«  | トップページ | 夢の終わりに・・・ »

2004.01.09

平成の月曜ドラマランド『えなりかずきの一休さん』

1980年代に『月曜ドラマランド』ってあったんですよ。
フジテレビで毎週月曜19:30から90分、
小泉今日子やおニャン子クラブなどのアイドルとか、
話題のタレントを主演にした、単発ドラマを放送する枠なんですけど。
原作は漫画が多かったですかねえ。
そんな匂いのするドラマでしたねえ。

『えなりかずきの一休さん』って・・・
えなりかずきを大看板に持ってくることによって、
食らいつくユーザーって、どれくらいいるんですかねえ。。。
橋田壽賀子ファミリーで頑張っていて、
おばちゃん層に猛烈支持をうけているならともかく、
最近は中途半端なバラエティタレントとして、
あちらこちらで見る機会が多いですしねえ。
しかも、下手すりゃ、江成兄弟ワンセットで登場することも。
“えなりかずき”自体の商品価値は低いと思うんですよ。
しかも『一休さん』って、、、確かに雰囲気は掴んでいるけれど。

なんて言いつつも、見てしまいましたよ。
オイラの場合は、生瀬勝久の名演を目撃したくてですが。
生瀬はウマイですねえ、いるだけで、
何かしでかしてくれるんじゃないかという期待を持つ程で、
名バイプレイヤーですよ。

肝心の内容は・・・ビミョーですねえ。
今時テーマソングが「気球に乗ってどこまでも」(唄・工藤静香)で、
ストーリーは、一休さんが現代にタイムスリップしてくるというもの。
ちなみに、室町時代と出演者が一緒というだけで、なんの脈略もなかったです。
えなりかずきはハマっているといえばハマっているのですが、
ストーリー以前に、アップになるたびに、
おでこにできているニキビが気になってしまうわ、
こいつは10年後芸能界に残っているのかと、ふと考えてしまうわで。。。
石黒賢もバカ役全開でしたねえ、仕事を選ぶ余裕がないのか貪欲なのか。
一休さんのお母さん役の藤あや子は、
ドラマの雰囲気と全然違う、演歌界独特の妖艶ぶりを発揮しているわで。

登場人物は夏服着てたんですよねえ。
このドラマって、もともと秋あたりに放送予定だったんですかねえ。
なにはともあれ、こういうドラマが放送されているということは、
世の中平和な象徴ですよ。

|

«  | トップページ | 夢の終わりに・・・ »

コメント

このテレビはビデオとかにはならないの??

投稿: ゆうこ | 2004.06.20 18:48

このテレビはビデオとかにはならないの??

投稿: ゆうこ | 2004.06.20 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/85148

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の月曜ドラマランド『えなりかずきの一休さん』:

«  | トップページ | 夢の終わりに・・・ »