«  | トップページ |  »

2003.12.28

あっぱれ!笑い飯の力技~『M-1グランプリ』

『M-1グランプリ』はスタート時から注目していましたが、
今まで見たことはなかったんですよ。
仕事仕事で忙しかったということもありますし、
他のチャンネルの方に興味が行ってたという事も考えられますし・・・
まあ、1年前2年前のお話ですので。

ここ最近のオイラは、番組の質には首をかしげることもありますが、
なんだかんだ言いながらも毎週見ている、
『エンタの神様』のお陰もあって、プチお笑いブームが訪れておりまして、
おもいっきり見させていただきましたよ。
目的は、笑い飯のネタ。

『内村プロデュース』で一発芸をしているのを偶然見かけたときに、
このコンビはなんなんだぁ~と、
頭の中で大革命を起こしたのが、笑い飯だったんですよ。
1人がボケ担当、1人がツッコミ担当という分業制が、
コンビ芸の基本だと思っていたのに、
『内P』で見せられたのは、ボケとツッコミが交互に入れ替わり、
マシンガンの連射のように、ギャグを畳み掛けるという力技。
かますギャグが外れる時もありますが、あまりの勢いに飲み込まれてしまい、
腹を抱えて大笑いしている、オイラがいたんですよ。
『M-1』の笑い飯も凄まじかったですねえ、夢中になってしまいましたよ。
おまけに、交互にボケとツッコミを交代する斬新な手法に圧倒されたせいか、
録ったビデオを、何度も巻き戻して見返しても、笑ってしまっているんですよ。
ボケだけではなく、ツッコミもいい味を醸し出してくれたりするんですよ。
ドランクドラゴンや長江秀和を軽く超えて、一番好きな芸人が誕生しましたね。
もっともっと、笑い飯のネタを見てみたいですね。

肝心の『M-1』の感想を簡単に。。。
・決勝戦のトップバッターを飾ったのが千鳥で、いきなりかましたネタが、下ネタ。
 島田紳助もコメントしていたが、よくぞあの大舞台でそのネタやったなあと、
 その勇気に乾杯。
・痛々しかったのが、ネタを終えた後のアメリカザリガニ。
 紳助にコメントを振るが、俺はいいよと沈黙を守り、
 中田カウスもやっとことさっとこコメントを出すのみ。
 ネタがキツかったのか、それとも吉本と松竹の差が出たのか・・・
・18歳という年齢なのに落ち着きすぎるネタ回しをしていたのが、りあるキッズ。
 島田洋七のコメントの如く、オイラも、
 いとしこいしの漫才を見ているような気がしましたよ。
・敗者復活から勝ち上がったアンタッチャブルが大健闘!
 期待もしていなかったこともあったの幸して、かなり面白かったですよ。
 ボケ担当の山崎の味わいがいいですねえ、
 柴田のツッコミが、くりーむしちゅーの上田晋也っぽかったのが気になったのだが・・・

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/71497

この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれ!笑い飯の力技~『M-1グランプリ』:

«  | トップページ |  »