«  | トップページ | なにもかも笑うに限る、王道の喜劇『釣りバカ日誌14』 »

2003.10.11

1杯のかけそばも吹っ飛ぶコロッケの話

開口一番、失敗したぁ~。
水道料金の引き落としが待っていたのに、
ついついド忘れしまして、引き落としが出来ていませんでしたよ。
オイラ不在の時に集金人が来てたらしく、そこで気付かされた話なんですけど。
こうなったら、都合のいい時に集金人に来てもらうか、
現金書留で料金を送らなければならないんですけど、
手前味噌な話になりますが、このやり方って、今の時代とナンセンスなんですよね。
そりゃ、無理すればなんとかなりますが、平日日中に家に居ない人間の主張としては、
集金人も郵便局での現金書留も、なかなかできる芸当じゃないんですよ。
どうせならば、電力会社のように、支払通知書を置いといてもらいたいですよね。
水道も支払通知書を置いといてもらえるんですけど、それは最後の手段的なモノで、
その前に何回か集金人が通ってなければならないんですよ。
もうチョイ、ニーズに合わせてもらえると助かりますが、川崎市水道局様。

我が家は、溝の口ってトコに住んでいるという話をしてますが、
正確に言うと、JR南武線の武蔵溝ノ口と津田山という駅の間なんですよ。
この津田山というのは、桜の名所兼墓場以外は、
何にもない街と言っても過言でない程で、
年に1回、桜の季節しか行くことのない街なんですよ。
そんな街でも、マンションがポンポンと立ちはじめ、
この人たちは、どうやって暮らしているんだろうと、
自分事のように心配していたんですけど、とうとう、待望のスーパーマーケット、
マックスバリュが進出するという話を耳にしたんですよ。
しかも24時間営業の大英断、オープン日は本日0時!

スーパーっていうのは、オープンの時には、
目が飛び出るほどの大安売りをするじゃないですか。
0時に合わせて、行って参りましたよ。
津田山には、こんなに人がいたのかってくらい、溢れかえってましたねえ。
人の波がとぐろを巻くほどの、行列ができてましたよ。
またね、溝の口にあるスーパーより、値段が安く設定されているんですよ。
他じゃ100円で売っているコロッケが60円、3個買っても180円ですよ。
1杯のかけそばを親子3人ですする話も、
そりゃ高くつきますねえって、どっかに飛んでいきますって。
津田山にも近い我が家としては、ちょっとした買い物の時には、
マックスバリュを利用してしまいますよ。

なんで“バリュー”でなく“バリュ”なんだろう。

|

«  | トップページ | なにもかも笑うに限る、王道の喜劇『釣りバカ日誌14』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/144658

この記事へのトラックバック一覧です: 1杯のかけそばも吹っ飛ぶコロッケの話:

«  | トップページ | なにもかも笑うに限る、王道の喜劇『釣りバカ日誌14』 »