«  | トップページ |  »

2004.01.13

オイラの仕事に対する独り言

クラブニンテンドーにて、あと1本対象ソフトを入手すると、
ファミコンバージョンのゲームボーイアドバンスSPが当たる権利を獲得できるので、
前評判の高さと、『ドルアーガの塔』のNGC版も付いてくるというお得話にのせられて、
『バテン・カイトス』を入手してみたんですよ。
ところが、何処をどう見ても、『ドルアーガ』は見当たらず、
よくよく調べてみると、予約特典なんですよねえ、これは痛い打撃っす。。。

今日は、悪魔の打ち合わせの日でした。
現場に行くまでは非常に足が重たかったんですよ。
隙あらば、参加しなくてすむ方法はないかと考える始末でして。
でもまあ、駅から降りて、打ち合わせ場所に向う時には、
開き直りパワーが生じてきてか、自分でも考えられないほど、
真っ直ぐ前を向いて歩いてましたねえ。

内容的には、いつものようにキツイ言われ方もあったのですが、
今までに比べると穏やかなものでしたねえ。
前回の打ち合わせは、オイラは欠席していたのですが、
その場で、“なんでオイラは同席しているのか”
“オイラの役割は何か?”的な話も出てたらしいんですよ。
打ち合わせの場で、火中の栗を拾っていたマイパートナーは、
そこらへんのことは、オイラに隠していたらしいのですが・・・

こういう考え方はいけないのはわかるのですが、
オイラはマイパートナーについていこうと決めた段階から、
オイラの意見はあってないようなもので、マイパートナーが右といったら右を向くし、
プレゼンの場で、ヘンにオイラがちんぷんかんぷんなことを言うよりならば、
全て熟知している、マイパートナーが説明すればいいという、
オンブにダッコに肩車だったんですよ。
おまけに、打ち合わせの前に生じる日常の会話でさえも、
オイラが口走るよりは、マイパートナーに話させて、
より仲良くなった方がいいという思いで、ほとんどオイラは貝状態。
そりゃあ、“あいつは何です”ってヤツですよ。
オイラ自身も、何のために、打ち合わせに同席しているかわからないですから。。。

最近、確信の範囲に到達したのですが、
必ずしも、オイラとマイパートナーとは一致してないんですよね。
目標は同じですが、手法や考え方が異なるといいますか…
オイラは行け行けドンドンに対し、慎重だし、
オイラはYESかNOをはっきりさせたがるが、うやむやにすることも多いし・・・
まあ、そういう慎重を絵に描いたような人間だからこそ、
ウンと言えば、オイラ自身もイケると思う、バロメーターになるのですが。。。
そういう誤差もあるだけに、ただついていく立場のオイラは、
本当は、そういう打ち合わせは参加せずに、
報告を受けるだけの方がいいと思うんですけどねえ。

実は、マイパートナーに、これから話さなければならない爆弾を、
現在抱えているのですが、どのタイミングで告白するか模索中です。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/99011

この記事へのトラックバック一覧です: オイラの仕事に対する独り言:

«  | トップページ |  »