«  | トップページ |  »

2004.04.27

お仕事噺~突然、人事異動

昨日、茶王がもしかすると異動する事になる話をかぎつけて、
今日の昼は、慰めをかねて、朝イチで茶王をランチに誘ったんですよね。
席に戻ると、生みの親がやってきて、
オイラに人事異動の話が持ち上がっているとのこと。
行き先はweb制作、社的にもプライオリティが高いが、
いかんせん吹き溜まりのような人員配置で、なにもかも不透明なところ。
常々、オイラ自身、別に異動はいいがあそこだけは行きたくないと言っている所である。
結局は、生みの親がTOPに掛け合ってくれて、
異動は保留になり、webの仕事を手伝うということで着地したのだが…
昨日に続いて今日もまた、生みの親に助けられる。
骨身に染みて、上にいる人間次第だなと痛感です。
これが生みの親ではなく、副本部長のblueが先に言われていたら、
間違いなく異動決定だと思うと、運命の歯車って恐ろしいと思いましたね。

とりあえず、webの打ち合わせに参加してくれということで、
会議室に行くと、目の前に並ぶのは豪華なメンバー。
なんでオイラがここにと思う一方、だんだん頭が麻痺してきて、
“もしかして、オイラは他部署に渡って、仕事ができる男では”なぁんて、
妄想を募らせていくと、その妄想がくだらなすぎて、なんだか笑えてくるんですよね。

話は“時代はレビューだ!”なんていう、くだらなすぎる結果に巻き込まれて、
とりあえず、オイラがDVDのレビューを20本用意することになったんですよ。
しかし、見もしないレビューを20本といっても、そうたやすく用意できるわけでもなく、
グズっていたら、20本が15本になり、15本が10本。
映画を観る事が、胸を張っていえる趣味ということもあって、
レビュー用のDVD10本のうち、観ていた作品もあって、
今日は、レビュー作りにいそしんでましたよ。

しかしねえ、別にいきなりレビューを10本書くのはイヤだというわけもないが、
なにかあれば、ちょすかにお願いすればという流れが出てきそうで困惑気味ですね。
もともと、web制作の人間は、仕事ができるタイプでもなし、
なにかあれば、人に責任を押し付けようとするblueタイプの人間ばかりだし、
ヘンな渦に巻き込まれ始めたようで、イヤですねえ。
オイラがDVDレビューを10本書いている時、
元MePと元ドリスピのwebの人間が笑いながら、帰路に着く姿を目撃したんですよ。
他部署の人間が、死ぬ気で頑張っているのに、
お前らはナンナンだ!と、正直、怒り心頭気味になりましたよ。

そんなオイラの流されぶりを、フクヘンを筆頭に、
腹を抱えて笑ってくれているのが、せめてもの救いでした。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/510711

この記事へのトラックバック一覧です: お仕事噺~突然、人事異動:

«  | トップページ |  »