«  | トップページ | 石坂浩二の巧みさが光った『白い巨塔』(17) »

2004.02.19

表ではアピール、裏では無責任のトンでも話

なんっていうんですかねえ、責任感のない人間ってイヤですねえ。
責任感がないならまだしも、アピールだけは一丁前するのは、厄介中の厄介。
オイラの現在の仕事で、4月に行われるイベントのプロデュースってのがあるんですよ。
それがもう、動いてないのなんのって。
口ばっかりのアピールのみで、蓋を開けてみれば、スカスカ状態。

携帯を使っての動画中継も考えているらしく、
今日は外部スタッフとして参加している人との打ち合わせに参加したんですが、
その時の紹介のされかたが、“携帯の責任者です”。
まあ、会っているといえばあっているんですけどね、
オイラから言わせると、今までなんにもやっていないのに、
責任だけパスされた形なんですよ。

案の定、打ち合わせの場では、
携帯での展開が、なんにも決まってないことを指摘されて、
どうしよう状態になっているんですよ。
今まで積み重ねていて、渡されるのならともかく、
なんにもしてないで引継ぎって、キツイですよ。
時間だけが浪費しているという、ゼロどころかマイナスからの出発ですからねえ。

それなのに、前任者は社的に評価されているという矛盾もあり、
なんだかなあ~って感じですよ。
オイラは、オイラを引っ張ってくれた本部長のために働くのみですが。。。

|

«  | トップページ | 石坂浩二の巧みさが光った『白い巨塔』(17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/219892

この記事へのトラックバック一覧です: 表ではアピール、裏では無責任のトンでも話:

«  | トップページ | 石坂浩二の巧みさが光った『白い巨塔』(17) »