«  | トップページ | 象牙の認印3,000円のお買い物 »

2003.09.13

丁か半か人間ドッグ

30歳を過ぎた記念に、人間ドッグに行き始めて、3年目を迎えました。
昨日は検便と格闘し、20時以降はチョットの水しか口にせず、
今日も、食べ物、飲み物、タバコと、一切口にせず、ドッグってきましたよ。

採血からはじまって、身体測定、心電図、腸の検査、検尿、バリウムとこなしてきたよ。
なにげに、待ち時間も多くて、待合室で待っている間、ヒマだったんで、
ポケら~っと、人間ウォッチングしてたんですよ。
いろんな人がいましたね。
なかには、会社指令もあってか、4、5人の集団で来ている人もいるんですよ。
1人で受けている人が多い中、決して、待合室ではトークの渦は出来上がらないのに、
この集団は、待っている間にトークタイムを楽しんでいるんですよ。
多少ならいいんですけどね、多少には納まらず、
あきらかに、浮きまくっているんですよ、ウザいっていうんですか。
この集団を見る、周りの目というのが面白かったですね、
目線は、人間以下のクズ野郎って感じで、
キレイに言うと、無言の抗議、汚い言葉だと、無の暴力ってヤツですよ。

ほのぼのする光景もありましたよ。
仲良く夫婦揃って受けていたのは、いい光景でしたね。
年の頃合は50歳前後で、それくらいの年で一緒に検診受けて、
お互いを“パパ”“ママ”と呼び、
結果を見比べたりしている光景って素敵だと思いません。
親子のペアもおりましたね、お母ちゃんは日本語ができない中国人で、
娘さんは健診を受けないのですが、通訳で一緒にいるんですよ。
その親子を見ていると、親子の絆について考えさせられましたね。

3年目となれば、人間ドッグも、さすがに慣れてきましたね。
今までは、バリウムを飲むのに、かなり苦労してたんですよ。
お腹を膨らます、発泡剤も飲まされるんですけど、
これが身体にガスを充満させて、ゲップが出そうになるんですけど、
ゲップって、バリウムでは禁断の行為なんですよね。
検尿だけは、神経を使いましたね。
昨日、寝る前から我慢して、検尿本番に備えてましたし、
糖とかタンパクが出ないように、食生活にも気を使ってましたからね。

結果は、1週間後らしいのですが、健診の最中に異常が見つかったら、
医者に呼ばれるだろうという思いが、なんでかあって、
途中呼び出し喰らわなかったので、大丈夫だろうと腹を括ってたんですよ。
人間の開き直りって、末恐ろしいですわ。

|

«  | トップページ | 象牙の認印3,000円のお買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/635130

この記事へのトラックバック一覧です: 丁か半か人間ドッグ:

«  | トップページ | 象牙の認印3,000円のお買い物 »