« お仕事です! | トップページ |  »

2004.01.06

合格点だけど期待を上回ることができなかった『ファインディング・ニモ』

魚が目を瞑っているところは、思わず、
東スポで見かけた人面魚に見えたのは愛嬌として、
PIXARが生み出す作品は、キャラの作り方がうまいですねえ。
かわいらしく、元々の魚に準じた個性もあって、
そりゃあお子ちゃまから大人まで、『ファインディング・ニモ』に、ずっぽしハマりますよ。
海の中もキレイに表現されてましたねえ、
海の中なんてちゃんと見たことはないですが、
あんな感じなんだろうなあって納得しましたもの。
普段、港を飛んでいるカモメが、ある意味、貧乏くじを引いて、
マヌケな悪役になっているシーンもあったのですが、
まさかねえ、カモメがあそこまで、
アホっぽい悪者に変貌するとは思わなかったですねえ。
おまけに、泣き声は“エサー、エサー”ですよ。
さすがの目の付け所ですよ。
策略かもしれませんが、お魚くん達がかわいく描かれている反面、
人間の描き方に違和感を感じましたねえ。
まるで、プッチンプリンの『ウォレスとグルミット』でしたもんねえ。

映画館の雰囲気がよかったですねえ、客層が偏ってないんですよ。
姉と弟の兄弟がいたり、家族揃って観に来てたり、
若ップルがあり、大人層がいる。
いろいろな客層とともに映画を楽しめるなんて、
それだけでウキウキ気分になるんですよ。

上映の1年前から予告を観せられ、マスコミではスゴイスゴイと持ち上げられ、
電車に乗れば、一面、ニモ装飾になっているし、
ちょっとずつストーリーを知らされるたびに、
否が応でも、ハンカチが濡れんばかりの感動を受けるのではと、
期待ムンムンモードで観に行ったんですよ。
作品自体は面白かったんですけどね、
オイラの中に生じた過大な期待は超えることはできなかったですねえ。
まあ、あれだけの世間の盛り上がりを受けなければ、
オイラ自身、観に行くこともなかったかもしれないので、
過剰な宣伝が悪いとは一概には言えないのですが。。。

『ファインディング・ニモ』を通して、魚世界にも家族があり、命があることを、
製作者は、教えてくれているのではと思うのですが、
かわいさだけが先行して、海ではニモのモデルになっている、
クマノミが乱獲されて、洒落にならない状態になっているというのも、
なんか、愚かな人間ってヤツを物語っているようで、皮肉なモンですねえ。。。

|

« お仕事です! | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/80067

この記事へのトラックバック一覧です: 合格点だけど期待を上回ることができなかった『ファインディング・ニモ』:

« お仕事です! | トップページ |  »