«  | トップページ |  »

2003.12.26

3回目の契約更新

青森県八戸の田舎モンが東京に出てきて、早15年ですよ。
中野の4畳半風呂なし共同便所で2人住まいからスタートして、
亀有の6畳&4.5畳裸電球風呂なし、新松戸のワンルーム、
上石神井駅から30分のレオパレス・上と下の温度差が激しいロフト付き、
中村橋駅から徒歩2分・ただし14㎡のワンルームと、
2年ごとに引っ越して、今の溝の口の木造アパートに6年住み着いています。

このアパート、天候にモロ左右されやすく、
夏は蒸し暑く、冬は何処からともなく吹いてくる隙間風の力も借りて、めっぽう冷える。
水洗トイレの水はチョロチョロ出っ放しになることも多く、シャワーの水力は弱い。。。

今回の契約更新は見送って、新居に引っ越すことも考えたんですけどねえ。
長引く無職の大名暮らしが見事に貯金を食いつぶし、今もって低給の賃金。
そりゃ、財力的に引越しとは無縁になってきますって。
溝の口自体は過ごしやすく、いい街なので、文句はナッシングなんですけどね。

今月は、アパートの契約更新があったんですけど、引き続き更新してきましたよ。
唯一、文句があるとしたら、この不動産。
いかんせん、動きが遅い遅い。
この秋に、浴槽にタテイチにヒビが入ったんですよ。
しばらく我慢して使っていたんですが、
いつヒビが大きくなって、オイラに被害をもたらすかかわからないし、
修理をお願いしたら、手配したのが1ヵ月半後のこと。
おまけに、修理(というか、浴槽交換)が終わって1ヶ月経っても、
未だに料金の請求がこないという有様。
バックレる気は更々ないんですが、この不動産不信もあってか、
オイラからは、決して、請求の件は口にしなかったんですよ。
更新に行ったら、いきなり“風呂の調子はどうですか?”
来たかと思いつつも、“まだ来ないんですが…”と言うと、
“すいません、至急、問い合わせてみます”

だいたい、修繕費を負担するのでさえも、納得できないでいるというのに、
どこまで、人がカチンと来る鈍さをみせつけてくれるんだろうか。
ホントに、この不動産は商売する気があるのか疑いますって。
お客をなんだと思っているという感じですよ。
栄屋不動産ってトコなんですけどね。。。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/71495

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目の契約更新:

«  | トップページ |  »