮池さんや地村さんに対して、
“良かったね”の一言でもあって然るべしかと思うんですよね。
人をいたわることって、人間として大事なことだと思うんですよ。

8人の帰国が第一優先と言っている人もいましたが、
結局は、ジェンキンスさんがダダをこねて、帰らないじゃないですか。
それなのに、8人帰ってこないのは失敗だなんて言うのもどうかと思うんですよ。
その点、オイラの中で株が上がったのは曽我さん。
自分の家族が帰ることができなかったのに、
蓮池さん、地村さんに“おめでとう”と言ってあげたり、
ちゃんと記者会見にも同席してたりして、ホント、母は強しだと思いましたよ。

小泉さんが選挙の手段に訪朝を使っただとか、
拉致家族と引き換えに援助のカードを切ったとかという話もありますが、
とりあえずは、蓮池さん、地村さんの家族が帰ってくることに対して、
焦点を合わせて、記してみました。

|

« やってくれるぜamazon.co.jp | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/643077

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかいろいろとエゴを感じた日朝首脳会談:

« やってくれるぜamazon.co.jp | トップページ |  »