« 靴にまつわるエトセトラ | トップページ |  »

2004.03.26

静かに終わった18年半『ニュースステーション』

久米宏の降板騒動あり、政財界をはじめ、いろんなところから叩かれた事もある、
『ニュースステーション』が、ひっそりと終わりましたねえ。
早くに会社も終わったこともあり、見てみましたよ。
特別に振り返りがあったわけでもなく、
40代、50代、現在の久米宏が共演するCGの一幕はあったモノ、
通常通り、番組は進行していた感じがしましたね。

最後に、ビール瓶を持ってきて、
渡辺真理の“最後まで独りよがり”発言を受けつつ、
一人で乾杯して一気飲みをした場はありまして、
印象的だったのは、久米宏のコップを持つ手が異様に震えていたことと、
キッチリとビール瓶のラベルを見せなかったトコですねえ。
震える手は、感動をしていてなんていう話もありましたが、
オイラの心をよぎった不謹慎なことは歳かなと・・・そんなわけないんですけどね。

結局、古館伊知郎の新番組『報道ステーション』のことを、
一切、触れなかったのも、ビミョーに印象に残りましたね。
いろいろとあったことを象徴しているような一幕でしたよ。

|

« 靴にまつわるエトセトラ | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/365503

この記事へのトラックバック一覧です: 静かに終わった18年半『ニュースステーション』:

« 靴にまつわるエトセトラ | トップページ |  »