«  | トップページ |  »

2003.04.14

大師匠!笑福亭鶴瓶!!~『内村プロデュースSP』

くだらないことを一生懸命やってる姿って好きなんですよ。
『お笑いウルトラクイズ』や『スーパーJOCKEY』なんていうビートたけし関連番組や、
今で言うと『タモリ倶楽部』『内村プロデュース』なんて、いいセン突いてますよねえ。

『内村プロデュース』は、ウッチャンが、
さまぁ~ずやTIMなど若手(?)芸人を引き連れて、
くだらないことをやっているという番組なんですけどね、
4/11放送の『内村プロデュースSP』は、ヒド過ぎましたね。
いや、これはイイ意味で。
『ミュージックステーション』を押しのけてのスペシャルということもあって、
ゲスト出演も藤田まこと、黒柳徹子という豪華出演者で、
登場コーナーそれぞれヒットを連発していたんですけど、
大ホームランを連発した大物芸人がいましたよ。
その名も、笑福亭鶴瓶。
素晴しい、素晴らしすぎましたよ。

ゴールデンで股の下にボカシが入った映像を久々に見ましたよ。
まあ、なにをやったかといいますとね、
『内P』で「お笑いガマン道場」という名物企画があるんですよ。
このコーナーは、出川哲朗に“はじめての朝食”とか“はじめての実験”なんていう、
普通の行動をやらせて、周りはウーロン茶を口に含みつつ見ていて、
笑いによって、ウーロンを噴出してしまったらOUTというゲームなんですよ。

今回は、スペシャルだけに、鶴瓶の“最後の入浴”。
これがスゴイのなんのって、チンポを出すわ、ムイちゃうわで。
もちろん、鶴瓶の顔写真やバナナの絵をボカシ代わりに使っているんですけどね。
ま、その代わりといっちゃなんだけど、
≪ピコっ!≫なんて音をチンポを剥く擬音で使っていてね。
これが、なにげに効果最適なんですよ。
いやあ、伝説のブリーフ4といい、テレビ朝日のくだらなさに理解する力は、
日本全国のテレビ局の中でナンバー1ですよ。
よくぞ、ゴールデンタイムで放送してくれたってくらいで。
この番組を見逃した人は、大損してますよ。

ドリフの加トちゃんが“うんこちんちん”という、
ただ単に、“うんこ”と“ちんちん”をつなぎ合わせた、
日本お笑い界史上空前のギャグがあるんだけど、
“うんこちんちん”という響きだけで、なんだかおかしいんですよね。
しかも、おこチャマちょすか(当時)にとっては、
“うんこ”と“ちんちん”は、敏感に反応する下ネタだったりしていたわけで。
基本は、下ネタ好きじゃないんですけどね、
自虐的な、くだらないのは大好きなんですよ。
鶴瓶師匠といえば、大物中の大物ですよ。
それが、あそこまでやるという芸、尊敬に値しますよ。
50歳過ぎて、あそこまでくだらないことを追求するのは、鶴瓶とたけしくらいでしょ。

鶴瓶がよかったのは、下ネタだけじゃないんですよ。
ちゃんと笑いのツボは抑えているんですよ。
後輩との間にヘンに壁を作らず、
どーんと自分の胸を貸して、いじらせているところがいいですよね。
サイコーの芸人さんですよ、鶴瓶師匠は。
でもねえ・・・あんまり評価されてないですよね、なぜか。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12000/77641

この記事へのトラックバック一覧です: 大師匠!笑福亭鶴瓶!!~『内村プロデュースSP』:

» Adderall. [Adderall.]
Adderall. [続きを読む]

受信: 2007.05.19 23:45

«  | トップページ |  »