«  | トップページ |  »

2004.01.08

ミラクルタイプと趣向が違った『ダブルライフ』

昨今の不景気で広告が入らないのが、至る所でかなりのスポットを目撃し、
偶然見かけた『こたえてちょーだい!』では、ココリコの2人が登場するという、
力の入れように感化されてしまったのか、思わず、見てしまいましたよ。

驚きましたねえ、学芸会でも見ているのかと思いましたよ。
ココリコは主役級で役者の経験済みだし、
松下由樹、坂井真紀、小西真奈美は、
ミラクルタイプメンバーだが女優としてキッチリとお仕事もしているし、
別に下手な役者が集まっているわけでもないんですよね。
よくよく見ていると原因判明。
八嶋智人だけが役を演じるとい範疇を超えて、
『ミラクルタイプ』のノリのまんまだったんですよね。
また中途半端に出番が多いから、ヘンな軽いノリが目立つのナンノって。
もともと下手な役者さんでもないと思うんですけどねえ、
『合い言葉は勇気』なんて絶品モノでしたよ。
またね、内容が笑いなしのホンモノのドラマを目指しているだけに、
ミラクルノリが鼻について、しょうがなかったんですよ。

『こたえてちょーだい!』でも触れていましたが、
二重生活って実在しているんですよね。
奥さんや旦那がいるのに、
隠れて恋人とも一緒に暮らしているという代物なんですけど。
恐ろしさを通り越して、
“どうして、なかなかバレないの?”と疑問符のオンパレードでしたよ。
そう簡単に、うだつの上がらない男が恋人できるのかっていう、
基本中の疑問もありましたが。。。
1日置きに、奥さんと恋人と暮らしていりゃ、
いくら理由付けがしっかりしていたって、
どんなに勘が鈍い人でも、怪しむってモンでしょ。
またね、脚本も甘いんですよ。
よく見たら、鈴木おさむ。
そりゃクドカンになれませんって、SMAPの座付き作家が関の山ってヤツですよ。

『トリビア』やレギュラー枠をつぶして、やるほどの物だったんですかねえ。
フジテレビに、そこまで余裕があるのかなあ。
製作意図すらもわからなくなるほどでして・・・

最大の発見は、なぜだか出演していた、倍賞美津子。
久しぶりに見かけたんですけど、エラク、年齢がわかる顔になってましたねえ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/82982

この記事へのトラックバック一覧です: ミラクルタイプと趣向が違った『ダブルライフ』:

«  | トップページ |  »