« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.31

キナーゼキナーゼ納豆キナーゼ

納豆ににがりを数滴入れて食べると、便の通りがよいということで、
ここ1週間は、必ず、にがり納豆を食べるようにしております。
効果の程は・・・どうなんですかねえ。
便の通りがいい日はいいんですけど、便秘状態が多くなりましたね。
ガスの通りは、かなりいいんですが。。。

身体にいいことというと、
黒砂糖きのこ水も毎日飲んでいるんですけど、
一次は、最大7キロは減らすことができたんですけど、
油断したのか、減ったのは幻だったのか、
2キロバックしてしまいましたよ。
世の中、なかなかうまくいかないもんです。

とはいうものの、手のイボ八は消え、足のイボ八も消えかけていて、
ラフティくんの見た感じによると、驚くことに白髪も減ってきているようなんですよ。
オイラの心の中では、“まさか~”と半信半疑なのですが…

肝心の黒砂糖きのこは、あったかくなってきたこともあってか、
それとも、器を大きくしたこともあってか、いい感じに育ってきております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



FOMA端末、SH900を買おうかどうか、むっちゃ悩んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.30



帰りの電車、つり革持って、
立ったまま眠れるようになった自分を顧みてみると、
自分もサラリーマンに復活したんだなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仕事にて

どうしても、オイラの仕事ネタを日記に記すと、
アクセス数ががく~んと落ちるんですが、
どうしても、心の叫びとして書きたくなるんですよね。
今日の話題は、仕事のことでして・・・申し訳ありません。

本部長(⇒生みの親)の目線が気になるんですよね。
どうしても、復職に尽力してくれただけに、
この人のためにというのが、先に出て、空回りしてしまうんですよ。
今日もとある事務所の人と話していて、今まで進めていたことが頓挫しそうになり、
勝手に違う妥協案で進めて、後で本部長に報告したところ、
“自己完結じゃないよね、誰かに相談した”の問い、いささかショックでしたねえ。
こういう言い方は、昔からされたこともあるのですが、
特に、今は目線が気になっているだけに、
勝手に、信用されてないのでは…なんて、一人考え込んだりするんですよ。
おまけに、調子に乗ってしまったのか、ちょっと個人的見解を述べてみると、
“そんな言葉はいらない”的なことを畳み掛けるように言われて、
突き放され、オイラの落ち込み度が増してくる…そんな連続の毎日ですよ。

こうして書くと、ヒドイ上司に思えますが、かなりリスペクトはしてます。
なんだかんだ言われても、オイラの心の中では、
『この本部長に褒められるような仕事がしたい』の一念ですから。
ただ、納得してもらうような仕事ができる前に、
こいつを戻して失敗した、と思われるようで怖いということもありますが。。。

仕事はパートナー次第ですね。
どんな人間と手を組むかって重要ですよ。
今週末にイベントが控えていて、朝ちゃん部下のriverと仕事をしているんですけど、
この人物、はっきり言って、仕事ができないできない。
いつも人の顔色見て動いているので行動が遅いわ、
いい報告ばかりするが実際は全然進展していなく、
なにかあると“入って2年ですから”と開き直って、
肝心な時には、人のせいにする逃げ癖もあるんですよ。
おまけに、かなりの理想論者で、広げる風呂敷はデカく、
あまり譲歩しないという、頑固モノの面もある。
正直、riverとはこれ以上仕事したくないと思ってますよ。

今回のイベントは周りの協力が必須で、
あと5日しかないのに、全然社内調整してないし、
なにかあると、オイラのせいになりかねない勢いなんですよね。
この2ヶ月一緒に仕事をした上での予想ですが…
不思議と、このriver、上からは見放されていますが、
現場の人間からは、悪い話は聞かれないんですよね、
好感度が高いというんですか。
まあ、自分の手を汚すようなことはせずに、人のせいにばかりしてますからね。
そりゃ、いいメッキしてますって。

最近、現場のコが、オイラにこんな言葉を送ってくれました。
“捨て駒にならないように気をつけてください”
さすが、現場のコはアンテナが機敏ですよ。
いい線ついてますって、その言葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.29



会社のお偉方が居並ぶお詫び会見、なんか儀礼的で、
あの画からは反省が見られないと思っているのは、
オイラだけではないだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オチなしの生真面目ドラマ『テーマソングス』

ウッチャン、山本太郎、笑福亭鶴瓶が主演を務める、
3本のオムニバスということで、ちょっと期待して見たんですけど、
出てるメンバーの割には、マジメすぎる内容でしたねえ。
お笑いを主にしている人間が、一転マジメな役柄を演じて、
なかなか見させてくれるドラマは多いのですが、
今回のに関しては、ストーリーもパッとしないこともあってか、
全然、響いてこなかったですよ、普通~って感じですかねえ。

全編彩っているのが、つんく♂の歌だったんですよ。
これが、安っぽさに輪を掛けてましたねえ。
なんで、つんく♂か?という疑問ばかりが渦巻いてましたよ。

山本太郎は、自分のキャラを押し出す役柄をうまいんですけど、
今回演じたお母さん想いのマジメキャラは、
お世辞にもウマイとは言えなかったですね。
泣くシーンに至っては、どう頑張っても涙が出てない。
反面、鶴瓶はウマかったですねえ。
悪瓶全快モードの顔が引き立ってましたよ、
泣くシーンも、涙ぼろぼろでしたしねえ。
ひいきも多少ありますが、鶴瓶の演技だけが見モノな1時間でしたなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

長さんとガッツに笑わされた土曜日の次の日

『長さんだヨ!全員集合』、なんでも告別式の次の日に収録されたモノらしいですね。
ドリフのDVDに収録されることのなかった、
荒井注出演のコントや学校コントが見られたのが良かったですねえ。
俳優の顔も持っていた、いかりや長介ですが、やっぱしドリフの顔ですよね。
人が死ぬとなると、湿りがちになりますが、
加トちゃん、志村、ブー、仲本にボコボコにされている姿や、
今のバラエティ番組に大きく影響を及ぼしている、作られたコントを見て、
笑って、その人を偲ぶなんて、なかなかイキだと思いますもの。

NASA音頭なんて、くだらなすぎて、大笑いしましたよ。
♪NASAは良いトコ、一度はおいで、NASAけ深いよNASAの基地~
なんて歌詞に合わせて、踊るドリフの面々のやる気のNASA、いいですよねえ。
放送当時は、『水戸黄門』と並び、偉大なるマンネリなんて呼ばれていましたが、
マンネリと呼ばれるまでの作りこみが、20年以上経った今でも、
普通に笑えるなんて、素晴らしすぎますよ。
最後に、高木~、仲本~、加藤~、志村~と、
怒鳴るいかりやの声には、ちょっとジジ~ンとしてしまいましたよ。

続けて、島田紳助司会、春と秋の定番モノ、
『芸能界の厳しさを教えまスペシャル』のビデオ鑑賞。
『火曜EX』の流れを組む、芸能人をネタに「抱かれてみたいのはどっち」とか、
「1人しか答えませんでした」「中継クイズ!わたしはだぁ~れ」
というクイズ番組ですが、今回のMVPは、OK牧場のガッツ石松でしたね。

「ゆうこ」と聞いて、100人が1人しか答えられなかった、
有名人を当てる時には“そんなゆうこ”と飛ばし、
「亜」がつく有名人の時には、
巌流島の決闘で「あ!」と言ったからと“宮本武蔵”と飛ばし、
書き直した答えには、ただ「あ」が付いているからと“愛川欽也”という自信満々の答え。
さすが、ガッツ伝説ですよ。
あれが、天然ではなく、作られたものだとしても、
よくぞ、そこまでトンチンカンなことを勇気を持って言えるレベルですって。

ドリフは“笑わせる”、ガッツは“笑われる”という違いはあるモノの、
人を笑わせるというのは素晴らしいですよ。
笑っている間は、悩みを忘れて、幸せになれますからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



今まで組織にいたことのない人間が、
上に立つようなことになると、
間違いなく、自分を見失い、トンでもない事態になってくる。
TOP3の悲劇が再び起こりそうな予感・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)



現在、袋小路中。。。
~3/27分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

静かに終わった18年半『ニュースステーション』

久米宏の降板騒動あり、政財界をはじめ、いろんなところから叩かれた事もある、
『ニュースステーション』が、ひっそりと終わりましたねえ。
早くに会社も終わったこともあり、見てみましたよ。
特別に振り返りがあったわけでもなく、
40代、50代、現在の久米宏が共演するCGの一幕はあったモノ、
通常通り、番組は進行していた感じがしましたね。

最後に、ビール瓶を持ってきて、
渡辺真理の“最後まで独りよがり”発言を受けつつ、
一人で乾杯して一気飲みをした場はありまして、
印象的だったのは、久米宏のコップを持つ手が異様に震えていたことと、
キッチリとビール瓶のラベルを見せなかったトコですねえ。
震える手は、感動をしていてなんていう話もありましたが、
オイラの心をよぎった不謹慎なことは歳かなと・・・そんなわけないんですけどね。

結局、古館伊知郎の新番組『報道ステーション』のことを、
一切、触れなかったのも、ビミョーに印象に残りましたね。
いろいろとあったことを象徴しているような一幕でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴にまつわるエトセトラ

本日、お仕事でとある事務所に打ち合わせに。
その事務所というのは、マンションの一室で、
靴を脱いで室内にあがるタイプのものだったんですよね。
1時間弱の打ち合わせも終わり、
靴を履き、外に出ると、なんだか足に違和感があるんですよ。
ちょっと足が小さくなった感があり、若干、靴がブカブカとでもいうんでしょうかねえ。

肝心要にノー天気のオイラとしては、あゝ、ちょっと足がちっちゃくなったなあ、
もしかして、今まで相当むくんでたのかなあ、なんていう流暢なことを考えつつ、
真っ直ぐ帰るのも芸がないしと、お茶でもシバイて帰社したんですよ。
帰社するとすぐに会議のお時間。
会議に参加していると、ワケのわからぬ電話番号の呼び出しが携帯にあるんですよ。
また、ロクな電話じゃないなと思い、無視していると、
同じ電話番号が繰り返しテレフォン。
それも無視していると、現場のコが血相変えて、
オイラ宛に急用の電話があると、あわてて駆け込んでくる始末なんですよ。

面倒くさいと思いつつも、電話に出ていると“靴、間違えてませんか?”
いやあ、マイりましたねえ。
気が付くと、流暢な青森弁で、“足が小さくなったと思ってましたよ”と、
言い訳にもならない言い訳を言い出すオイラ。
あまりにものオイラのリアクションに、
周りからは“おいしいと思ってるんじゃないの”なんて言われたりしましたが、
正直、バツが悪かったですねえ。
慌てて、タクシー乗って靴を返しに行こうと思いましたもの。
結局、向こうが車できてくれるというので、
スリッパに履き替えて、会社の玄関で靴を持って、
車の到着を待ってたんですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



『白い巨塔』のスペシャル、ありゃあないでしょう。
総集編だか、新規モノかわからず。
ただ長いだけのひと時でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



いかりや長介の葬儀のお別れの場面、
一般の人達の「オィース!」という言葉や拍手、
「長さんありがとう」の声にモーレツ感動しました。
~3/25分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

最後に後味を残した『白い巨塔SP』

結局、毎回見ていた連続ドラマというと、『白い巨塔』でしたね。
先週で終わったが、柳沢医局員のその後を描くという触れ込みで、
『白い巨塔』のスペシャルを見てみましたが、ひどかったですねえ。
企画意図はわかるんですが、見ているものから言わせてもらうと、
総集編をやりたいんだか、その後を描きたいのかわからない作りで、
正直、ダマされた感があり、後味悪い一時でしたねえ。

総集編をやりたければ、ちょっと間をおいてやりゃあいいのに、
翌週にやることないですよね。
いくらなんでも、その後を描いたシーンを新しく入れてたとしても。。。

歴史上の文言を借りれば、晩節を汚すというんですか。

第一部は面白かったなあという感想と、
最後は好々爺として、感動してしまった石坂浩二も、
第一部の教授選挙争いでは、ワル丸出しでしたね。
演技は上手かったですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

深夜ノリのいい感じ『明石家さんまのフジテレビ春の大反省会』

去年の春にゴールデンで放送した時には、
ゲストだったお笑いタレント陣の頑張りにより、
とてつもない規模での収拾力のなさを見せ付けてしまった、
『明石家さんまのフジテレビ春の大反省会』。
(しかし、そんな中でのさんまの仕切りぶりは素晴らしかったデス…)
それ以来、放送されることもなく、
闇に葬られたかなと思いきや、深夜に復活してましたねえ。

今回は、ビビる大木、くりーむしちゅー、光浦靖子と、ゲストも絞ったせいか、
ゲスト陣が前へ前へ出ることによる、収拾力のなさは露呈することもなく、
初期の頃のテイストで、純粋にフジテレビに対する視聴者からのクレームを、
制作陣が答えるという、非常に見やすく作られてましたね。

フジテレビは、スタッフも芸達者ですよ。
前半は、『トリビアの泉』のプロデューサーが、
なぜ、ビビる大木が深夜時代を支えていたにも関わらず、
ゴールデン進出することになったら、タモリを迎えたことに、
“ちょっと…”とマジトーンで答えている途中でCMに行ったことで引っ張り。
後半は、『クイズ!ヘキサゴン』のAD、
村上さんの好き嫌いはっきり言うキャラクターにスポットが当たり、
合間合間に、三宅さんや石田待遇、港部長、きくちPがジャブを応酬。
公共の電波で、自分トコの社員を集めて、
身内ウケの、なにをやっているんだって感じになりがちですが、
さんまの、笑いもあり、仕切りもしっかりの司会ぶりもあってか、
スゴイ、まとまったトーク番組を見ているようでしたね。
合間合間に、ドンドコ平畠もビミョーな存在感を出してましたし…

AD村上さんのキャラは、ゴイスーでしたね。そりゃ、さんまもいじり倒しますよ。
バラエティは嫌いで報道に行きたいとか、
電話出演した今田耕司にも嫌いと一刀両断。
あれだけ好き嫌いをはっきりと、本人の意図とは別に、
テレビの前でバッサバッサと言いまくり、
思い切り、表情に嫌悪感を出してい続けたのは、大物ですねえ。
笑いとしてはファン層を掴み、人間としては格を暴落させましたが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)



江角マキコ、史上最大級の、
いいギャグ、かましてくれたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

それでも頑張らないと

お仕事では、生みの親から、1日に1回は注意されてますねえ。
今週にいたっては、2度3度は当たり前。
かなり幻滅させているような気もします。。。
他の人ならともかく、生みの親だけは、かなりリスペクトをしているだけに、
オイラ自身、受けるショックが大きいんですよね。
注意されるオイラ自身がダメなだけなんですけど。

なくした信頼関係は、復活させるのに、かなりの時間が必要なモノですからねえ、
これからの積み重ねって、重要ですよ。
でもって、その積み重ねもチョットのミスで、あっという間に崩れてしまう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)



いかりや長介情報になるべく接したくて、
史上最高のワイドショー閲覧中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22



『Beautiful Life』の再放送を見ての一言。
あの頃のキムタクは、
エレキコミックのボケ役の方に見えて仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

ありがとう、いかりや長介

ラフティくんとの最近の週末定番となっている、
あざみ野の温野菜しゃぶしゃぶで、リーズナブルにしゃぶしゃぶを喰らい、
そこから、久しぶりにセンター南にある109港北シネマズに行ったんですよ。
行き帰りの横浜市営地下鉄では、ずぅ~っと、
4月に公開される『恋人はスナイパー』の中吊りを見つめていたんですよね。
主に、目が行ってたのは、いかりや長介の写真。

家に帰って、ウェブサーフィンをはじめると、
いきなり目に入ってきた記事が“いかりや長介、死去”。
夜中に関わらず、おもいきり声を上げてしまいましたよ。
人間の命には寿命もあり、いつかは来るだろうと思っていたことだけど、
正直、かなりショックで、全身の力が抜け切っている状態です。

『踊る2』の舞台挨拶では元気に復帰し、
ドラマ『あなたの隣に誰かいる』ではだんだんと様子がおかしくなってはいたものの、
なんとか年末の『ドリフ大爆笑』ではオープニングとエンディングで、
踊っていたのを見てたんですけど。。。
やはり、病には勝てなかったんですねえ。

思えば・・・、荒井注が亡くなった時、最後にした仕事は、
その直前にドリフと共演したフジカラーのCMでしたが、
いかりやも最後の仕事は、ドリフとの共演だったんですねえ。

ドリフのメンバーが、いかりや入院の報があった時、
もう一度、ドリフで今の年齢にあったドリフのコントをしたいと、
口々に言ってた記憶があったんですけど、叶わずだったんですよね。
オイラ自身も、全員ドリフのコントを見たかったですよ。

望みは捨てきれないし、思えば思った分、募りますが、
長さんには、今までありがとう、そしてお悔やみ申し上げます、
という言葉を心から捧げたいです。

追伸・・・『恋人はスナイパー』見に行ってしまうだろうなあ。
     悩んでいた、『踊る2』のDVD、赤盤白盤、両方買っちゃうだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)



Tommy februaryは…
正直、いい年こいてキツイと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



驚くことに、3月で3回、
私的にしゃぶしゃぶを食べに行ってます。
~3/20分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.19



やっぱり、豚コレラが日本に、
上陸していた感じになってきましたねえ。
可能性は低いと主張していた官僚さんたちの、
危機管理の甘さが露呈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



めんどくさそうな仕事を振られそうです。
~3/18分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)



いつの間にか3日も経っておりました。。。
~3/17分として~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.18

仕事のグチ

トンでもない仕事を振られそうな予感がヒシヒシ。
自分では、めんどくさい仕事を人に振るなっていうのなあ。
ブルーさんよぉ~。

こういう光景を見ると、下のコの気持ちがわかりますよ。
自分がいい感じだと思う仕事は、受けて側も喜んでという感じですが、
自分がノリ気じゃない仕事は、雰囲気で受けて側にも伝わってきますよね。
こういう仕事のやり方を見ると、上に立つ方法ってヤツを考えさせられますって。
それじゃあ、下のコの心は掴めませんね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかっていてもやられた『白い巨塔』最終回

予定調和の展開とはいえ、『白い巨塔』の最終回にはやられました。
一番デカく心に響いたのは、財前と里見の関係ですね。
考え方もやり方も違う2人で、
対立もし、裁判では原告側と被告側に付き、争いもやったけど、
結局、2人ともお互いを一番の親友と認めてたんですよね。

この手のドラマだと、有りがちなのが、
最後になると、全員が善人に見えてくるパターン。
今回も同様でしたね、
財前の父ちゃんしかり、奥さんしかり、
全員がこれまでのことを改心し、善人に見えましたものね。
ただひとり、鵜飼学長をのぞいて・・・
鵜飼学長が、権威ある大学病院を代表している風に、
最後まで描かれていたのは印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.17

ヨモギダくん驚きのニュースと初めての債権回収電話

30Mが150Mに増え、アクセス解析ができるというのが、かなりの魅力でしたねえ。
でもって、6月末までは無料キャンペーン。
あとでノーマルに戻してもいいかということも考え、
ココログプロにアップグレードしてみました。
別に見栄えは変わらないんですけどね。

今日の驚きのニュース。
噂で聞いたんですけど、ヨモギダくんのCDがリリースされるらしいですね。
3月の『めちゃイケ』を見ていて、
どこかで食らいつくレコードメーカーもあるかと思ってたんですけど、
オイラの脳裏をよぎった、いやあな予感が見事に的中しましたよ。
公共の電波を使って、1ヶ月にも渡って、
ヨモギダくんのCDキャンペーンをやっているようなもんですよね。
歌がウマイならともかくなんですけど・・・いかんせん。
かなり興ざめ中っす。

最近、私的メールに懸賞メールがやけに届いてたんですよ。
今年に入ってから、懸賞に飛びつくことを一切やめてたのに、
なんで、こうもオイラのアドレスが出回ってるかって感じで、
情報漏洩か?という、やけに胸騒ぎがしてたんですよ。
恐ろしいことがおきましたよ。

見知らぬ番号から携帯に電話が…ハイとだけ出てみると、無言。
もう一度、もしもしと言ってみると、いきなりオイラの名前を。
思わず、ハイと話してみると、内容はアダルトサイトの債権回収だそうだ。
否定をすると、今度は棒読みでメールアドレスを読み上げる。
その段階で、携帯を切り、急いで電話番号登録、でもって、着信拒否。。。
おまけに留守電解除の念の入れよう。
その後は電話はかかってきていないんですけどね、
なんとも後味の悪い出来事だったなあ。
ああいう商売がまかり通っていることが信じられないですよ。

0*0-1234-2191の電話番号にはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.16

会議人間模様

『僕と彼女と彼女の生きる道』の凛ちゃんにハマっております。
かわいく、かわいそうで、見ていて切なくなりますね。
“ハイッ!”という決まり文句をはじめ、表情の出し方がうまいっすよ。

会議が多い会社はダメだという話がありまして。
実際のところは、的を得ている発言だと思いますねえ。
また、前へ進むための会議ならばありですが、
状況確認する足踏み的な会議は担当者レベルで調整するべきであって、
会議の議題にするなって感じもするんですよね。

まあ、そんな定説はオイといて。
会議中意見を言う人、下を向いている人、ガンを飛ばす人と様々ですが、
人間ウォッチングをしていると面白いですよ。
最近気になるものは、これ見よがしに腕を組んで凝視しているタイプ。
別に意見を言うわけでもなく、ただ黙って腕を組んでいるんですよね。
ちなみに、そういうタイプが意見を言う時は、
組んだ腕をはずして、身振り手振りに変更しますね。
なお、上昇志向の強い♀に多いタイプです。

かなり地殻変動の予感がします。
変えたがっている人間が多数いるのはわかりますし、
実際、変えた方がいいとも思うんですよ。
ただ、やり方がありますよね。
一人相撲では、余程のリーダーシップと根回しが必要になるし、
逆に、できない人間は、いい意見でもポシャる傾向が強いですね。
そんな光景を目にすると、もうちょっと、うまくできないかと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



高橋尚子ニュースの取り上げ方の大きさにビックリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.15

ダークゾーンへのご招待

生みの親から2度お叱りを受ける。
基本的に言い逃れや言い訳は好きじゃないので、
2度ともオイラ自身は不具合点はないモノの、黙って反省しておきました。
1つ目は言われもない罪で、他の人間がやったことが跳ね返ってきて、
2つ目は以前注意された同じことをやってしまっていたこと、
とはいうモノの、注意されるよりも前にやっていたことが発覚したんですよね。
でも、かなりリスペクトしている人間なので、
オイラにつけこむ穴があったまでということで、
オイラ自身、もうちょっと成長していればなんて思ったんですけど…
リスペクトしている人間から、言われなきモノでも注意されるのは、ヘコみますねえ。
その行為が、オイラの評価に繋がるのではと思うと、ダークゾーンに入りますよ。

現在、携帯コンテンツの仕事と並行に、
フリーペーパーの制作をしておりまして、本日は入稿日。
久しぶりの徹夜作業をしましたよ。
オイラ自身、ちょっとは一生懸命やっているんですけどね、出来上がりが怖いですねえ。
上が意識している本作りができていないと、
これまた、幻滅させることになりえないですからねえ。
とはいうモノの、4年ぶりの雑誌編集作業というブランクもあるし…

世の中、難しいモンでやんす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



渡辺満里奈は、なんであんなに、
司会者アシスタントとして重宝されているんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

高津市民の為の催し事と人見知りのボク

ラフティくんが所属しているアンサンブル・チームが、溝の口丸井の上にある、
川崎市高津市民館にてコンサートを開くというので、入ってきました。
以前、失業保険取得のための説明会で、市民館に行ったことがあるんですけど、
そのときは失業者で満員でしたが、今日は老層中心に満員状態でしたね。
丸井の12階に行くと、キルト展なんてことをやっていて、
奥に進むと、コンサートの受付があるという感じでしたが、
まさに、地域住民のためのエリアって感じがしていましたね。
またね、そういう催し事に参加している人って多いんですよね。
そういう意味では、ちゃんと活用されているって感じがしましたよ。
手前味噌な話ですが、何百人ものお客さん相手に、
サキソフォーンを奏でているラフティくんは輝いてましたね。

コンサート後には、メンバーやその家族の皆さんとお茶会へ。
こういう場に行くとオイラは、おもいッキリ人見知りパワーを発揮します。
ラフティくんが話をふらなければ、ただダマっていて、
最後に“お疲れ様でした”と挨拶をするのみ。
ちょっとした開き直りもあって、自分から会話の中に入ることもせず、
ダマっていてもいい思いになってくるんですよ。
普段の仕事でも、少人数の時には口を動かすが、
ちょっとしたパーティの中に放り込まれると、
すこぶるおとなしくなってしまうんですよね。
人の輪の中で、グイグイトークをかましている人を見ると、ホント尊敬してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



金曜日になると、1週間も終わりだなあとウキウキ気分になるが、
土曜も夜になると、月曜モードに入りはじめ、
ややゲンナリしてまいります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.13

ヨモギダくんの変遷に驚く『めちゃイケ』

最初は、あんまり興味がなかったのですが、
今日は偶然家にいて、流れで見てみましたよ。
ヨモギダくんの変貌振りには驚きましたねえ。
中学の時には、全然パッとしなかったんですけどねえ、
見る見るうちに、シャープなモテモテくん状態で、人も変われば変わるモンですねえ。
かくいうオイラは、生涯通じてパッとしない状態でして、
みにくいアヒルの子はアヒルでしたよ。

しかし・・・ヨモギダくんの前には笑わず嫌い王で、
極楽やよゐこというめちゃイケファミリーはご無沙汰くん。
人事ながら、心配してしまいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ちょっと暑くなったからって、
次の日、油断して薄着で外に出ると驚くほどの寒さに。
悲しいかな、一旦外に出ると、家に戻る勇気はないんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

魔法使い役の3人がいい『奥様は魔女』

お久しぶりの『奥さまは魔女』。
今週は人間嫌いのお父さんの登場&妊娠騒動。
お父さん魔法使いが津川雅彦、おばさん魔法使いが岸田今日子、
お母さん魔法使いが夏木マリ。
この3人がハマってましたねえ、雰囲気アリアリで、
怪優・竹中直人のキャラクターも霞んで見えてましたよ。
しかしまあ、これだけの大御所が、よくもまあ、魔法使い役で出演しましたねえ。

なんで原田泰造がキャスティングされたかわかりましたよ。
投げ飛ばされ、変身させられのドタバタで、
いろもの出身が重宝されるって、ワケですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



どうすれば、強い心を持つことができるんでしょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

だんだんと毒され、普通に見えてきた職場の異様な光景

1年間、外を見ていて、自分の働いていた環境のおかしさに気づき、
そのおかしさを直さなければと、意気込んで復職したモノの、淡々とした1ヶ月が過ぎ、
オイラ自身、その職場の空気に毒されていることに気づいてきたんですよ。
違和感を感じていても、当たり前に思って、日々過ごしているっていうんですかね。
これじゃ、オイラを呼んでくれた生みの親に申し訳ないと思い、
周りに合わせるように、縮こまっているのではなく、
嫌われるのを覚悟で、多少強引でも、改革をしようと決意したんですよ。

とりあえず、何がおかしいか、現場の声を聞いてみたんですよ。
残業の毎日で、残業しない人間は使えない烙印が押され、
なおかつ仕事量は増える一方で、減らす作業をしない。。。
第一に挙げられたのは、会議の多さでしたね。
しかも、その会議、発言する人間は決まっているという有様で、
あとは下を向いて、ただ終わるのを待つのみ。
多少は、必要性を認めますけどね、
どう考えても、会議をすることで存在感を醸し出している、
どうしようもない人種もいるんですよ。
会議の内容はというと、仕事の確認、粗探し大会とでもいうんですかね。
そんなのねえ、仕事の合間に口頭で済ませろってトコなんですよ。
発展性がないんですよ、その会議は。
実際は1時間2時間でも、重い空気の中に入れば、
精神的ダメージを引きずってしまうんですよ。

次に言えるのは、作業量の多さ。
詰め込むだけ詰め込んで、減らすことをしないんですよね。
これもねえ、なんとかしたいところなんですよ。
まあ、そんなことをやれば、今まで守っていたテリトリーを壊すことに繋がるんですけど、
いつかはやらなければならない作業ってヤツですよね。

とりあえず、今日の帰り際に、
自分の意見を、生みの親と事業部内の中心的人物に、問いかけてみました。
さて、どうなることやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



ホントにめまぐるしい忙しさにいると、
ネットサーフィンもできないもんなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



すいません・・・かなり更新忘れてます。。。
(3/10分として)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

恐るべし黒砂糖きのこ

『ゆほびか』という雑誌から、黒砂糖きのこに出会い、飲み始めて、1ヶ月。
徐々に効果が現れ始めてきた模様です。

体重が84キロ(最大85キロ)あったのが79キロまで減少。
1年前、大高酵素で3日間の断食をしたときでさえ、
2キロ減少のみで80キロの壁は越えられなかったのに、
黒砂糖きのこってヤツは、スゴイ威力ですよ。
もっとスゴイのは、オイラの右人差し指と右かかとを支配していたイボ八が、
見る見るうちに小さくなってきているんですよ。
糸切バサミで切り取っても、しつこく復活してたイボ八が、
なくなってきているのは驚きですねえ。
右人差し指は、中央の指紋までも見られないほどだったのに、
指紋まででき始めているんですよ。
いやあ、驚きました。

・・・とはいうモノの、黒砂糖きのこを世話しているのは、
オイラではなく、ラフティくんなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09



キトサン、梅酢、ローズヒップ
健康食品を毎日取り入れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08



ミスドのキャンペーン。
さすがに10点中6点まで集めると、
そんなに欲していないが、意地でも10点集めたくなりません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.07

しゃぶしゃぶでのお決まり事

先週に続いて、ラフティくんとしゃぶしゃぶ温野菜へ。
しゃぶしゃぶはいいですねえ、食べていて太る気がしないんですよ。
おまけに野菜が進む進む、心の中では健康街道まっしぐらってヤツですよ。

隣のカップルがしゃぶしゃぶの具にマロニーを注文してたんですよ。
マロニーが到着するや否や、中村玉緒の♪マロニーちゃ~んなんて歌を、
口ずさみつつ、しゃぶしゃぶやりはじめてたんですよね。
先週も違う客で、同じ光景を見たし、かくいうオイラも同じ行動を。
中村玉緒のマロニーパワー恐るべしですよ。

ちなみに、田舎育ちのオイラは、
東京に出てくるまで、マロニーちゃんの存在、露知らずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



自分で責任を取れずに、
なにかあっても平気で人のせいにする人って、
ホント、幻滅しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.06

とある休日出勤の過ごし方

すいません・・・かなり更新してなかったです。
日常に追われ始めた中での、思わぬパソコンアクシデントが痛かった。。。
ハードディスク全とっかえ、でもって、一からのインストール。
まだまだ全盛期には及びませんが、ネット環境はできるようになりつつあるので、
これからまた、ボチボチを更新していきます。

ちょっと仕事で、ケツに火がつき始めましたねえ。
ラフティくんには申し訳ないと思いつつも、休日出勤。
ガツガツと処理してこようと思ったんですけど、これがなかなか進まない。
雑誌編集のお手伝いで、16Pモノに取り掛かってまして、
うち5Pは、その雑誌の変遷を語るもの。
バックナンバーを探しているうちに、一日が終わりましたよ。
来週がめっちゃ怖いっす。

オイラが大変お世話になった、社長さんのお母さんが、
亡くなったという知らせを、会社で聞いたんですよ。
と同時に朝ちゃんからも電話が・・・
月曜日の告別式に参加しようってことになったんですよ。
連絡係から、帰り際にもう一回念押しで、告別式のことを聞かれた時に、
オイラも、“朝ちゃんと月曜日に行ってきます”なんて、
余計なことを言っちゃったんですよ。
朝ちゃんも告別式の場所を知らなかったので、
慌てて、メールで藤沢だということを送ったら、
返ってきた言葉が、“やはり行くのやめました、行きません”。
この返信が、なにげに痛かったなあ。。。
見事に、朝ちゃんにハシゴを外された感じですよ。
オイラ自身も、めんどくさいなあという思いもあるが、
社長にはお世話になった強い思いもあり、
告別式参加表明をした事実もあり、慌てて、頭を抱え始めましたよ。
朝ちゃんらしいといえば、朝ちゃんらしい行動ですが。。。

代休も視野に入れて、8時間の休日出勤を終えて帰宅。
ラフティくんと待ち合わせて、お食事へ。
今夜のメニューは、溝の口が誇るたまいグループのぴーたんにて、中華パーティ。
特別価格でエビちりが295円だったりしたんですけど、
フタを開けてみると、会計ではかなりの金額が。
安いっちゃあ安いんですけどね、
いつも行くたまいグループの焼肉屋に比べれば、破格の金額。
さすがに中華は、一筋縄では行かないっす。

でもって、カラオケへ。
最近、だんだんと音痴になってきている気がするんですよ。
音が取れないって言うんですかね。
昔にすがるのもイヤなんですけど、なんなく歌えていた曲が、
声が出なくなっているんですよ。
おまけに、歌えていた歌すらも忘れているアンバイで、
やっぱり、歌っていなければダメだという、いつもの結論に。
カラオケ道も、なかなか難しいモンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)



体力的にも、精神的にも、多少余裕があったとしても、
目の前にある複数の難題を感じただけで、
頭がプチっとパニックになってくる自分って、
本当は、かなりモロい人間なのだろうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05



現在、ハードディスクを交換し、
一からソフトを入れなおしてます。
これ、スンゴイ労働量ですよ。
おまけに失ったものはデカイ、デカイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04



傍から見ている感はあるが、
京都の鳥インフルエンザ騒動は、
壮大なギャグにしか見えない時もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03



佐野実の支那そばや…いくらなんでも怒りすぎだよねえ。
あれじゃ、美味しいとは思えないですって。
仮にキャラを作っているとしても・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.02



アカデミー賞で『ロード・オブ・ザ・リング』が、
最多の11部門で輝いたという話題で持ちきりだが、
俳優勢が1個も賞を取っていないのは、ある意味、ミソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01



3月になって、はじめて雪を見た気がします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »