« 遥かなるSOHOへの道のり~挫折編~ | トップページ | 間違いだらけの標準語講座“めぐさい” »

2003.09.19

なんだか難解になってきた『世にも奇妙な物語』

9/12(金)に、フジテレビでやっていた、
『北朝鮮拉致25年目の真実』って番組を、偶然見たんですよ。
拉致問題を世に認めさせようとした、
新聞記者、議員秘書、TVプロデューサーの生き様を追った、
ドキュメンタリーと再現ドラマの構成で、
なかなか見ごたえある番組だったんですよ。

そのプロデューサーが手がける番組が、
テレビ朝日で、9/15(水)に放送されてまして、
オイラは、フジテレビの番組繋がりで見てたんですけど、
途中、タイガース優勝のニュース速報が目に入ってきたんですよ。
ジャイアンツファンとはいえ、折角のタイガース優勝のシーンを見てみようと思って、
チャンネルザッピングをはじめると、フジテレビで中継してたんですよね。
結局、流れで、その日は、フジテレビ垂れ流し状態になったんですけど、
テレビ朝日も、ニュース速報なんて流さなければ、視聴者も気付かないで、
そのまま番組を見続けたのになあ、なんて思ってしまったんですよ。
オイラみたいなタイプって多かったのでは…

昨日、『どっちの料理ショー』を見た後に、
春・秋・正月と節目に放送している、『世にも奇妙な物語』って見たんですよ。
毎回見ている、ヘビー奇妙ファンでもないんですけど、
惰性でチャンネル合わせてみたんですよ。
オイラが見たのは、中村獅童主演「遠すぎた男」、谷原章介主演「迷路」、
八嶋智人主演「影が重なる時」と、5本中3本だったんですけど、
なんか、最近の『世にも奇妙な物語』って、小難しい内容を取り上げてますね。
面白いストーリーと言っちゃあ、面白いんですけど、
食事をしながら見る番組としては、
セリフの内容が専門分野に入りすぎて、理解できなかったですよ。

1本程度ならいいとも思うんですけど、
オイラは、3本中2本が頭が疲れるセリフでしたからねえ。
こういうオムニバス形式のドラマは、
バランスが大切だと、勝手ながら思いましたね。

|

« 遥かなるSOHOへの道のり~挫折編~ | トップページ | 間違いだらけの標準語講座“めぐさい” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/77569

この記事へのトラックバック一覧です: なんだか難解になってきた『世にも奇妙な物語』:

« 遥かなるSOHOへの道のり~挫折編~ | トップページ | 間違いだらけの標準語講座“めぐさい” »