«  | トップページ |  »

2004.01.18

ドラマ短評…魔女・スカイハイ・新選組・砂の器

久しぶりに、洋服を買い込みましたよ。
目的は、2本買うと4900円というパンツ by ユニクロ。
オイラがこういうのが欲しいとセレクトをして、
それを元に、ラフティくんが色合いや種類の微調整。
オイラも、ファッションセンスはナシに等しいですからねえ、
言うなれば、ラフティくんとの共同作業ってヤツでしょうか。。。
結局、ほとんどラフティくんのモノは買わずに、買い物カゴを見れば、
オイラのモノでオンパレード、〆て10000円ちょっとの買い物でしたよ。
本来の目的の買物はできませんでしたが、
なかなか、いい買い物をした気分です。

本日は、この週末見た連ドラの短評をば。

『奥様は魔女』
金曜22時枠で良かったですよ、これが木曜22時枠ならば、
モロ、『白い巨塔』とかぶりますからねえ。
そりゃ、10月からのお付き合いで、『巨塔』に合わせますって。
米倉涼子は嫌いなんですけど、ドラマの雰囲気によるものか、
個性的な脇役さんのおかげか、すんなり見られましたよ。
ダーリン役の原田泰造もハマってましたし、
なんてったって、竹中直人、マギー司郎、青木さやかという、
脇を固める面々が味がありすぎて、いいですよね。
また、米倉涼子が魔女ということを、否が応でも目撃してしまって、
1人パニックになるお向かいのおばさんも存在するという、お約束もアリ。
アメリカ版も担当した、中村正のナレーションもグッドグッド!
いい意味でバカっぽそうなストーリー展開で、これからが楽しみですよ。
夏木マリが、『千と千尋の神隠し』の湯婆婆&銭婆まんまというのと、
昨年春の女優宣言をした石川亜沙美が、
想像以上の大根振りを発揮していたのは、ご愛嬌ってことで・・・

『スカイハイ2』
パート1の本放送は見ていなかったんですよ、
深夜の再放送を何度か見かけたくらいで。
その時、チャンネルザッピングもせずに見入ったということで、今回初挑戦。
ある意味、画期的なドラマですよ。
題材が人の死というモノで、1回目から幼い姉妹を殺してしまったのは驚きましたねえ。
“死”をテーマにしているんですが、決して、辛気臭くはないんですよ。
ラストには仄かに希望が見え、合間には微かなカンドーもあるという。
ちょっと、やられましたねえ。
しかしまあ、釈由美子のキャラって、
一昔前はほにゃらかキャラだったんですけどねえ、かなり変わりましたねえ。
これまた、ビックリ。

『新選組!』
2回目、ますます香取慎吾がハマって見えてましたねえ。
今回の拾いモノは、山口智充。
バラエティの時は、違和感感じる野太い声が生きてましたねえ。
武士~~って感じでしたよ。
今回は、近藤勇がはじめて人を切ってしまったエピソードですが、
決して、堅苦しい話ではなく、様々なキャラクターの色により、
すんなり見ることができましたよ、今後、更に期待!

『砂の器』
中居正広のシリアスシリーズである、前作の『白い影』は見ていなかったので、
初モノでしたが、これまた驚きのハマりようでしたね。
3月には、柳葉敏郎バリの盾じわが、
くっきりできているんじゃないかってくらいの、
しかめっ面のオンパレードでしたが、全然、いい感じの演技をしてましたよ。
ほとんど期待してなかったのが、いい方に転んだのか。。。
バラエティの顔が、微塵も登場してなかったのが、よかったかもしれませんね。
脇が豪華なんですよ、渡辺謙、原田芳雄、市村正親、赤井英和、夏八木勳・・・
市村正親なんて、まんま劇団の主催者。
これだけの豪華メンバーを揃えて、
今後、一人一人見せ場を用意できるのかと、ちょっと心配。
幼い頃に映画は観た事あるんですが、全然、覚えてないんですよ。
殺人事件で3ヵ月引っ張れるのかと、またまた心配。
これまた、今後、期待です。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/114064

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ短評…魔女・スカイハイ・新選組・砂の器:

«  | トップページ |  »