«  | トップページ |  »

2003.09.21

携帯依存症と人間の待ち時間の限界点

ウィリー、ナベ3という、オイラの盟友達に会ってきたわけですよ。
場所は渋谷・東急プラザ前、時間は16:00集合。
家を出て、駅に向かう途中で、携帯電話を忘れたことに気付いたんですよ。
でもねえ、気心の知れたメンバーに会うだけだし、
日曜日なんて、そんな携帯に連絡もないし、
雨の中10分近くは、進軍していたことも踏まえて考えると、
あえて、一旦、家に戻ることはしなかったんですよ。
この選択が、今日一日の悲劇を生み出すことになるとは、
この時点では気付かなかったのですが。。。

オイラは、待ち合わせ時間丁度に着き、
ナベ3は、遅れること5分後に到着したんですが、
いつもは時間きっかりには、アホづらをさらしている、
ウィリーの姿が見えないんですよね。
一抹の不安を抱えながら、ウィリー待ちに勤しんでいたんですが、
さすがに、待ち合わせ時間20分後となってくると、
胸に抱いていた不安が現実化してくるんですよ。
東急違いで、もしやと思い、いつも待ち合わせに使っていた、
旧・東急文化会館前に、ひとっ走りしてみるも、そこにいるのは、
ちゃんと社員教育されているのか疑いたくなる、YAHOO!のモデム配りのみ。

こういう時の、集合の連絡係は、常日頃、オイラが担当していたこともあって、
ナベ3は携帯を持っているも、ウィリーの携帯は知らないし、
この段階から、携帯を忘れていたことに対して、
大後悔ゾーンに突入してくるわけですよ。

ウィリーを待っている間、携帯を持ってない頃は、
こういう時に、どういう連絡方法をとっていたか考えてみると、
家に直接電話していたなあなどと思い、ダメ元で、家に電話しようとしてみても、
肝心の電話番号は家に置いてある携帯に入っているし、
一か八か、ウィリーが住んでいる、上石神井という住所だけを頼りに、
電話番号案内にチャレンジしてみるも、上石神井だけでは、同じ苗字が五万といて、
教えてもらえるドコロじゃないんですわ、これが…

待ち合わせも1時間を過ぎ、三軒茶屋に住むナベ3が家に帰って、
ウィリーの年賀状から、電話番号案内に再度聴く事を思いつき、
三茶に向かったのだが、オイラは、ウィリーが来ることを考えて、
念のために東急プラザ待機でね。
今日は、寒いし、雨は降ってるし、トンでもない天候じゃないですか。
気分は、修行僧のようになってくるわけですよ。

近くに陣取る店員達は、おもしろ人間ウォッチング感覚で、
1時間以上もボケラ~っとしている、オイラのことを気になってきているらしく、
まるで、捨て犬を見ているような目線になっているんですよ。
結局、ナベ3が現れたのが1時間後の18:00。
その頃のオイラはというと、開き直りの境地に入り、
店員目線も、見るなら見てろでナンのその、
心にあるのは、意地の突っ張り合いで、ただ立っているのみ。

そのナベ3、ウィリーを引き連れてるんですよ。
旧・東急文化会館前で、オイラ同様、ボケラ~と待っていたそうな。
しかも、時間前に着いていたウィリーは、
オイラが、東急文化会館にひとっ走りしてた頃には、
あまりの寒さで、どうせ携帯に連絡があるだろうという読みで、
ドトールに入って、暖を取っていたとの事。

オイラも、よくぞ2時間、寒空の中で待っていたなと思ったが、
ウィリーも、よくぞ2時間、寒空の中で待っていたと思いましたよ。
おまけに、ナベ3は、年賀状を元に家の電話番号を調べるために、
1時間かけて、三軒茶屋まで往復。
普通だったら、帰っていてもおかしくないのに、よく会えたよなあ。
これって、運命のいたずらか、結びつきの強さってヤツですかねえ。

ウィリーの待ち合わせ場所間違いはあったものの、オイラも、携帯を忘れてきているし、
ナベ3も、長い付き合いなのに連絡先を聞いてなかったと、
寒空がもたらした謙虚な心からなのか、
みんながみんな、自分も悪かったの、ごめんなさい状態なんですよ。

文明の力に頼りきっているとダメですねえ。
なにかあっても、携帯に連絡すればいいやという心に、
携帯に電話番号を入れっぱなしになっているので、電話番号なんて、記憶してないし。

この日は、鳥角で食事してたんですけどね、鍋物が、腸に染みるウマさでしたよ。
こういう時は、最初の1時間2時間は、昔話やら、近況報告談義になって、
その後に、マイブーム話なんかはじめるんですけど、
話の流れで、鳥肌実談義になったんですよ。
驚いたのが、ウィリーの知り合いは、鳥肌実のお父さんらしいんですよ。
友達の友達じゃないですからねえ、かなり信憑性の高い情報じゃないですか、
いやはや、人と人のつながりって、スゴイモンだと思いましたよ。

そういえば、今日登場した、“ナベ3”は“ナベスリー”と読みます。
ま、どうでもいいことなんですけどね。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/635043

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯依存症と人間の待ち時間の限界点:

«  | トップページ |  »