«  | トップページ |  »

2003.09.22

昇給したからって、期待されてるわけでもないんだよ

KEMURIが事故ったらしいですよね。
トランペットの人が亡くなって、ドラムの人が重傷。
ユニバーサルからのメジャーデビューでは、
ボーカルも髪が短くなったりして、なんだか雰囲気も変わって、
ちょっと心が離れかけていたんだけど。
何がショックっていうと、ニュースの扱いが小さかったこと。
まだまだ認知度が低いんですかねえ。
KEMURIは、ラフティくんからの紹介で、はじめて知ったんですけど、
なかでも、「P.M.A(Positive Mental Attitude)」って曲は、
個人的に、傑作だと思っております。

春と秋というのは、昇給の時期ですよねえ。
昇給を果たして、“もしかして、私は会社から期待されてるんじゃない~”と、
浮ついている人たちに、地獄のお話を。

税理士さんと話をしていたんですけど、税金っていうのは、難しいですよねえ。
節税の方法は、いろいろとあるらしいんですけど、
オイラのように、大学時代は、経済学部に在籍してたのに、
学問なんてなんのその、という生活をしていた身としては、
聞く言葉のひとつひとつが未知との遭遇でして、
勉強したいと思って、本に目を通しても、
なかなか、この身に入ってきやしなんですよ。

会社というのは、収益を上げてナンボのモンですが、
入る利益の、ある段階から、ずど~んと税金がかかるらしいんですよ。
ですので、その利益点を越えないように、設備投資をしたり、新規事業に手を出したり、
給与を上げたり、賞与をポポ~ンとあげたりして、調整をするらしいんですよ。

給料が上がって喜んでいる人っていうのは、
必ずしも、その人自身が評価されているってワケでもないんですよね。
給料を上げることによって、支出を増やし、税金を少なくするようにする中で、
偶然、給料を上げる優先順位が高かったか、もしくは、目に入ったってことなんですよ。
ですので、給料が上がったってくらいで、調子に乗ったり、先輩面する人間は、
目先の給料に、踊らされているだけの愚かなことなんですよ。

働いている方から見ると、立場や給与が上がったりというのは、
自分がどれくらいにいるかという判断基準なんで、仕方ないんですけどね。
ただねえ、自分が評価されているという、素敵な勘違いを犯して、
暴走して、周りに迷惑をかけている人って多いんだよね。
でもって、その暴走を止めることすら出来ない、愚かな上司も多い。。。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/635034

この記事へのトラックバック一覧です: 昇給したからって、期待されてるわけでもないんだよ:

«  | トップページ |  »