«  | トップページ |  »

2003.06.06

バラエティ下手になったフジテレビ~笑福亭鶴瓶を擁護する

年々フジテレビの24時間テレビが、
パワーダウンしてるのが否めなくなってきてますねえ。
タモリやビートたけしが総合司会の頃が、1番面白かったですよ。
『一億人のテレビ夢列島』時代、島田紳助司会で深夜に、
“真夜中のサンコン探し”や“骨盤あてコンテスト”なんてやってたのには、
あまりにものくだらなさに、ひっくり返って笑ってたましたよ。
去年の27時間テレビで、そんなくだらない夢列島精神を貫いていたのが、
鶴瓶離島中継であり、さんまコーナーだったと思うんですよ。
酔っ払って、はちゃめちゃな鶴瓶に、
ダメだしをするさんまの図式は、素晴しいファインプレー方程式でしたよ。

今年の27時間テレビも、去年に引き続いて、みのもんた司会。
テーマが再会、パーソナリティにモーニング娘。、
「ご対面」や「炎のランナー」などという企画が、
元祖24時間テレビである『愛は地球を救う』と募金を募るか募らない違いだけで、
なんら変わらない内容に、興味が出るわけでもなかったのですが、
ただ一点、鶴瓶が出演するということに期待して、見ましたよ。。。

鶴瓶、頑張ってましたよ。
去年の27時間テレビで、さんまが、
“中継で人を惹きつけるなんて、なかなかできない”って言ってたくらいなのに、
確実に笑いのヒットを飛ばしてましたからねえ。

今年の鶴瓶というと、チンチン露出事件。
スポーツ新聞を見ると、鶴瓶叩きがはじまってるし、
ネットを回っていても、鶴瓶企画はもう辞めろ!、
なんて書いている人もいましたからねえ。
あれね、さんまと中居正広のコーナーでやっちゃったのが、1つ目の悲劇なんですよね。
鶴瓶に対して、バッシングをしているのは、
ただ単に中居くん目的で見ている、SMAPファンが多いと思いますよ。
改めて、書こうと思いますが、
個人的には、SMAPは日本のお笑いをダメにした人間の1人と思う…

2つ目の悲劇は、スタッフにあると思いますよ。
去年の鶴瓶企画は、テレビ史上に残る傑作だと思いますが、
今年もスタッフは、同じコトをやろうとするばかりか、
早い時間から鶴瓶に酒を飲ませて、21時30分には、へべれけにしてましたからねえ。
23時過ぎの3回目の中継では、ドラム缶風呂に入れようとして、ケツを出させて、
26時頃の4回目の中継で、チンチンを出してしまった、と。

でもですね、正しくは“チンチンを出さされた”なんですよ。
スポーツ新聞、オイラの家では、日刊スポーツをとっているんですが、
ただ“酔っ払ってチンチンを出した”ってだけを書いていて、
その流れは、全然書いてないんですよね。
あれね、原因は、中居くんのフリなんですよ。
布団にしがみついている、完全熟睡の鶴瓶の下半身を必死で隠している、
ココリコに対して、中居くんが発した、
“目を覚まさせるために、シャキッと立たせて(起立させて)!”
というフリがあったんですよ。
で、ココリコが立たせたら、
鶴瓶のチンチンを隠している布団が取れて丸見えになったと。

ちなみに、このフリ、スタッフにやらされたんでしょうねえ。
“目を覚まさせるために、シャキッと立たせて!”という中居くんの言葉、
実は、その前のシーンでも発してているんですよ。
スタッフとしては、鶴瓶にお約束の黒ビキニを履かせているので、
中居くんのフリによって、寝ぼけ眼の鶴瓶を立たせると、
黒ビキニが見えて、それをオチにする思惑だったんじゃないですかねえ。
さんまも言ってましたが、鶴瓶を囲むスタッフが悪いと思いますよ。
で、結局は、鶴瓶だけが悪者になってると。
なんか、釈然としないんですよね。

ここで肝心なのは、少なくても、日刊スポーツでは、その流れを書いてないんですよ。
あくまで、鶴瓶がチンチンを出したってだけで、
中居くんのフリには、触れていないんですよ。
なんかねえ、考えすぎかもしれないけど、ジャニーズの息を感じるんですよね。
鶴瓶がチンチンを出した後、CM明けの中居くん、
必死で“俺悪くないですよね”なんて、自己弁護しているんですよ。
さんまが謝れと言ったことで、とりあえず謝るそぶりをみせたんですけど、
なんか、中居くんの器の小ささも見た気がしますね。
中居くんのことについては、書きたいことがシコタマあるので、改めて記します。

その後、朝6時の中継で、鶴瓶が出てましたけど、芸人魂見せてましたよ。
モーターボートの後ろに浮き袋をつけて、酔いも眠気も醒めないまま、
その浮き袋に乗せられて海を渡ったり、朝9時の中継では、
モーニング娘。の「ひょっこりひょうたん島」を踊っていたり、笑わせてもらいましたよ。
ただねえ…、去年の北島三郎と同じことやっているんですよね。

フジテレビって、バラエティ作りは上手いと思ってたんですけど、
鶴瓶に酒を飲ませに飲ませて、去年と同じやり方で笑いを取ろうとしたり、
ここまで作りが下手になってるとは、思わなかったですね。
ま、この27時間テレビ自体、去年から、スタッフに情報班が加わり、
笑いとは無縁のモノになってますからね。
そろそろ、この番組、考えた方がいいと思いますよ。
タモリ、たけしが出なくなった中、出続けていたさんまも鶴瓶の一件で、
『スポーツするぞ』を辞めたように、27時間テレビを卒業すると思うし、
さすがに鶴瓶も、呼ばれなくなるだろうなあ。

ホントに中継で、笑いを取るのは難しいんですよ。
関西テレビを除くとネット局は力が入りすぎて、毎回空回りしてますからねえ。
2年前の27時間テレビで、内村光良がフジテレビロビーを使って、
中継ネタを担当してたんですけど、深夜の中継を最後に、
待ち時間が嫌になったのか、出るのを辞めてたくらいですから。
それを考えると、鶴瓶はスゴイと思いますよ、
世間では、チンチン事件ばかりが話題になってると思いますけど。

でもって、3つ目の悲劇というと…
オイラを筆頭に“お笑いの27時間テレビ”を欲している視聴者の期待を、
鶴瓶一人が背負っていたプレッシャーもあると思います。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/77624

この記事へのトラックバック一覧です: バラエティ下手になったフジテレビ~笑福亭鶴瓶を擁護する:

«  | トップページ |  »