«  | トップページ |  »

2004.02.04

復職の日

1年ぶりに、通勤ラッシュに揉まれる生活がスタートしましたよ。
盛大に送別会をしてもらったのに、舌の根も乾かないうちに復帰ですからね、
表向き、自分を納得させるよう、生活費定収入を稼ぐという割り切りはあるモノの、
人の目を気になりつつ、社に向いましたよ。
それよりは、1年のブランクを気にしろってな感じですが。。。
人間100%なんてないですしねえ、好きもいれば嫌いもいる、
合う人間もいれば、合わない人間もいる、ですからねえ。
オイラが復帰することに、面白くない人間もいるのも事実だと思うんですよ。
表面化してないだけで。

オイラ自身、わだかまりのある人間はいないワケでもないんですよ。
さすがに1年プープーしていて、貯金も朽ち果てていれば、
仕事は仕事、私は私で、大人のお付き合いもできそうな気配もするのですが、
どうしても許せない人間がいるんですよ、
どうしてくれようかと、布団に入ってまでも考えていたんですけど、
出社前にラフティくんから贈られた、“ほどほどに。。。”の言葉で、
その恨みも、ある程度は吹っ切れたんですけどね。
吹っ切れたと言っても、仕事以外の接触は、しばらくはないと思いますが。

以前、ひと悶着があった下のコがいたんですよ。
オイラもテンパっていて若かったし、向こうも若く、
ちょっとした意見の食い違いが、積もり積もって重なって、
お互いが不信になってたんですよ。
今度はオイラが補助役…立場が逆転することになるのですが、
そりゃ、やりづらいと思いますよ。

案の定、事前にオイラが復帰することを言った時に、
オイラは、上にペコペコ下にガッツリで揉めた事があるので注意してください、
ってなことを言ってたらしいんですよ。
オイラから言わせると、別な見方になるんですけどね・・・
このコも笑っちゃうほど、真っ直ぐというかバカ正直というか、
別に喧嘩を売っているワケでもないのに、オイラにそこまで正直に話すかってなモン。
オイラ自身、体育会系体質だけあって、当たっているんですよ。
オイラから言わせると、上には従順、下には(礼儀作法を)厳しく、なんですけどね。
いつまで持つかはわかりませんが、オイラとしては過去は流して、
このコを懸命にバックアップしようとは思っております。

でも、肝心なのは、同じ部署の人間は、
オイラがなにをやるかはわからないが、オイラも何をしていいのかわからない、と。
上が、やらせたいことは掴んでいるんですけどね。
出戻りとはいえ、最初は仕事なし男くん状態。
オイラはマグロみたいなもので、ただボーっと止まっているのは非常に苦手なんですよ。
今日も、周りを尻目に帰路に着くのは辛かったなあ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/166850

この記事へのトラックバック一覧です: 復職の日:

«  | トップページ |  »