« ユン様フィーバーに沸く『冬のソナタ』(2) | トップページ |  »

2004.04.11

トンでもなく美味しいうどん屋を発見

最近、美味しいうどん屋に行きたくて行きたくてしかたがなかったんですよ。
オイラのない頭をひねってみると、夢吟坊という店が浮かんだんですが、
ラフティくんがネットで探してみると、家からバスに乗ってちょっとのところに、
『綾』という讃岐うどん屋があることを突き止めたんですね。
なんでも高松にある有名な『あたりや』といううどん屋で修行していて、
でもって、午後3時には麺がなくなり、店も終了。
おまけに、見るホームページ全てが褒め称えていたんですよね。

バスに乗らなければならないという手間はあるが、
せっかく、家から近いところにあるということで、行ってみたんですけど、
ハッキリ言って、こんな美味しいうどん屋には、
今までお目にかかったことがなかったですよ。
店内は、20席弱という席数のため、到着早々、待たなければならなかったのですが、
店から出るお客さんからは“美味しかったあ”という声も聞こえ、
入り口近くにある棚には、無造作に美味しそうな天ぷらがならび、
厨房では、店主がうどんをうっている姿を見ると、否が応でも期待してくるんですよね。

メニューを見ると、
ひやひや/ひやあつ/あつあつ/ゆだめ/しょうゆ/じょうれん
ラフティくん共々、ひやあつの大を頼み、
オイラは、いなりずしとゲソとアジの天ぷら、
ラフティくんは、えびてんとゲソの天ぷら、しめて1450円。

薄味のおだしと1本1本噛み締めて食べられるモチモチしたうどん。
至福のひと時でしたねえ。
溝の口から宮前平駅行きのバスの乗って、
大蔵で降りて、すぐのトコなんですけど、ここは絶オススメです!
このうどん屋に出会ったことにより、オイラの引越し計画で、
溝の口近辺を離れたくなくなりましたからねえ。
ちなみにオイラ達が行った時間が14:30前、
店を出た15:00前には、案の定、麺もなくなり営業終了となってました。

周りのお客さんを見ると、小サイズで2種類頼んでいるんですよ。
オイラははじめてということもあり、目先の欲求で、
大サイズのうどんを頼みましたけど、次行く時には、このツウな頼み方のように、
しょうゆとゆだめでも頼んでみようかと思ってます。

うどん屋を後にして、宮前平駅前のTERRY'Sでお茶をして、
またまたバスに乗り、東高根森林公園へ腹ごなしのお散歩。
スゴイ光景を目にしましたよ。
至る所におたまじゃくしのチョロチョロチョロチョロ。

ここまでいると、かわいげもないモンですって。

|

« ユン様フィーバーに沸く『冬のソナタ』(2) | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/427626

この記事へのトラックバック一覧です: トンでもなく美味しいうどん屋を発見:

« ユン様フィーバーに沸く『冬のソナタ』(2) | トップページ |  »