«  | トップページ |  »

2003.12.05

小さな恋のメロディ(VI)~小枝ちゃんはスピード狂

『FNS歌謡祭』のビデオを飛ばし飛ばしみております。
SMAPの「世界に一つだけの花」は名曲ですね。
今年、一番ヒットした曲だけありますよ。
夏川りみの「涙そうそう」、これまた、いい曲ですね。
さんざんっぱら、去年耳にしたんですけど、全然飽きていないですよ。
いい曲は、何度聴いてもいいですねえ。
しかし、このご時世に『歌謡祭』ってネーミングはいかがなモノでしょう。
日本テレビで放送していた『ベストヒット歌謡祭』(旧・全日本有線放送大賞)も、
かなり、いただけないネーミングでしたが。。。

最近、寝て起きても疲れが取れないんですよ。
4時から5時にかけてに布団に入り、10時には起床して、
データ入力など仕事をする生活をしているのですが、
下手すると、10時に起きても、また布団に潜って、
そのまま夕方まで寝ていることがあるんですよね。
しかも、今週に限っては2回ですよ。
これって、オイラが疲労困憊している表れなんですかねえ。
それとも、寒さがもたらす悪戯なのか・・・

考えてみると、半年振りに、茶王からメールが届いてきました。
一夜の過ちもあったのですが、
茶王も小枝ちゃんと、なんとかウマくやっているらしいです。
こんな肌寒い日には、茶王の小さな恋物語で、
密かに、温まってくださいませ。
-----
先月、小枝ちゃんの車に乗せてもらい、食事に行きました。
小枝ちゃんも俺も お酒が好きなので、
なるべく車では出掛けないようにしているのですが、
「ちょっと飛ばしたくなった。」という彼女のひと言で、発車オーライです。
もちろん犬はお留守番で。
ひとしきりカッ飛んだ後、ごはん屋さんに入ったんですが、
車に乗せてもらっている身であることから、
その日はジンジャーエールを注文しました。
ところが、彼女が注文したのは“ビール”。
ちょっとびっくりして、「お酒はまずいんじゃぁ・・・。」と聞くと、
彼女は「あっ、そっか。今日は運転手だったね。
じゃあ飲み物交換しよっ。」と、すごく自然に言うではありませんか。
彼女がみせてくれた気遣いに感動してしまいました。
グッときてしまいました。
これほど瞬間的に相手の心理を察して心配りができる人間に、
自分はなれるのだろうか?と、小枝ちゃんとの“差”を、痛感しました。
そして、彼女をこれ以上裏切り続けたくないと思い、
昔の彼女と犯したあやまちの一夜のことを、話しました。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/80278

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな恋のメロディ(VI)~小枝ちゃんはスピード狂:

«  | トップページ |  »