« ヨモギダくん驚きのニュースと初めての債権回収電話 | トップページ | 仕事のグチ »

2004.03.18

わかっていてもやられた『白い巨塔』最終回

予定調和の展開とはいえ、『白い巨塔』の最終回にはやられました。
一番デカく心に響いたのは、財前と里見の関係ですね。
考え方もやり方も違う2人で、
対立もし、裁判では原告側と被告側に付き、争いもやったけど、
結局、2人ともお互いを一番の親友と認めてたんですよね。

この手のドラマだと、有りがちなのが、
最後になると、全員が善人に見えてくるパターン。
今回も同様でしたね、
財前の父ちゃんしかり、奥さんしかり、
全員がこれまでのことを改心し、善人に見えましたものね。
ただひとり、鵜飼学長をのぞいて・・・
鵜飼学長が、権威ある大学病院を代表している風に、
最後まで描かれていたのは印象的でした。

|

« ヨモギダくん驚きのニュースと初めての債権回収電話 | トップページ | 仕事のグチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/322258

この記事へのトラックバック一覧です: わかっていてもやられた『白い巨塔』最終回:

» 「白い巨塔」最終回 [My First JUGEM]
「白い巨塔」の最終回を観ました。 私はこの番組のことが気にはなっていたのですが、 結局3回しか観ることができませんでした。 それなのに最終回を観てしまって... [続きを読む]

受信: 2004.03.19 18:37

« ヨモギダくん驚きのニュースと初めての債権回収電話 | トップページ | 仕事のグチ »